新着情報

3連続合格点予想的中!『2014年10月12日実施英検1級一次合格点予想 + 分析 + 合格実践法』

■┳■┳■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■╋■     CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級対策コーチ)
■╋■───────────────────────── 
┣■■『2014年10月12日実施英検1級一次合格点予想 + 分析 + 合格実践法』
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
  ●2014年度第2回(2014年10月12日実施)英検1級1次筆記試験 合格点予想●
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
     英検1級一次筆記試験【CAN-DO SPIRIT COACHの合格点予想 80点 】
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
            (対2014年6月 78点比 +2 )  

        【2014年10月21日火曜日 13時発信】
         ~~~~~~~~~~~~~~~

★おかげさまで、CAN-DO SPIRIT COACHは2連続2014年1月と6月の一次試験合格点78点を、
 予想的中いたしました。(過去10年合格点予想的中率26%実績!)
★ブログでご確認ください。
★「2014年1月26日一次試験合格点予想+分析+合格実践法」
  → http://bit.ly/1mmG56p

★「2014年6月8日一次試験合格点予想+分析+合格実践法」
  → http://bit.ly/1ozjgn6
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
————————————————————————
■10月12日実施英検1級1次試験【合格点発表日】は、【10月21日(火)15時】
               ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
英検協会ホームページ → http://www.eiken.or.jp/eiken/result/
————————————————————————
   

————————————————————————
■2014年6月8日一次試験(113点満点) 全体難易度【中】→【-】【対2014年6月比】
*【-】は前回と難易度変わらずの表示。
————————————————————————
問題1.(単熟語問題 25点):           ■難易度【小】→【中】

問題2.(読解穴埋め問題 6点):          ■難易度【大】→【中】

問題3.(読解内容一致問題 20点):        ■難易度【大】→【中】

問題4.(英作問題 28点):            ■難易度【中】→【-】

リスニング問題(パート1.(会話)10点):     ■難易度【中】→【-】

リスニング問題(パート2.(パッセージ)10点):  ■難易度【中】→【大】

リスニング問題(パート3.(リアルライフ)10点): ■難易度【大】→【-】

リスニング問題(パート4.(インタビュー)4点): ■難易度【中】→【小】

————————————————————————

————————————————————————
■総評   
————————————————————————

●9月25日(木)1859号で発信いたしました、メルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』の
『10月12日一次試験問題 難易度予想』ではおかげさまで、
リスニング問題(パート4.(インタビュー)4点)が難易度【中】と変わらずを
除いて、他全科目の難易度予想を的中いたしました。

●メルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』無料登録はこちら。
         ↓
http://archive.mag2.com/0000132646/index.html

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■『10月12日一次試験問題 【難易度予想】』【全体の難易度は中と変わらず】
————————————————————————
問題1.(単熟語問題 25点):           ●難易度【小】→【中】【難化!】
問題2.(読解穴埋め問題 6点):          ●難易度【大】→【中】【易化!】
問題3.(読解内容一致問題 20点):        ●難易度【大】→【中】【易化!】
問題4.(英作問題 28点):             難易度【中】→【-】
リスニング問題(パート1.(会話)10点):      難易度【中】→【-】
リスニング問題(パート2.(パッセージ)10点):  ●難易度【中】→【大】【難化!】
リスニング問題(パート3.(リアルライフ)10点): ●難易度【大】→【-】【難化!】
リスニング問題(パート4.(インタビュー)4点):  難易度【中】→【-】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

2014年度第2回(2014年10月12日)一次試験は、前回の2014年度第1回(2014年6月8日実施)
一次試験と比較して、

特に読解穴埋め問題や読解内容一致問題が
前回の6月の一次試験の読解と比較して、受験直後では、大方の受験生から難易度大との
フィードバックに反して、実際の得点結果は、【大幅に易化】しました。

先の10月13日(月)にメルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』でお伝えした
【暫定】合格点予想77点(対6月比-1点)と、
下がったと予想しましたが、【最終的には合格点が上がったと】判断をいたしております。

難化したのは、問題1.(単熟語問題)が難易度【小】から難易度【中】へと、
そしてリスニングパート2.(パッセージ)が難易度【中】から
難易度【大】と難化したました。

 

 

●2014年度第2回(2014年10月12日実施)英検1級一次試験は
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

対6月比全体の難易度は【中】と変わりませんが、合格点は対6月合格点78点と比較して
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
2点高い【合格点80点】と予想いたします。【2014年10月21日火曜日 13時発信】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題1.単熟語問題(113点満点中 25点 配点比率22%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
————————————————————————
■難易度                
————————————————————————
【小】→【中】(対6月比)
*【-】は前回と難易度変わらずの表示。

————————————————————————
■分析 
————————————————————————
(1)「出る順パス単(2012年3月発売 旺文社)」の2,100ワード(熟語を除く)と、
      「CAN-DO SPIRIT COACHword1000」の、僅か計3,100ワードから
       今回の2014年度第1回一次試験において63%出題率達成!(対6月比-9%)
 
(2)「出る順パス単(2012年3月発売 旺文社)」の前のバージョンである、
   「改訂新版パス単熟語1級(2008年4月発売 旺文社)」と
   「英検パス単熟語1級(1998年4月発売 旺文社)」から計13単語(対6月比+2)も
    出題されて、この傾向は今後も続くであろう。「CAN-DO SPIRIT COACHword1000」
    は、それらのパス単旧バージョンの単語を全てカバーする役割の価値を
    今回もしっかりと果たした。

●「CAN-DO SPIRIT COACHword1000」の詳細はこちら→ http://bit.ly/1nANDWb

(3)「出る順パス単(2012年3月発売 旺文社)」の2,100ワード(熟語を除く)と、
      「CAN-DO SPIRIT COACHword1000」の、僅か計3,100ワードから、読解問題
   (穴埋め2大問題+内容一致3大問題)の1大問題の平均22単熟語数と
    改めて「出題率大の参考書のみ(1~2冊)徹底的に暗記する」攻め方が
    功を奏した。(対6月比-2単熟語)

————————————————————————
■合格実践法  
————————————————————————
(1)今回の2014年度第2回一次試験の問題1.(単熟語)においても
   「出る順パス単(2012年3月発売)」の2,100ワード(熟語を除く)と、
     「CAN-DO SPIRIT COACHword1000」の、僅か計3,100ワードから
      【63%出題率を達成!】。

    最も確率の高い合格実現のデータが改めて裏付けた単語暗記実践法とは
    合格率38%実証済『栗坂式でる順パス単暗記実践法』。その証拠に
       英検1級対策スクールのCELでも「でる順パス単」を使用し始めた。

      ●合格率38%実証済『栗坂式でる順パス単暗記実践法』の体得は無料メルマガで
    ご登録いただけます。

     ↓      ↓      ↓       ↓      ↓
  
      ●無料メルマガ『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』登録はこちら
    https://www.mshonin.com/form/?id=18919963
    『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
    シリーズ1/5 単語暗記        実践法【●栗坂式でる順パス単暗記実践法】
     シリーズ2/5 リスニング     実践法
    シリーズ3/5 まぐれが一切通用しない試験への備え実践法
    【栗坂式時間配分攻略方程式+メンタル強化対策+集中力対策】      
     シリーズ4/5 速読        実践法
     シリーズ5/5 英作               実践法【速読+2次対策】

   ●無料登録すると、CAN-DO SPIRIT COACHのホームページの
    「なんでもQ&Aコミュニティ」で
    英検1級に関するあらゆる質問にお答えするコミュニティに、与えらた
    パスワードを打ち込んで無料参加できます。
   ●「だれでもQ&Aコミュニティ」→ http://bit.ly/1nVvRRk

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題2.読解穴埋め問題 (113点満点中 6点 配点比率5%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
————————————————————————
■難易度             
————————————————————————
【大】→【中】(対6月比)
*【-】は前回と難易度変わらずの表示。

————————————————————————
■分析
————————————————————————
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■【注意!】解答の解説 
     2013年6月新傾向【非対応】の【旧】栗坂式読解穴埋め方程式の解き方で
     解説していますので、【2013年6月新傾向対応 栗坂式読解穴埋め方程式】の
     ように【二刀流で攻めないため制限時間内では到底対応できない】ことを
     あらかじめご了承ください。

■合格率38%実証済【2013年6月新傾向対応 栗坂式読解穴埋め方程式】体得なら
 25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』で!
 ★『有難うございました。このレベルの文章は数回読んだだけでは分からないことを
    痛感しましたが、確率を優先した得点につなげる技術はすごいと思います。』19日参加者の声
 ★『栗坂さんのおっしゃる通り、無料公開されている旧式の解法では、対応できないことを、
    今回の10月の過去問を解くことにより、身を持って実感しました。』18日参加者の声
 ★『有難うございました。理解度5割でいいというのが今日の大収穫です。』18日参加者の声

■25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』のご案内
           →   http://bit.ly/1tZf50v
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■2013年6月新傾向【非対応】 【旧】栗坂式読解穴埋め方程式 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
ステップ1.タイトルを読む

ステップ2.段落に番号をふる。

ステップ3.(          )を含む、前後のセンテンスの代名詞を明確にし、接続詞(but,
           however等)の展開をヒントに、選択肢と照らし合わせる。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

(1)A New Kind of Nuclear Problem【サイエンス系社会問題ジャンル 難易度 中】
      
【設問(26)解答4.】【難易度 中】  
各段落の展開を読まないと解けないのが英検1級の設問なので、
第1段落で最も伝えたいセンテンスは第1段落第2センテンス(Since the 1950s,~)で
「推移」を述べている。additional used はnuclear imaging for medical purposesの「言い換え」。
第2段落第一センテンスのThe factの説明がthat 以下の節these(nuclear reactors
are the world’s main source of technetiumu-99mまで「結論」を伝えるセンテンス。
第2段落第1センテンスのhoweverは前センテンスに対する「逆接」の展開。前
センテンスはポジティブ。第1センテンスをサポートする同段落の後ろセンテンスは
第2段落第2センテンスのshutdownsやpermanent closure、第3センテンスのproblemや
shut down からネガティブでサポートしていると判明。ゆえに、選択肢を
ポジティブとネガティブに振り分け、ネガティブは選択肢4.のみが正解となる。                        
●reactor; (n.): 原子炉
●compromise; (vi.vt.): (名声・信用などを)危うくする、傷つける(damage, weaken)
●global supply chain:  国際的な供給網
●be slated for: 予定されている、予定している
●permanent closure: 永久閉鎖
●compound; (vi.vt): いっそうひどくする(worsen)
●shut down simultaneously: 同時に閉鎖された

【設問(27)解答1.】【難易度 小】 
第3段落の最も伝えたいセンテンスは第3段落第2センテンス(Neverthless, private
companies~)で「課題」を述べている。第2センテンスをサポートする第3センテンス
(Since technetium-99m~)は「理由」。(     27     )の最後センテンスは
therefore(それゆえに)の副詞から始まり、選択肢をどんどんあてはめながら、
「課題」の「解決策」と推測でき、選択肢1.が正解と推測できる。
●Given~: ~を仮定すると、~を前提として
●government-subsidized reactors: 政府の補助金で建設された原子炉
                   

【設問(28)解答2.】【難易度 大 】 
第4段落で最も伝えたいセンテンスは第4段落第1センテンス(Another issue is ~)で
「課題その2」を述べている。(     28     )を含む第4段落第2センテンスの
代名詞thisは、前センテンスhighly enriched uramium(HEU)は
a key component in nucleararmsであるの「言い換え」。登場人物Dr.
Gordon Edwardsはnonproliferation efforts around the worldに対しての
立場は、第4段落第3センテンスのカンマのあとのEdwards and other scientists
are urging converersion to alternative methods of producing technetium-99m,
からnucleararms促進に反対。ゆえに、technetium-99mの生産は
nonproliferation efforts around the worldに対してネガティブと推測できる。
選択肢2.か選択肢4.が正解候補として残り、選択肢4.unexpected result ofは
不自然なので、選択肢2.が正解。
●sabotage;(vi.vt): 故意に破壊(妨害)する
●nonproliferation; (adj.): (核兵器などの)拡散防止の
●pretext; (n.): 口実、弁解
●conversion; (n.): 転換、転化
   
                                     
(2)Hantavirus【医療系社会問題ジャンル難易度 大】

【設問(29)解答2.】【難易度 大】
(     29     )の代名詞Thisは前文(Reaarchers lanuced investigaitons to pin down
the carrier, which was found to be the deer mouse, a North American rodent
species. )の「原因究明結果」の内容を指す。(     29     )の後ろのセンテンスは
(     29     )を含むセンテンスをサポートするが基本展開。(     29     )に
選択肢をあてはめながら、(     29     )の後ろセンテンスがサポートしているかどうか
判断する。第1段落最後センテンス(If a rodent as common as ~)は感染元がシカネズミ
だったら、もっと多くの人間に感染していたはずだと疑問を呈す内容から、
その「言い換え」のpuzzleを含める選択肢2.が正解と推測できる。選択肢4.が
正解としてまぎらわしいが、第2段落でその疑問を解明するためのThe next stepから
始まるセンテンスなので、選択肢4.proved to be mistakeと断定できず不正解。
●otherwise; (adv.): 他の(すべての)点では
●succumb; (vi.): 倒れる、圧倒される、負ける
●hantavirus; (n.): ハンタウイルス。ブニヤウイルス科に分類されるRNAウイルス。
さまざまな種類のネズミが宿主となっており、そのふん尿や唾液中にウイルスを排せつし、
それらの飛まつが感染源となって人に感染し、急性かつ高熱を特徴とする疾患を引き起こす。
2003年現在、人から人への感染は一般には起こらないと考えられている。
●rodent-borne pathogen: 齧歯(げっし)類動物が媒介する病原体
●pin down:(事実などを)突き止める
●deer mouse: シカシロアシマウス、シカネズミ
●dub; (vi.vt):(新しい名を)つける
●rodent; (n.): (動物)齧歯(げっし)動物
ネズミ、リス、ビーバーなどの、物をかじるのに適した大きな切歯を持つ齧歯目
●Hantavirus Pulmonary Syndrome(HPS): ハンタウイルス肺症候群、【略】HPS
●puzzle; (vi.vt.): 悩ます

【設問(30)解答1.】【難易度 超大】
この選択肢が、2013年6月一次試験を境に頻出しはじめた、理不尽・矛盾きわまる
難易度大の選択肢問題パターン。問題作成の基本として選択肢1.が正解ならば
第2段落に選択肢1.historically present in the regionの「言い換え」を
示す絶対的な正解があるはずなのに、ないので到底制限時間内で解けない問題。
事実数多くの受験生から、この問題は全く歯が立たないので「どうやったら解けるのか?」と
問い合わせを賜った。
この10年間で累計14,018種類の英検1級のみの模擬問題を作成しているが
制限時間内で誰も解けないような問題を出題するのはいかがなものか。
こつこつと努力を積み重ねて真摯に受験に臨む受験生に対して、あまりも
理不尽・矛盾きわまる問題出題は控えてもらうよう、同じ英検1級対策教育
関係者として今後とも切に願いたい。
●strain; (n.): (遺伝)菌株、型
●retrospective analysis of preserved rodent specimens: 保存したネズミの
検査サンプルの過去にさかのぼった分析
●turned up antibodies: 免疫抗体を発見した
  

【設問(31)解答3.】【難易度 中】
(     31     )を含む第3段落第1センテンス(Following an analysis of ~)を
同段落の後ろセンテンスがサポートするのが基本なので、選択肢を
あてはめながら、その「言い換え」を探して正解を絞り込む。選択肢3.の
a natural chain of eventsは第2段落第1センテンスのEl Ninoと第2段落
第5センテンス(Based on this~)のclimate conditionsの「言い換え」で正解。
●outbreak; (n.): 大流行
●heavy precipitation: 大雨

————————————————————————
■合格実践法
————————————————————————
●合格実践法対象は【全レベル】
 ◆初心者レベル(過去問実践後、合格点目安78点まで20点~30点必要な準1級・TOEIC800点以上レベル)
 ◆中級者レベル(過去問実践後、合格点目安78点まで合格まで11点~20点必要なレベル)
 ◆上級者レベル(過去問実践後、合格点目安78点まで合格まで10点必要なレベル)

●すべてのレベルがクリアしなければならない、【読解穴埋め最短最速得点アップ実践法】とは?

(1)短期集中(3週間~1か月間)で【難易度大や、苦手なジャンルに一切ふりまわされない
   2013年6月新傾向対応 解き方の順番まで示した 栗坂式読解穴埋め方程式】を学ぶ。(知識体得)

(2)短期集中(3週間~3か月間)で【一次試験で栗坂式時間戦略方程式通り、
   穴埋め1大問題につき7分以内で終わらせられる、速読技術訓練(リテンション30日特訓
   レッスン)を受ける。実践内容は、結論発見、各段落の最も伝えたいセンテンス発見、
   そして、各段落のセンテンスの名詞(句)を制限時間内で覚え
   暗記した名詞(句)をアウトプットプットする。(速読体得の実践)

(3)【2013年6月新傾向対応 解き方の順番まで示した 栗坂式読解穴埋め方程式の解説付きの
    模擬問題のバカズを最大化】→【週単位で成果数値表に基づいたカイゼンアドバイスを
    受ける】→【翌週に週単位で2013年6月新傾向対応 解き方の順番まで示した 
    栗坂式読解穴埋め方程式の解説付きの模擬問題のバカズを最大化】

    ●週単位の【実践】→【カイゼン】→【週末に成果確認】のサイクルを
     継続学習し続ければ、【レベルに一切関係なく100%得点アップ実現】いたします。
   

         ↓        ↓         ↓  

●上記の【最短最速得点アップ実践法】を100%カバーする【仕組み】が
すべて日本一の模擬問題数、カイゼン数、ネット授業開催数の

———————————————————–
●2015年1月英検1級受験対策「1日40分コース」→ http://bit.ly/1iEpm0w
———————————————————–
●「1日40分コース(30日間)」はわずか¥18,000円のレッスン料で、
【日本一の模擬問題実践数】+【日本一のカイゼン数】+【日本一のネット授業開催数】

      ↓            ↓            ↓

【解く順番まで示した(2013年6月新傾向対応)英検1級合格栗坂方程式で、必然の合格率38%実績】

(1)1日3教科の【模擬問題を1日40分以内で実践】。
(2)週単位の成果数値表を基に毎週末【カイゼン実践法アドバイス】を受ける。
(3)週単位の理解度確認実践道場、毎日曜日21時~22時定期開催【伝説ネット授業】参加。

———————————————————–
●本メルマガ非公開【解く順番まで示した(2013年6月新傾向対応)英検1級合格栗坂方程式】を
 即刻体得したいなら、25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』
 →   http://bit.ly/1tZf50v
———————————————————–

■合格率38%実証済【2013年6月新傾向対応 栗坂式読解穴埋め方程式】体得なら
 25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』で!

 ★『有難うございました。このレベルの文章は数回読んだだけでは分からないことを
    痛感しましたが、確率を優先した得点につなげる技術はすごいと思います。』19日(日)参加者の声

 ★『栗坂さんのおっしゃる通り、無料公開されている旧式の解法では、対応できないことを、
    今回の10月の過去問を解くことにより、身を持って実感しました。』18日(土)参加者の声

 ★『有難うございました。理解度5割でいいというのが今日の大収穫です。』18日(土)参加者の声

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

       

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題3.(読解内容一致問題)(113点満点中 20点 配点比率18%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
————————————————————————
■難易度           
————————————————————————
【中】→【大】 (対1月比)

————————————————————————
■分析
————————————————————————
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■【注意!】解答の解説 
     2013年6月新傾向【非対応】の【旧】栗坂式読解内容一致方程式の解き方で
     解説していますので、【2013年6月新傾向対応 栗坂式読解内容一致方程式】の
     ように【二刀流で攻めないため制限時間内では到底対応できない】ことを
     あらかじめご了承ください。

■合格率38%実証済【2013年6月新傾向対応 栗坂式読解穴埋め方程式】体得なら
 25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』で!
 ★『有難うございました。このレベルの文章は数回読んだだけでは分からないことを
    痛感しましたが、確率を優先した得点につなげる技術はすごいと思います。』19日参加者の声
 ★『栗坂さんのおっしゃる通り、無料公開されている旧式の解法では、対応できないことを、
    今回の10月の過去問を解くことにより、身を持って実感しました。』18日参加者の声
 ★『有難うございました。理解度5割でいいというのが今日の大収穫です。』18日参加者の声

■25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』のご案内
           →   http://bit.ly/1tZf50v
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■2013年6月新傾向【非対応】 【旧】栗坂式読解内容一致方程式 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
ステップ1.タイトルを読む

ステップ2.段落に番号をふる。

ステップ3.設問の名詞(固有名詞等)を頭に記憶させて、印をつける。

ステップ4.各段落の名詞(特に固有名詞)に印をつける。

ステップ5.各段落の名詞(固有名詞等)=設問の名詞(固有名詞等)が一致する
      段落から設問に対する正解センテンスと選択肢を照らし合わせながら、
      正解を照らし合わせる。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

(1)The Zapasista Movement【政治系社会問題ジャンル 難易度 中】

【設問(32)解答2.】【難易度 小】
     
設問の名詞(句)enactment of the North American Free Trade Agreementと
the Zapatistasは第1段落にあり、設問の答えはその段落から見つけだせる。
各選択肢と第2段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら
正解を絞り込むが基本。
選択肢1.のwhich would increase their chances of receiving international
supportが第1段落で述べられず不正解。
選択肢2.は第1段落第5センテンス()~第6センテンス()の「言い換え」で正解。
選択肢3.は大意が第1段落で述べられず不正解。
選択肢4.は大意が第1段落で述べられず不正解。
●uprising; (n.): 暴動、反乱
●indigenous farmers: 先住の農業従事者  
●at the expense of: ~を犠牲にして
●perpetuation of oppressive economic policy:  苛酷な経済政策の永続化
●collude with: ~と共謀する
●appropriate; (vt.): (無断で金などを)私物化する、独り占めする
●compound the ecnomic rift left in the wake of such actions:
 そのような政策の結果としておざなりにした経済的な亀裂に折り合いをつける

      
【設問(33)解答4.】【難易度 中】
設問の名詞(句)は第3~第4段落にあり、設問の
答えはそれらの段落からと見つけだせる。
各選択肢と第2段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら
正解を絞り込むが基本。
What has been one outcome~はoutcomeが複数あり手間と時間を要す難易度大の
大ざっぱ設問出題パターン。
選択肢1.の大意は第2段落で述べられず不正解。
選択肢2.の大意は第2段落で述べられず不正解。
選択肢3.はthroughout Mexicoが不正解。
選択肢4.は、第2段落第5センテンス(They founded five~)の「言い換え」で
正解。
●autonomy; (n.): 自治(権)、自治国家
●halt;(vi.vt.): ~を中止させる
●culminate in:  ~で終わる、最後が~になる
●implement; (vi.vt.): (計画・政策などを)実行する
●found; (vi.vt.): ~の基礎を築く、~を設立する
●media savvy:   マスコミ通の
●media outlets: 報道発信地(源)、メディアの支局
    
      
【設問(34)解答4.】【難易度 大】
設問の名詞(句)は第5段落に
あり、設問の答えはその段落から見つけだせる。
各選択肢と第2段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら
正解を絞り込むが基本。
選択肢1.のeconomic progressがself-governmentなら正解だが
この不正解を見つけるまでにかなりの時間と労力を費やすぐらい
正解としてまぎらわしいトリッキーな選択肢で不正解。
選択肢2.は大意が第3段落で述べられず不正解。
選択肢3.は大意が第3段落で述べられず不正解。
選択肢4.は第3段落第2センテンス(Niels Brmeyer, ~ ) ~
第3センテンス(Poverty is endemic,~)の「言い換え」で正解。
●paradigm of participatory democracy: 一般参加型民主主義の模範
●It remains to be seen: まだ(後になってみないと)分からない。

(2)Urban Exploration 【人類学系社会問題ジャンル 難易度 大】

【設問(35)解答3.】【難易度 超大】   
設問の名詞(句)example of missionary outposts in Californiaは
第2段落にあり、設問の答えはその段落から見つけだせる。
各選択肢と第2段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら
正解を絞り込むが基本。
正解ヒントとなる第4センテンス(Abandaned structures,~)は【逆接】の意味を含む
on the other handの展開とagenda-freeがいかにも前センテンスに対して【逆接】を
述べているような【ひねりを加えた落とし穴】が、正解選択肢の絞り込みを制限時間内で
より多くの時間と労力を費やし到底解けない超難易度大の問題。
●gloss over: (都合の悪いことを)隠す、ごまかす
選択肢1.は大意が第2段落で明確に述べられず不正解。【まぎらわしい正解で難易度大】
選択肢2.は大意が第2段落で述べられず不正解。
選択肢3.は第2段落第4センテンス(Abandoned structures, ~)~最後センテンス
(The literature and displays~)の「言い換え」で正解。
選択肢4.は第2段落最後センテンス(The literature and displays~)と異なり不正解。
●smooth over past wrongdoings: 過去の悪事をうやむやにする
●agenda-free; (n.): 自由な(隠された)意図、自由な底意、自由な計略
●the very presence of a derelict factory testifies the experience of those:
遺棄された工場のまさにうってつけの存在はそれらの経験の証拠となる
●on the other hand: 他方では、これに反して
(例文)Tom can’t swim at all. On the other hand, he is a good baseball player.
 トムは泳ぎが全然できないが、それに反して、野球はとても上手である。
  

【設問(36)解答1.】【難易度 大】
設問の名詞(句)urban explorationとそれをcriticizeするsome peopleは
第3段落にあり、設問の答えはその段落から見つけ出せる。
各選択肢と第3段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら
正解を絞り込むが基本。
設問のcriticize するsome peopleは第3段落ではCriticsとother detractorsと複数いるので
第3段落全体のセンテンスと選択肢を照らし合わす手間と時間を費やし難易度大の問題。
しかも、正解候補の選択肢1.と選択肢4.がまぎらわしく、特に選択肢4.が第3段落の
どのセンテンスの言い換えなのか見つけにくい。
選択肢1.は第3段落第3センテンス(The difference, they argue,~)~第4センテンス
(From their point of view, ~)の「言い換え」で正解。
選択肢2.はmeke it more difficult for legitimate~がが第3段落で述べられず不正解。
選択肢3.は大意が第3段落で述べられレズ不正解。
選択肢4.は一見第3段落第5センテンス(Other detractors draw~)の言い換えのように見えるが
     大意が明確に述べられず不正解。
●a superficial hobby: 中身のない(浅薄な)趣味
●members of middle-class suburbia: 郊外のミドルクラスのメンバー
●thrill-seeking trespassers: スリルを追い求める侵入者
●Other detractors draw a prallel between~:他の中傷する人たちは~の似通ったところを指摘する
    
   
【設問(37)解答3.】【難易度 中】
設問の名詞(句)Paul Mullinsとtrue of urban explorationは第4段落にあり、設問の答えはその段落から
見つけ出せる。
各選択肢と第4段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら正解を絞り込むが基本。 
選択肢1.は大意が第4段落で述べられず不正解。
選択肢2.はeconomic revitalization of surrounding communitiesが第4段落で述べられず不正解。
選択肢3.は第4段落第3センテンス(Anthropologist Paul~)~最後センテンス(This, he says, ~)の
     「言い換え」で正解。
選択肢4.は大意が第4段落で述べられず不正解。
●dissect; (vi.vt.): ~を詳細に分析(調査)する

 

(3)Reviving Extinct Species【バイオテク
系社会問題ジャンル 難易度 小】

【設問(38)解答4.】【難易度 小】
設問の名詞(句)Stewart Brandは第2~第3段落にあり、設問の答えはその
複数の段落から見つけ出せる。
各選択肢と第3段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら
正解を絞り込むが基本。
選択肢1.reintroducing extinct land mammals ではなくthe return of keystone
speciesであり不正解。
選択肢2.have only recently gone extinctは第2~第3段落で
述べられず不正解。
選択肢3.は大意が第2~第3段落で述べられず不正解。
選択肢4.は第2段落最後センテンス(In his view~)と第3段落最後センテンス
(Brand believes~)の「言い換え」で正解。
●species resurrection: 種類(生き物)の再生
●mainstay; (n.): 主要な支持者
●invoke the awe and wonder:畏敬の念や驚嘆を思い起こさせる
●beacons of hope: 希望の案内役、希望の導き手
●woolly mammoth; (n.): マンモス
●herbivore; (n.): 草食動物
●mammoth steppe:  マンモス大草原地帯
●boreal forests:  北方林

【設問(39) 解答4.】【難易度 中】
設問の名詞(句)example of the Tasmanian devilは
第3段落にあり、設問の答えは第3段落から見つけ出せる。
各選択肢と第3段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら
正解を絞り込むが基本。
選択肢1.はpursuing to help genetically stronger speciesが第3段落で
述べられず不正解。
選択肢2.は大意が第3段落述べられず不正解。
選択肢3.はは大意が第3段落述べられず不正解。
選択肢4.は第4段落第3センテンス( Breeding healthy clones~)~最後
センテンス(For example, a ~) の「言い換え」で正解。
●inbreeding; (n.): 同系交配、近親交配
●cells of deceased specimens: 生きていない見本としての細胞
●endemic; (adj.): (動植物が)固有種の、ある地域に固有の
●phase out: 徐々に減る、段階的に取り除く
●selective breeding: 選抜育種、選択飼育

   
【設問(40) 解答3.】【難易度 小】
設問の名詞(句)Stuwart Pimmとspecies resurrectionから
第6段落にあり、設問の答えはその段落から見つけ出せるが基本。
各選択肢と第3段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら
正解を絞り込むが基本。
選択肢1.は大意が第6段落で述べられず不正解。
選択肢2.は大意が第6段落で述べられず不正解。
選択肢3.は、第6段落第1センテンス(Stuwart Pimm, a conservation~)の
「言い換え」で正解。
選択肢4.は大意が第6段落で述べられず不正解。
●species interrelationships: 動物たちの相互関係
●living habits: 生活習慣

【設問(41) 解答4.】【難易度 小】
設問の名詞(句)result of taxonomic biasとfield of conervation biology
は第7段落にあり、設問の答えはその段落から見つけ出せるが基本。
各選択肢と第3段落の設問の解答候補となる各センテンスと照らし合わせながら
正解を絞り込むが基本。
選択肢1.は大意が第7段落で述べられず不正解。
選択肢2.は大意が第7段落で述べられず不正解。
選択肢3.は大意が第7段落で述べられず不正解。
選択肢4.は第7段落第4センテンス(Impressive animals like pandas~)の
「言い換え」で正解。
●disproportionate; (adj.): 不釣り合いな、不均衡な

————————————————————————
■合格実践法
————————————————————————
●合格実践法対象は【全レベル】
 ◆初心者レベル(過去問実践後、合格点目安78点まで20点~30点必要な準1級・TOEIC800点以上レベル)
 ◆中級者レベル(過去問実践後、合格点目安78点まで合格まで11点~20点必要なレベル)
 ◆上級者レベル(過去問実践後、合格点目安78点まで合格まで10点必要なレベル)

●すべてのレベルがクリアしなければならない、【読解内容一致最短最速得点アップ実践法】とは?

(1)短期集中(3週間~1か月間)で【難易度大や、苦手なジャンルに一切ふりまわされない
   2013年6月新傾向対応 解き方の順番まで示した 栗坂式読解内容一致方程式】を学ぶ。(知識体得)

(2)短期集中(3週間~3か月間)で【一次試験で栗坂式時間戦略方程式通り、
   穴埋め1大問題につき7分以内で終わらせられる、速読技術訓練(リテンション30日特訓
   レッスン)を受ける。実践内容は、結論発見、各段落の最も伝えたいセンテンス発見、
   そして、各段落のセンテンスの名詞(句)を制限時間内で覚え
   暗記した名詞(句)をアウトプットプットする。(速読体得の実践)

(3)【2013年6月新傾向対応 解き方の順番まで示した 栗坂式読解内容一致方程式の解説付きの
    模擬問題のバカズを最大化】→【週単位で成果数値表に基づいたカイゼンアドバイスを
    受ける】→【翌週に週単位で2013年6月新傾向対応 解き方の順番まで示した 
    栗坂式読解穴埋め方程式の解説付きの模擬問題のバカズを最大化】

    ●週単位の【実践】→【カイゼン】→【週末に成果確認】のサイクルを
     継続学習し続ければ、【レベルに一切関係なく100%得点アップ実現】いたします。
   

         ↓        ↓         ↓  

●上記の【最短最速得点アップ実践法】を100%カバーする【仕組み】が
すべて日本一の模擬問題数、カイゼン数、ネット授業開催数の

———————————————————–
●2015年1月英検1級受験対策「1日40分コース」→ http://bit.ly/1iEpm0w
———————————————————–
●「1日40分コース(30日間)」はわずか¥18,000円のレッスン料で、
【日本一の模擬問題実践数】+【日本一のカイゼン数】+【日本一のネット授業開催数】

      ↓            ↓            ↓

【解く順番まで示した(2013年6月新傾向対応)英検1級合格栗坂方程式で、必然の合格率38%実績】

(1)1日3教科の【模擬問題を1日40分以内で実践】。
(2)週単位の成果数値表を基に毎週末【カイゼン実践法アドバイス】を受ける。
(3)週単位の理解度確認実践道場、毎日曜日21時~22時定期開催【伝説ネット授業】参加。

———————————————————–
●本メルマガ非公開【解く順番まで示した(2013年6月新傾向対応)英検1級合格栗坂方程式】を
 即刻体得したいなら、25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』
 →   http://bit.ly/1tZf50v
———————————————————–

■合格率38%実証済【2013年6月新傾向対応 栗坂式読解内容一致方程式】体得なら
 25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』で!

 ★『有難うございました。このレベルの文章は数回読んだだけでは分からないことを
    痛感しましたが、確率を優先した得点につなげる技術はすごいと思います。』19日(日)参加者の声

 ★『栗坂さんのおっしゃる通り、無料公開されている旧式の解法では、対応できないことを、
    今回の10月の過去問を解くことにより、身を持って実感しました。』18日(土)参加者の声

 ★『有難うございました。理解度5割でいいというのが今日の大収穫です。』18日(土)参加者の声

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞  

    
  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題4.(英作問題)(113点満点中 28点 配点比率25%)
■難易度
■分析 
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
————————————————————————
■難易度                 
————————————————————————
【中】→【-】(対6月比)
*【-】は前回と難易度変わらずの表示。

————————————————————————
■分析 
————————————————————————
(1)英作は2004年改訂後の10年にわたる過去32回分の出題トピックは88%が
   「国際・国内社会問題ジャンル」の 問題作成パターン。

(2)トピック課題がこの数年間大きな社会問題となっている食料供給問題の
   いたってオーソドックスな難易度中の英作課題。しかも、
   結論をサポートすべく理由センテンスに入れるPOINTSの選択が
   6月の一次英作問題と比較して、結論を肯定にしても否定にしても
   どちらでも選びやすい組み合わせ。

(3)模範解答レベルの英作は一般受験生にとっては、本番では使い物にならない。
   その理由は「プロでも真似できないような、
   高度すぎる英作を意図的に模範解答として提示している。」から。

————————————————————————
■合格実践法 
————————————————————————

(1)「栗坂式時間戦略方程式」では、一次の英作の持ち時間は25分30秒。
   さらに「15分省エネ栗坂英作方程式」を体得した受講生の5割は
   おかげさまで、本番で20分で英作を書き上げられたからこそ、余った
   5分を読解内容一致問題800ワード(4つの設問)にまわして
   時間不足を補った攻め方が功を奏した。

   ●【本番で自動的に書けるレベル】実現には、【短期集中学習】で
    『ひながた(=論理=ロジック=読み手が最も理解しやすいきまりごと)』体得
    こそが合格に必要な正答率7割達成の王道。ただし『ひながた』は
    いろいろなパターンが存在するので『英作作成後24時間以内プロによる添削』を
    へない限り、客観的にカイゼンのバカズを増やすのは不可能な科目。
    選択肢の解答と異なり、英作だけは色々な種類のひながたで書けるので
    英作採点を客観的に判断できるプロの添削者に依頼する際、【英検1級英作のみの
    添削回数基準5,000回以上がプロ基準】。

   ●本番で自動的に書けるCAN-DO SPIRIT COACH【W添削!の「12課題英作文特訓コース」】とは?

ステップ1.週3回のペースで英作課題をメールで【英作提出】

ステップ2.24時間以内に、累計7,392回英作1級のみ添削回数実績の【プロが添削報告】

ステップ3.同時に24時間以内に、スカイプ個人指導で【15分口頭添削】=【W添削!だからこそ
     「12課題英作特訓コース」受講生の一次試験英作平均点18点(正答率64%)を10年連続達成。】

ステップ4.しかも25分30秒を「15分省エネ栗坂英作方程式」のスカイプ個人指導レッスン
      30分×2クラス受講後、本番で10分の【余裕を生みだした分、読解内容一致や
      リスニング問題先読みに10分の時間配分でまわせる!】

●「12課題英作文特訓コース」→ http://bit.ly/1kuBAFN

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞  
リスニング問題パート1~4 (113点満点中 34点 配点比率30%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
————————————————————————
■難易度(対10月比)
*【-】は前回と難易度変わらずの表示。
————————————————————————
リスニング問題(パート1.(会話)10点):       ■難易度【中】→【-】

リスニング問題(パート2.(パッセージ)10点):   ■難易度【中】→【大】

リスニング問題(パート3.(リアルライフ)10点):  ■難易度【大】→【-】

リスニング問題(パート4.(インタビュー)4点):   ■難易度【中】→【-】

————————————————————————

————————————————————————
■分析
————————————————————————

(1)パート1.(会話)の難易度は6月と比較して【中】と変わらず。
   設問出題パターンは、従来通り聴いた音声の「会話で使うイディオムの言い換え」が 
   正解選択肢となるに変更なし。英会話表現の語彙力を要求。
   

(2)パート2.(パッセージ)は情報量が多く、特に(B)Seeds of Survivalは
   知らない単熟語が多く含まれて難易度大。
      それでも推測しやすいタイトルが5問中、4問あった。
   同時に設問が具体的な情報を問う解きにくい「大ざっぱな設問」が
   10設問中、6設問もあり、難易度が明らかに6月と比較して難化した。  

(3)パート3.(リアルライフ)は2014年6月出題と同様に難易度大。
   特に(F)怪我に対する処方箋と(H)月250ドルの車を利用する4つの種類は
   Situationで主人公は何を求め、その条件にあう4つの種類を音声で
   整理しながら聞き取るのだが、それだけでなく設問もトリッキーと
   負荷が多すぎるので、先読みで余裕をもって予習しないかぎりは
   到底太刀打ちできないと改めて教えてくれる。
   パート3.はメモ取りを要求するプロ通訳者レベルの高度な情報整理を要求。
   2011年度第1回を境に難易度大が3年連続で続き、この傾向は英検1級
   リスニング問題で名物となりつつある地位を築き始めた。

(4)パート4.(インタビュー)のインタビューの内容が聴きやすく
   しかも大事な名詞句” productive spaces”の説明も分かりやすい
   内容で難易度は6月と同じの中だった。
   

————————————————————————
■合格実践法
————————————————————————

(1)「1日40分コース」に含まれる、リスニング模擬問題(パート2.)や
   シャドーイング復習3回(1.聴く力アップ2.話す力アップ3.集中力アップ)
   を、『栗坂リスニング方程式』で月平均25回ずつ【日本一の模擬問題数の
   バカズを実践】するからこそ、スピーディー解ける能力と精度アップ自動化実現。

●上記の【最短最速得点アップ リスニング実践法】を100%カバーする【仕組み】が
すべて日本一の模擬問題数、カイゼン数、ネット授業開催数の

———————————————————–
●2015年1月英検1級受験対策「1日40分コース」→ http://bit.ly/1iEpm0w
———————————————————–
●「1日40分コース(30日間)」はわずか¥18,000円のレッスン料で、
【日本一の模擬問題実践数】+【日本一のカイゼン数】+【日本一のネット授業開催数】

      ↓            ↓            ↓

【解く順番まで示した(2013年6月新傾向対応)英検1級合格栗坂方程式で、必然の合格率38%実績】

(1)1日3教科の【模擬問題を1日40分以内で実践】。
(2)週単位の成果数値表を基に毎週末【カイゼン実践法アドバイス】を受ける。
(3)週単位の理解度確認実践道場、毎日曜日21時~22時定期開催【伝説ネット授業】参加。

———————————————————–
●本メルマガ非公開【解く順番まで示した(2013年6月新傾向対応)栗坂式リスニング方程式】を
 即刻体得したいなら、25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』
 →   http://bit.ly/1tZf50v
———————————————————–

■合格率38%実証済【2013年6月新傾向対応 栗坂式リスニング方程式】体得なら
 25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』で!

 ★『有難うございました。このレベルの文章は数回読んだだけでは分からないことを
    痛感しましたが、確率を優先した得点につなげる技術はすごいと思います。』19日(日)参加者の声

 ★『栗坂さんのおっしゃる通り、無料公開されている旧式の解法では、対応できないことを、
    今回の10月の過去問を解くことにより、身を持って実感しました。』18日(土)参加者の声

 ★『有難うございました。理解度5割でいいというのが今日の大収穫です。』18日(土)参加者の声
———————————————————–

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

こんにちは、CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)の栗坂です。

10月12日(日)の一次試験の過去問で『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』を
10月18日(土)、19日(日)の20時~21時半開催を終えて感じたことは、
合格する受験生というのは、損得勘定抜きでまっすぐに【素直】なのですね。

これは、仕事でも、スポーツでも、学習でも望む結果を最短最速で出す人というのは
全員が【素直】です。

そして大学入試偏差値70レベルの英検1級受験を最短最速で合格させるために、
【栗坂式時間戦略方程式を100%徹底して実践】し、【難易度大であろうが、
苦手なジャンルであろうが、一切ぶれない攻め方、解く順番まで示した解き方
栗坂方程式】を直接、栗坂から行動を起こして学ばれていらっしゃいます。

 

★「栗坂さんのおっしゃる通り、無料公開されている旧式の解法では、対応できないことを、
  今回の過去問を解くことにより、身を持って実感しました。」

★「ありがとうございました。非常に説得力のある御講義だったと思います。」

★「栗坂先生、長い間のわからないことだらけでした。
  きちんと、答えをくださる先生は、一人もいませんでした。
  本当に、感謝します。」

★「有難うございました。理解度5割でいいというのが今日の大収穫です。」

★「ありがとうございました。見直しの大切さがよくわかりました。

  また、1級レベルにおいて正答は●●●以外にないということもわかりました。

★「有難うございました。このレベルの文章は数回読んだだけでは分からないことを痛感しましたが、

  確率上得点につなげる技術はすごいと思います。」

★「市販参考書に出ていない大ざっぱな要約の仕方、栗坂コーチが生み出した
   二刀流の解き方での栗坂方程式は、ほんものだと納得できました。」

★「市販の過去問で8割とれていたのに、一次では全く通用しない。
  理由は大学受験と同じく傾向と対策なしでは歯が立たないと
  栗坂さんの解き方ですぐに気づかされた。感謝。」

★「英検の内容一致問題では、設問①は第一、二段落にヒントがあり、設問②では、

  第二、三段落にヒントがあり、設問③では、第四段落に必ずヒントがあることを

  初めて知りました。

★「田舎で一人勉強をして、苦しいだけの英語の勉強が、仲間がいる と思えただけで、

  本当に励みになりました。

★「栗坂さんありがとうございました。途中でお声掛けしていただき重ねて

  ありがとうございました。たくさん貴重な情報いただきました。」

 ★「貴重なご指導、意見有難う御座いました。大変参考になりました。」

★「自分の周りには英検1級合格に向けた友人がいないため、セミナーのインタビューで

  お話された女性の方がおっしゃる「モティベーション」をなかなか維持することが

  できませんでした。でもこうして同じ目的を持った方々とご一緒できて良いきっかけです。」

★「昨日の一次試験攻略ネットセミナーに参加させていただきました。その後に、
  最新の栗坂式読解(穴埋め・内容一致)方程式を送信下さいまして、大変有難く存じます。」

 

鉄は熱いうちに打て!

 

受験した10月12日一次試験の不正解の問題の【原因】は何か?

【原因】を見つけ出し、【カイゼン=得点アップ】には何を?どうやるべきか?

2015年1月25日一次試験日まで、わずか96日足らずとなりました。

●繰り返しますが、最短最速合格の実現には【絶対的に実証された解き方=攻め方】体得が
不可欠となります。

特に読解(穴埋め・内容一致)問題の本分析では、残念ながら
【解く順番まで示した(2013年6月新傾向対応)栗坂式リスニング方程式】を
公開いたしておりませんので、
【解く順番まで示した(2013年6月新傾向対応)栗坂式リスニング方程式】を100%体得したいのであれば
25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』で
向上心旺盛なあなたとの奇跡の出逢いに懸けて、徹底的にお教えしたいと思います。

———————————————————–
●本メルマガ非公開【解く順番まで示した(2013年6月新傾向対応)栗坂式リスニング方程式】を
 即刻体得したいなら、25日(土)、26日(日)開催『10月一次過去問徹底攻略ネットセミナー』
 →   http://bit.ly/1tZf50v
———————————————————–

あたためて長い間お付き合いただいてありがとうございました。

 

 

CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)
代表 栗坂幸四郎

●2014年5月2日(金)ホームページ全面リニューアル【コンテンツ続々更新中!】
 → http://www.eiken1kyucando.com/

●ユーチューブ動画「CAN-DO SPIRIT COACH チャンネル」を見て最短最速合格実践法を学ぼう!
 → http://bit.ly/1hivgkc

●ユーチューブ動画No27「一次過去問攻略なくして合格あらず」 
  → http://bit.ly/1za4NTr

 

 

ページの先頭に戻る