Q&A

こんにちは、栗坂先生。

先生のおっしゃる通り、精読の癖からぬけきれないため、一次試験の読解問題ではいつも40分以内に解かないといけないはずなのに、15分前後オーバーしてしまいます。

しかも、時間をかけた割には何故か5割前後しか取れていません。

読解の時間オーバーが原因で、英作で10分前後時間不足、それからリスニング先読み10分確保のはずが5分しかとれていません。

英作はいつも5割前後しか取れずじまい。

最後の科目リスニングでは、ぐったりと疲れ切って集中力どころではなく簡単にあきらめてしまうくせして、迷う選択肢にはよけいな時間をかけすぎて結局ここでも5割しかとれない悪循環に陥っています。。。

試験日は変わらないので、今得点向上にすぐ直結する知恵をお借りできないでしょうか?

東京都 立川市 英語教師 MM様

制限時間内で解くべく 「精読の癖」→「速読の癖」実現には、短期集中的に「制限時間内で速読する量」のシャワーを浴びる。
読解問題で「時間をかけたら正解するとは限らない落とし穴」に要注意!

しみついた癖を、新しい「速読の癖」に切り替えるためには、1週間~3週間連日の短期集中で猛烈な負荷をかけるべく200ワード前後の出題率大ジャンル(サイエンス、歴史、社会問題)のエッセイを「制限時間」3分内で、各段落の各センテンスの大切な名詞(句)のみ暗記しながら、アウトプットする練習が必要です。

(例)I play tennis.
→「I」と「tennis」の名詞さえ覚えれば「play」を推測できる。その逆のplayだけ覚えても「何を」playするのか推測できない。

「速読」とは、大切な箇所を精読し、他センテンスは軽くスキミング(流し読み)するだけ。つまり自動的に「強弱」をつけた読み方ができる技術。

制限時間のもとで、読解問題を解く際、まぎらわしい選択肢に振り回されながら正答率が上がらない明確な原因は、

まぎらわしい選択肢を迷う

正解ヒントの段落を読み返すが、読んだつもりだけで解らないまま・・・

あせる

時間オーバー

集中力切れる

時間をかければかけるほど、実は正答率が下がるという反比例の事実

一次試験では、英作を除いて全ての問題は4択の選択肢です。
まぎらわしい難易度大の選択肢に出逢った時の事前の決まりごとルールをあらかじめ決めてから、過去問で実践し、本番に臨みましょう。

栗坂式時間戦略方程式一次試験筆記問題持ち時間100分

問題1.(単熟語)10.5分(1問につき25秒)
問題2.(読解穴埋め)14分(1大問題7分+1大問題7分)
問題3.(読解内容一致)40分.(500ワード3設問12分+500ワード3設問12分+800ワード4設問16分)
問題4.(英作)25.5分
残り10分 リスニングの先読み(1問につき22秒)

優先順位第1位
「読解問題を制限時間内で解く対策 「短期集中的に速読体得」

優先順位第2位
「改訂版ダントツ簡単英検1級英作ステップ」テキストでは25.5分の栗坂式時間戦略法だが、25.5分を15分まで短縮できる、考える英作ではなく「流れ作業15分栗坂英作方程式」を学び、少なくとも6回英作作成→添削を受けて体得。

「流れ作業15分栗坂省エネ英作方程式 実践レッスン」に関するお問い合わせ先

メールアドレス:eiken1kyu@s50.xrea.com
メール問い合わせ件名:「流れ作業15分栗坂省エネ英作方程式 実践レッスン」問い合わせ

○レッスン期間:2週間
○レッスン内容:
1.出題率大6英作課題作成後メール提出→メール到着後24時間以内添削返却

2.「流れ作業15分栗坂英作方程式」スカイプ個人指導レッスン30分クラス×4回「改訂版ダントツ簡単英検1級英作ステップテキスト」を使って一次英作で通常25.5分の時間配分(考える)ではなく、「流れ作業」として15分英作作成実現を、 手取り足とり1対1で簡潔に、解りやすく、楽しみながら栗坂がお教えいたします。

○レッスン料金:17,000円(税込)

優先順位第3位
2013年度第1回(6月実施)の過去問を130分制限時間内で解きながら、栗坂式時間方程式戦略において、読解内容一致問題計40分から、50分に増やし、英作作成を25.5分から15分短縮させて、過去問を解いてみる。 そして、リスニング先読みは何がなんでも10分時間を割いて、先読みを実践する訓練を行うこと。

優先順位第4位
130分の集中力を維持できる体力強化実践。

『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』でメンタル強化対策と集中力対策の具体的実践法を無料公開しています。

無料登録『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』無料登録はこちら
https://www.mshonin.com/form/?id=18919963

5回にわたる無料配信シリーズ3回目に、 まぐれが一切通用しない試験への備え実践法栗坂式時間配分攻略方程式+メンタル強化対策+集中力対策を明確にお伝えしていますので、奮っての無料登録お待ち申し上げます。

一次試験本番まで30日間で、すぐに結果に直結する優先順位第1位「単語暗記(1週間で結果を伴う)」

何を?
英検1級 でる順パス単」旺文社」

どうする?
本メルマガ週単位で200単語の1英単語の音声聞いて2秒以内に1和訳(でる順パス単に乗っている最初の1和訳のみ覚える)を答えられるように、「栗坂式でる順パス単暗記実践法」でのこり5週間×200単語=1000単語のみ確実に徹底して暗記実践。 週単位に200単語の1英単語→1和訳 をICレコーダーに録音後、1日最低3回聴きながら、聴く、読む、話すと五感のうち3つを使って暗記実践。

無料登録して「栗坂式でる順パス単暗記実践法」を体得しよう!
『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
https://www.mshonin.com/form/?id=18919963

シリーズ1/5 単語暗記 実践法 で具体的実践法を体得しよう!
最新2013年6月傾向と10月合格実践法+栗坂式でる順パス単暗記実践法

現段階で、確実に週単位で覚えられる単語数は200単語で、そのうち少なくとも7割に相当する140単語を徹底的に覚えましょう。
つまり1日20単語を完全に覚えるなら、誰でも実現できる最も効率効果を生み出す実践法です。残り5週間分の計1000単語のみに絞り込み覚えるが最も確実な暗記実践法となります。

今さらこの1カ月間で「英検1級でる順パス単」の全ての2100単語を暗記するには物理的に不可能です。もちろん既に2100単語を3周して暗記した経験あるなら挑戦可能となります。 ただし、試験当日から逆算して1日70単語を覚えないといけない負荷を覚悟しないといけないでしょう。

多くの受験生は、あせってあれもこれも手を広げるばっかりで実証済み国内ダントツNO.1 出題率大の「英検1級でる順パス単」もないがしろにするケースを多々見受けられます。 今確実にできる暗記実践法、そして結果を伴うには覚える数は限定せざるを得ない(1日20単語で週単位200単語の7割を確実に覚えること)という覚悟と決意が必要となります。

なお週単位に暗記する「英検1級 でる順パス単」の「理解度確認」の「25単熟語模擬テスト」配信は毎日曜日定期で、「CAN-DO SPIRIT COACH 1日40分コース(割引価格18,000円)」で行っております。

 

一次試験本番まで30日間で、すぐに結果に直結する優先順位第2位
「英作6~12回作成+添削受講(2~4週間で結果を伴う)」

英作採点官が採点配分6割近くと最も重要視する「読み手が最も理解しやすい決まりごと=ロジック=論理=ひながた」を本メルマガ最上部でご紹介さしあげている『改訂版ダントツ簡単英検1級英作ステップ』で体得しよう。

ただし気をつけていただきたいのは『改訂版ダントツ簡単英検1級英作ステップ』テキストは知識重視であり、もちろん10トピック課題も実践(模範解答付)できますが、肝心の「プロによる添削」作業が欠けているため「カイゼンをその場で理解後次の英作に活かせません。」

少なくとも6回~12回 出題率大トピックの英作を作成後、必ずプロの添削でカイゼンのバカズを経験する必要があります。その理由は「短期集中で学ぶことにより、本番で自動的に英作文をかける能力体得」できるからです。

一次試験本番まで30日間で、すぐに結果に直結する優先順位第3位
「2013年度第3回(2014年1月実施)過去問を1週間おきに、3回まで実践」

2013年度第3回(2014年1月実施)過去問(https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/grade_1/solutions.html

栗坂式時間戦略方程式一次試験筆記問題持ち時間100分

問題1.(単熟語)10.5分(1問につき25秒)
問題2.(読解穴埋め)14分(1大問題7分+1大問題7分)
問題3.(読解内容一致)40分.(500ワード3設問12分+500ワード3設問12分+800ワード4設問16分)
問題4.(英作)25.5分
残り10分 リスニングの先読み(1問につき22秒)

目的
(1)「栗坂式時間戦略方程式」通り時間管理できるかどうか実践で確認。
(2)1~3回目まで、2013年6月新傾向対応の解き方を使いこなせるかどうか実践で確認。
(3)3回目は満点ゲットを目指そう!本番に備えて自信にもなります。
(4)体が「試験の流れを覚えてくれる」ので、本番と同じ時間厳守で過去問を実践しましょう!

一次試験本番まで30日間で、すぐに結果に直結する優先順位第4位
「10月新傾向対応の読解(穴埋め・内容一致)模擬問題バカズ+解き方体得+速読訓練」(1~3カ月で結果を伴う)

出題率大のジャンル、科学、社会問題、歴史関連の読解(穴埋め・内容一致)模擬問題のバカズを制限時間内でこなしながら、学んだ10月新傾向対応の解き方が使えるかどうか確認しましょう!

同時に制限時間内で解くために「速読訓練」の実践のバカズを圧倒的にこなしましょう!

なお、国内ダントツナンバーワンの1月、20読解(穴埋め・内容一致)模擬問題数を10月新傾向対応の解く順まで示した解き方=新栗坂読解方程式でバカズをこなしながら、 同時に速読訓練を1月、24回実践できる「CAN-DO SPIRIT COACH 1日40分コース(16,200円)」の受講お申し込み受付こちらとなります。

一次試験本番まで30日間で、すぐに結果に直結する優先順位第5位
「10月新傾向対応のリスニング模擬問題バカズ+解き方体得+速聴訓練」(1~3カ月で結果を伴う)

出題率大のジャンル、科学、社会問題、歴史関連のリスニング模擬問題のバカズを制限時間内でこなしながら、学んだ10月新傾向対応の解き方が使えるかどうか確認しましょう!

同時に制限時間内で解くために「速聴訓練」の実践のバカズを圧倒的にこなしましょう!

なお、国内ダントツナンバーワンの1月、20読解(穴埋め・内容一致)模擬問題数を10月新傾向対応の解く順まで示した解き方=新栗坂読解方程式でバカズをこなしながら、 同時に速読訓練を1月、24回実践できる「CAN-DO SPIRIT COACH 1日40分コース(16,200円)」の受講お申し込み受付こちらとなります。

ページの先頭に戻る