セミナー・イベント情報

開催日:2022年5月20日(金)~2023年6月4日(日)
■『【直前対策決定版!】100%公開 『栗坂式二刀流方程式』で解く2021年度第3回英検1級読解内容一致Eisenhower』

1,286人を英検1級合格させた実績済、実証済「栗坂式二刀流方程式」 CAN-DO SPIRIT COACH
■『【直前対策決定版!】100%公開 『栗坂式二刀流方程式』で解く2021年度第3回英検1級読解内容一致Eisenhower』

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
お急ぎください。■ダントツ世界一の【英検1級問題模擬作成プロ】だからこそ、
確かな【データ分析】、一次【英作出題予測的中率61%】、【難易度出題予測的中率83%】実績!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■【まだ間に合う!】1,286人合格実証済【全科目】「栗坂式二刀流方程式」で解く
英検1級過去問対策【■土日連続計10回】スカイプセミナーご案内⇒ https://bit.ly/3wtM86r

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【●【過去問対策決定版!】1,286人を英検1級合格させた「栗坂式二刀流方程式」!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)■『2021年度第3回英検1級一次 【総評+単語】対策プロのデータ徹底分析+合格実践法』
https://bit.ly/3B6f722

(3)■100%公開「栗坂式二刀流方程式」で解く2021年度第3回英検1級一次対策【読解空所補充Feminine Mystique】
https://bit.ly/3uBxeKs

(4)■『2021年第3回英検1級英作Investment in Tech【データ分析】+「栗坂式省エネ15分英作方程式」【満点】実践法】』
https://bit.ly/3Pilw0P

(5)■『2021年度第2回英検1級一次 【シリーズ8分の6【●【100%全面公開】栗坂式二刀流方程式】リスニングパート1.】分析+合格実践法』
https://bit.ly/32oWM2R

(6)■『2021年度第2回英検1級一次 【シリーズ8分の7【●100%全面【初】公開】栗坂式二刀流方程式】リスニングパート2.】分析+合格実践法』
https://bit.ly/3pJtC6A

(7)■ 『2021年6月29日発売「英検1級でる順パス単【5訂版】」【徹底分析データ】』
https://bit.ly/3jhgxQv

(8)■【フルバージョン版】『2021年度第2回英検1級一次試験 分析+合格実践法』
https://bit.ly/31PCBuT

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■『2019年度第3回英検1級合格者の声』 → https://bit.ly/2XorNQ1
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8歳から、68歳まで「栗坂式二刀流方程式」と「栗坂式省エネ15分英作方程式」で
1,286人を英検1級合格させた
【合格者300人の熱い声】 → http://bit.ly/1igmseI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■CAN-DO SPIRIT COACHユーチューブ動画チャンネル 
112種類の栗坂式二刀流方程式英検1級対策【無料】動画→ http://bit.ly/2jJlKhB
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■18年連続【累計23,063人実績】英検1級受験生スカイプアドバイス数
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ビジネス勧誘一切ゼロ。必要なのはあなたの一次試験受験の結果データと分析のみ。
最短最速合格実践法完成版に役立たせていただくことだけが目的です。

●あなたの【今の実力を把握】し、2022年度第1回一次試験
(2022年6月5日実施)や
2022年度第2回一次試験(2022年10月9日実施)の合格に向けて今何ができ、
何をなすべきか、1,286人を英検1級合格させた実証済、実績済「栗坂式二刀流方程式」で
英検1級合格実践法スカイプ音声アドバイスを無料でさしあげます。
————————————————————————
■【累計23,063人実績】30分無料スカイプ音声 【無料】英検1級合格実践法アドバイス】のお申し込みはこちら
————————————————————————
ホームページからのお問い合わせ、お申込はこちら → http://www.eiken1kyucando.com/contact/
365日年中無休(朝5時~24時迄希望日時受付中!)
————————————————————————
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
□2022年度第1回(6月5日実施)英検1級 二次試験日まで残り【16日】
□【一次合否】6月20日(月)正午12時

□2022年度第1回英検1級二次試験【A日程】(7月3日(日)実施)まで残り44日□
□【A日程】【二次合否】7月12日(火)13時
□2022年度第1回英検1級二次試験【C日程】(7月17日(日)実施)まで残り59日□
□【C日程】【二次合否】7月26日(火)13時

□2022年度第2回(10月9日実施)英検1級 一次試験日まで残り【142日】
□【一次合否】10月24日(月)正午12時

□2022年度第2回英検1級二次試験(2022年11月6日(日)実施)【A日程】まで残り167日□
□【A日程】二次合否(火)11月15日(火)13時
□2021年度第3回英検1級二次試験(2022年11月23日(水祝)実施)【C日程】まで残り181日□
□【C日程】二次合否12月2日(金)13時

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●●【2021年度第1回英検1級【二次試験一部変更【A】日程(20歳以下)と、新【C】日程(21歳以上)!!】のお知らせ!【●重要】】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ↓          ↓            ↓
●「2021年度 実用英語技能検定(従来型英検)の試験日程のご案内」英検協会 → https://bit.ly/2JKsbEc

■【A】日程(20歳以下)と■新【C】日程(21歳以上)の二次試験会場。
【A】日程も【C】日程も、試験会場は共通して【全国14受験地】となります。
1級の二次試験のみ、札幌、仙台、横浜市、千代田、新宿・豊島、世田谷、
新潟、名古屋、京都、梅田、天王寺、広島、福岡、沖縄本島南部の14受験地で実施。

  2022年5月20日(金)
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

■『【直前対策決定版!】100%公開 『栗坂式二刀流方程式』で解く2021年度第3回英検1級読解内容一致Eisenhower』

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
■2021年度第3回英検1級読解内容一致問題Eosenhower vs. McCarthy 【制限時間12分時間厳守】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Eosenhower vs. McCarthy

During the 1950s, the growing infuluence of Communism in Eastern Europe and

heightened military tensions between the United States and the Sovient Union indirectly

led to a major dilemma for then US President Dwight D. Eisenhower. A senator named

Joseph McCarthy, who was a Republican like Eisenhower, had stoked the domestic fires

of anti-Communist paranoia to the point of mass hysteria by making largely unfounded

accusations that the US government had been infiltrated by Communist agents and

sympathizers seeking to overturn America’s democratic way of life. Eisenhower privately

despised McCarthy for his part in stirring political unrest but vowed to aide that he

would not “get into the gutter” with him. Refusing to publicly denounce McCarthy in

order to maintain both party and presidential prestige, Eisenhower instead sought to

weaken the senator’s credibility.

At first, Eisenhower’s tight-lipped responses whenever the senator’s name was

brought up were taken by many in the political sphere to indicate tacit consent to

McCarthy’s Communist witch hunts. Behind the scenes, however, Eisenhower

cominssioned a stealthy operation to subdue him. Evidence was unearthed that McCarthy

and his right-hand man, Roy Cohn, had sought preferential treatment for one of their

assistants who had been conscripted into military service. Eisenhower’s aides discovered

that McCarthy and Corn had attempted to coerce military officials into awarding their

assistant an undeserved officer’s commission. The president bided his time until

McCarthy took his anti-Communist crusade a step too far and accused the military of

failing to take adequate precautions against Communist influence. Soon after, McCarthy

was roundly denounced in the Senate, allegedly at the behest of Eisenhower, and several

days later, a damning report that documented MacCarthy and Cohen’s shady activities was

leaked to the media by the White House. Televised hearings documented McCarthy’s

tactics of intimidation and deceit, which, when combined with the leaked report, appalled

the general pubic. Following this, Eisenhower again exerted his influence, and ths Senate

condemned McCarthy for conduct unbecoming of a senator, putting the final nail in his

political coffin.

Many critics assert that Eisenhower’s tactics, though ultimately successful, allowed

McCarthy to rampage unchecked for years and ruis the careers and lives of various

individuals accused of being Communist sympathizers or agents. Indeed, political

expediencies caused Eisenhower to stand aside while McCarthy denounced General

George Marshall the president’s mentor, causing Marshall to retire prematurely in

disillusion. However, McCarthy thrived on confrontation and engaging in political

mudslinging with him could easily have backfired, as seen when other politicians’

antagonistic approaches to dealing with McCarthy only intensified his anti-Communist

campaign. Although Eisenhower’s subtle approach proved victorious against the senator

in the long run. Yet the fact that he succeeded in both ending a war and lesseninig racial

segregation during his presidency only proves the effectiveness of his method, of which

there was no better example than his dealings with McCarthy. Had Eisenhower not

taken the approach he did, McCarthy’s anti-Communist purge may have had even more dire

consequences.

——————————————————————–
(32)What do we learn about Dwight D. Eisenhower in the first paragraph?

1 Although evidence of Communist influence within the US government was

found to be accurate, his political enmies prevented him from taking action.

   2 To avoid causing widespread panic among the public, he decided not to

expose Communist agents who had infiltrated the US govenment.

   3 The growing support for Communism within the US government caused

him to doubt the trustworthiness of many of his closest political staff.

   4 He felt that speaking out against those who believed Communist

sympathizers existed in the US government would harm his own party and

reputations.

——————————————————————–
(33)How did Eisenhower deal with Joseph McCarthy?

1 He released evidence of McCarthy’s unethical use of power, which helped

to discredit the senator in the eyes of ordinary Americans.

   2 He was able to obtain sensitive information from a military official, which

he used to threaten McCarthy with legal action.

   3 He persuaded one of McCarthy’s assistants to reveal secret infromaiton that

could be politically harmful to the senator.

   4 He convinced military officials to confront McCarthy about the senator’s

attempts to gain influence with Communist agents.

——————————————————————–
(34)What does the author of the passage suggest about Eisenhower’s approach to

dealing with McCarthy?

1 If Eienhower had sought the help of General George Marshall, the

president would have been able to build more political support against

McCarthy.

   2 Since other politicians’ attempt to discredit McCarthy directly had failed, it

seems that appearing to remain neutral was essential to Eisenhower’s victory.

   3 Although Eisenhower was responsible for many significant achievements, he

lacked the political expertise to discredit someone like McCarthy.

   4 Eisenhower was right to publicly debate with MacCarthy, as this was the

only way to force the senator into making a politically fatal mistake.

——————————————————————–

——————————————————————–
●2021年度第3回英検1級一次試験 読解内容一致問題 Eisenhower vs McCarthy 全体の難易度【中】
——————————————————————–
(32)正解 4 難易度【小】
——————————————————————–
●問題3.読解内容一致問題 Eisenhower vs McCarthy 【歴史・政治ジャンル】 
——————————————————————–
●英検協会 2021年度第3回(2022年1月23日実施)英検1級一次【読解内容一致問題用紙 Eisenhower vs McCarthy】は、
2021年度第2回問題冊子の8~9ページを指定してプリントアウト!  → https://bit.ly/3iIpvES
——————————————————————–

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ダントツ世界一英検1級模擬問題数 作成プロ【栗坂式読解内容一致 出題傾向1.【●一長一短】展開】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
『タイトルは、第1段落で「タイトルの説明」→第2段落以降「一長一短」の展開。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年度第3回英検1級一次試験 読解内容一致問題Fernand Braudel and The Mediterranean
(800words、4設問)も第1段落で「タイトルの【説明】」→第2段落~第6段落まで【長所】で
最後の第7段落で【短所】指摘の「一長一短」の展開。【●出題傾向予測 的中!】

2020年度第3回英検1級一次試験 読解内容一致問題Business and Sustainabilityも
第1段落で「タイトルの言い換えSDGs(Sustainable Development Goals)の【説明】」→第2段落で【短所】で
最後の第3段落で【長所】指摘の「一長一短」の展開。【●出題傾向予測 的中!】

2020年度第3回英検1級一次試験 読解内容一致問題Nasser and Pan-Arabism
(800ワード、4設問)第1段落で「タイトルの【説明】」→第2段落で【長所】、
第3段落では【短所】指摘の「一長一短」の展開。【●出題傾向予測 的中!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ダントツ世界一英検1級模擬問題数 作成プロ【栗坂式読解内容一致 出題傾向2.【●対立】展開】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『1つの段落に登場人物2人の対立展開が95%。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年度第3回英検1級一次試験 読解内容一致問題 Eisenhower vs. McCarthyでは、
EisenhowerとMcCarthyの対立する展開。【●出題傾向予測 的中!】

2021年度第3回英検1級一次試験 読解内容一致問題 Darwin’s Abominable Mysteryでは
Darwin’s natural selectionを否定するscientistsの対立の展開。【●出題傾向予測 的中!】

2021年度第2回英検1級一次試験 読解内容一致問題The Classification Debateでは
added one classificationと対立するcontoroveryの展開。【●出題傾向予測 的中!】

2021年度第1回英検1級一次試験 読解内容一致問題(800ワード、4設問)
Plant Intelligenceでは、 植物には中枢神経系があると主張するscientistsと
大半のscientistsがないと対立する展開。【●出題傾向予測 的中!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ダントツ世界一英検1級模擬問題数 作成プロ 【栗坂式読解内容一致 出題傾向3.【●【however】重要】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『1つの段落で逆接の接続詞butや howeverを含むセンテンスは、段落で最も一番伝えたいセンテンス。
 butやhoweverを含むセンテンスは正解ヒント。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年度第3回英検1級一次試験 読解内容一致問題 Eisenhower vs. McCarthyの
However,から始まる第3段落第3センテンス(However, ~anti-Communist campaign.)と
第4センテンス(Although~an ineffectual leader.)の2センテンスが
(34)正解選択肢2.の「言い換え」。【●出題傾向予測 的中!】

2021年度第3回英検1級一次試験 読解内容一致問題 Darwin’s Abominable Mysteryの
however,を含む第3段落第3センテンス(For this to be true,however, ~an advantage.)から
前センテンスに対する逆接センテンスを境に第4センテンス(Analysis of angiosperm DNA~
a smaller volume.)と第5センテンス(This ~to create sugars.)の2センテンスが
(37)正解選択肢2.の「言い換え」。【●出題傾向予測 的中!】

2021年度第1回英検1級一次試験 読解内容一致問題 Conspicuous Consumptionの
however,を含む第1段落第3センテンス(For this to be true,however, ~an advantage.)から
前センテンスに対する逆接センテンスを境に第4センテンス(Analysis of angiosperm DNA~
a smaller volume.)と第5センテンス(This ~to create sugars.)の2センテンスが
(37)正解選択肢2.の「言い換え」。【●出題傾向予測 的中!】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ダントツ世界一英検1級模擬問題数 作成プロ 【栗坂式読解内容一致 出題傾向4.【●【1段落センテンス数】】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『読解内容一致問題(3設問)500wordsは、平均3段落で、1段落につき平均7センテンス。
1設問につき1選択肢は平均21単語。』

『読解内容一致問題(4設問)800wordsは、平均8段落で、1段落につき平均4センテンス。
1設問につき1選択肢は平均21単語。』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ダントツ世界一英検1級模擬問題数 作成プロ 【栗坂式読解内容一致 出題傾向5.【●【難易度】】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「読解内容一致問題500words(3設問)は1大問題が難易度【中】、残り1大問題は難易度【小】。
 800words(4設問)は難易度【小】。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年度第2回英検1級一次試験読解内容一致問題Usury and Sinは難易度【小】、
読解内容一致問題The Classification Debateは難易度【中】、
そして800words、4設問の読解内容一致問題 The Trail of Tearsは難易度【小】と
難易度予測通りのパターン。
この18年間読解内容一致問題の【難易度出題傾向】は一貫して変わらない。【●【難易度予測的中!的中率83%実績】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ダントツ世界一英検1級模擬問題数 作成プロ 【栗坂式読解内容一致 出題傾向6.【●【出題ジャンル】】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『読解内容一致問題過去3年分 出題ジャンル大ランキング。
 第1位 歴史ジャンル
 第2位 政治・経済・ビジネスジャンル
 第3位 サイエンスジャンル』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2021年度第3回英検1級一次試験 読解内容一致問題Eisenhower vs. McCarthy
は、歴史・政治ジャンルで第一位歴史ジャンル出題予測的中!【●【出題ジャンル予測的中!的中率83%実績】

2021年度第2回英検1級一次試験 読解内容一致問題Usury and Sinは、
ビジネス・政治ジャンルで、第2位 政治・経済・ビジネスジャンルから出題予測的中!
【●【出題ジャンル予測的中!的中率83%実績】

2021年度第2回英検1級一次試験 読解内容一致問題The Trail of Tearsは、
歴史・政治ジャンルで第一位歴史ジャンル出題予測的中!【●【出題ジャンル予測的中!的中率83%実績】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
お急ぎください。■ダントツ世界一の【英検1級問題模擬作成プロ】だからこそ、
確かな【データ分析】、一次【英作出題予測的中率61%】、【難易度出題予測的中率83%】実績!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■【まだ間に合う!】1,286人合格実証済【全科目】「栗坂式二刀流方程式」で解く
英検1級過去問対策【■土日連続計10回】スカイプセミナーご案内⇒ https://bit.ly/3wtM86r

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【Eisenhower vs. McCarthy ワンポイント解説】
1950年代にマッカーシー共和党上院議員は、
アメリカの民主主義的な生き方を転覆させたい共産党員やその支持者が
米連邦政府に潜入しているという根拠のない非難を元に大パニックに至るほど
反共産主義運動の火をかきたてた。それに対してアイゼンハワー米大統領は
マッカーシーとともに奈落の底に落とされないと側近に固く約束し、
マッカーシーの信用失墜を模索した。

アイゼンハワー大統領はマッカーシーを抑えるための証拠集めに
水面下で監視活動を行った。
マッカーシーが、軍部は共産主義の影響に対する適切な予防措置を怠ったとして
はるかに度を越した非難を浴びせた数日後、アイゼンハワー大統領の指示のもと
脅しと嘘による手口のマッカーシーと部下のコーン両者の
後ろ暗い活動を記録した批判的な報告を
メディアにリークさせた。上院はマッカーシーに上院議員を辞職するように
糾弾し、マッカーシーの政治活動にとどめを刺した。

アイゼンハワー大統領の感情をコントロールした巧妙なやり方はマッカーシーの
過激すぎる反共産主義運動対策に最も功を奏し、
第二次世界大戦を終結させ、人種隔離融和の功績を残した。
仮にそのやり方で対処しなかったら、マッカーシーの反共産主義追放運動すら
さらなる深刻な結果をもたらしていたであろう。

タイトルEisenhower vs. McCarthyを理解するために
●ダントツ世界一英検1級模擬問題数 作成プロ 【栗坂式読解内容一致 出題傾向【●【タイトルの議題発見方法】】
『タイトルが解らない場合、第1段落のはじめ3センテンスに議題の説明あり。』に従って
Eisenhower vs. McCarthy は、
第1段落第2センテンス「マッカーシーの反共産主義運動」(A senator~way of life.)と
第1段落第3センテンス「アイゼンハワー大統領の対決姿勢」(Eienhower~with him.)から
タイトル通り2人の間の「対立」が議題となる。

第1段落第1センテンス「共産圏勢力拡大懸念」(During~Dwight D. Eisenhower.)
第1段落第2センテンス「マッカーシーの反共産主義運動」(A senator~way of life.)
第1段落第3センテンス「アイゼンハワー大統領の対決姿勢」(Eienhower~with him.)
第1段落第4センテンス「信用失墜の模索」(Refusing~the senator’s credibility.)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『【2022】読解内容一致 栗坂式二刀流方程式』ステップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ステップ1.】タイトルを読む。

【ステップ2.】段落に番号をふる。

【ステップ3.】設問の名詞(句)を〇で囲む。

【ステップ4.】【作業】ピリオドで終わるセンテンスの境目にスラッシュを引く。
         登場人物を〇で囲む。But等逆接の接続詞を□で囲む。

【ステップ5.】【理解】文章を読む。

【ステップ6.】設問の名詞(句)と段落の名詞(句)を一致させ、
        その段落で正解選択肢の言い換えセンテンスを絞り込む。

【ステップ7.】選択肢の名詞と動詞を〇で囲む。

【ステップ8.】1選択肢を基準に、言い換え正解ヒントのある
        段落の指定センテンスと照らし合わせる。

【ステップ9.】選択肢2つ削れ→残り1つ削れ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ステップ3.】設問の名詞(句)を〇で囲む。
で、Dwight D. Eisenhowerとthe first paragraphとわざわざ第1段落を指定しているので
正解センテンスは第1段落にある。

       ↓       ↓       ↓       ↓

【ステップ6.】設問の名詞(句)と段落の名詞(句)を一致させ、
        その段落で正解選択肢の言い換えセンテンスを絞り込む。
設問の登場人物Dwight D. Eisenhowerは、第1段落は全4センテンスに含まれている。
同様に設問から、選択肢1.~4.の代名詞himやheやhisはすべてDwight D. Eisenhower。
(32)の選択肢1.を基準に、第1段落の全4センテンスと照らし合わせながら

【ステップ9.】選択肢2つ削れ→残り1つ削れ。

に示している通り【間違い選択肢】を最初に2つ削り、残り2つのうち再度【残り1つの間違い選択肢】を
削る!

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢1.のAlthough~be accurate,の主語evidence of Communist influence within the US governmentの
evidence of Communist influence は第1段落第1センテンス(During~Eisenhower.)の
the growing influence of Communismの『言い換え』だが第1センテンスを含める残り3センテンスにも
the growing influence of Communismを修飾する名詞句within the US governmentを含める句は見当たらず不正解。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢2.の主節he(Dwight D. Eisenhower)~the US governments.は第1段落の全4センテンスに
『言い換え』がなく不正解。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢3.の主語The~the US governmentのThe growing support for Communismは
第1段落第1センテンスthe growing influence of Communismの『言い換え』だが
その主語のthe US governmentのThe growing support for Communismを修飾するwithin the
US governmentは第1段落の全4センテンスに『言い換え』がなく不正解。
【注意!】第1段落第2センテンス(A senator~democratic way of life.)は
マッカーシーのunfounded accusationsと根拠のない非難がthe US goverment had been infiltrated
by Communist agents and sympathizersなので事実ではないので選択肢3.
の主語The growing support for Communism within the US governmentの『言い換え』には
ならない!

       ↓       ↓       ↓       ↓

●【【絶対間違い選択肢】を3つ削ったからこそ、この時点で、正解選択肢は4.となる。】

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢4.のHeの代名詞はDwight D. Eisenhower。that 以下の主語
speaking out against those who believed Communist sympathizers existed in the US government
は、第1段落第2センテンスでマッカーシーが述べたby making largely unfounded accusations
that the US government had been infiltrated by Communist agents and sympathizersk~
の『言い換え』で正解。
主語speaking out against those who believed Communist sympathizers existed in the US government
以下の動詞句 would harm his own party and reputationは第1段落第4センテンスの
Refusing to publicly denouncing McCarthy in order to maintain both party unity
and presidentianl prestige, の『言い換え』で正解。
選択肢4.his own partyが第4センテンスparty unityの『言い換え』
ならびに、選択肢4.reputationが第4センテンスpresidential prestigeの『言い換え』で正解。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
お急ぎください。■ダントツ世界一の【英検1級問題模擬作成プロ】だからこそ、
確かな【データ分析】、一次【英作出題予測的中率61%】、【難易度出題予測的中率83%】実績!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■【まだ間に合う!】1,286人合格実証済【全科目】「栗坂式二刀流方程式」で解く
英検1級過去問対策【■土日連続計10回】スカイプセミナーご案内⇒ https://bit.ly/3wtM86r

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

——————————————————————–
(33)正解 1 難易度【中】
——————————————————————–
●読解内容一致問題 Eisenhower vs McCarthy 【歴史・政治ジャンル】 全体の難易度【中】
——————————————————————–

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『【2022】読解内容一致 栗坂式二刀流方程式』ステップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ステップ1.】タイトルを読む。

【ステップ2.】段落に番号をふる。

【ステップ3.】設問の名詞(句)を〇で囲む。

【ステップ4.】【作業】ピリオドで終わるセンテンスの境目にスラッシュを引く。
         登場人物を〇で囲む。But等逆接の接続詞を□で囲む。

【ステップ5.】【理解】文章を読む。

【ステップ6.】設問の名詞(句)と段落の名詞(句)を一致させ、
        その段落で正解選択肢の言い換えセンテンスを絞り込む。

【ステップ7.】選択肢の名詞と動詞を〇で囲む。

【ステップ8.】1選択肢を基準に、言い換え正解ヒントのある
        段落の指定センテンスと照らし合わせる。

【ステップ9.】選択肢2つ削れ→残り1つ削れ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ステップ3.】設問の名詞(句)を〇で囲む。

で、設問(33)の名詞(句)は、EisenhowerとJoseph McCarthy。
第1段落で、マッカーシーは反共産主義運動に火をつけ、
アイゼンハワー大統領は彼の信頼を失墜させる方策を模索している『対立』が
始まった展開。次の設問(33)で『アイゼンハワー大統領はマッカーシーを
どう対処したのか?』は次の段落で『失墜させる方策』の詳細の展開だと推測でき
正解センテンスは第2段落にある。

       ↓       ↓       ↓       ↓

【ステップ6.】設問の名詞(句)と段落の名詞(句)を一致させ、
        その段落で正解選択肢の言い換えセンテンスを絞り込む。

設問の登場人物Dwight D. EisenhowerとJoseph McCarthyを両方含むセンテンスは
第2段落第2センテンス(Behind~him.)
第2段落第5センテンス(The president~Communist influence.)
第2段落第6センテンス(Soon after, ~the White House.)
第2段落第8センテンス(Following this, ~political coffin.)

と、その第2段落から正解選択肢の言い換え4センテンスに絞り込む。

(33)の選択肢1.を基準に、第2段落の絞り込んだ上記の4センテンスと照らし合わせながら

【ステップ9.】選択肢2つ削れ→残り1つ削れ。

に示している通り【間違い選択肢】を最初に2つ削り、残り2つのうち再度【残り1つの間違い選択肢】を
削る!

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢1.~4.の主語の代名詞HeはEisenhower。選択肢1.と選択肢3.のthe senatorはMcCarthyの『言い換え』。

選択肢1.のHe(Eisenhower) released evidence of McCarthy’s unethical use of powerは、
第2段落第6センテンス(Soon after, ~the White House.)の『言い換え』候補。

また選択肢1.のwhich helped to discredit the senator in the eyes of ordinary Americans.は
第2段落第7センテンス(Televised hearings~the general public.)の『言い換え』候補となり、そのまま保留。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢2.の主語HeはEisenhowerで、which he(Eisenhower) used to threaten McCarthy with legal action.が
第2段落第2センテンス(Behind~him.)
第2段落第5センテンス(The president~Communist influence.)
第2段落第6センテンス(Soon after, ~the White House.)
第2段落第8センテンス(Following this, ~political coffin.)
で『言い換え』がなく不正解。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢3.の主語HeはEisenhowerで、persuaded one of McCarthy’s assistant to reveal secret informationが
第2段落第2センテンス(Behind~him.)
第2段落第5センテンス(The president~Communist influence.)
第2段落第6センテンス(Soon after, ~the White House.)
第2段落第8センテンス(Following this, ~political coffin.)
で『言い換え』がなく不正解。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢4.の主語HeはEisenhowerで、convinced military officials to confront MacCarthy about the
senator’s attempts to gain influence with communist agentsが
第2段落第2センテンス(Behind~him.)
第2段落第5センテンス(The president~Communist influence.)
第2段落第6センテンス(Soon after, ~the White House.)
第2段落第8センテンス(Following this, ~political coffin.)
で『言い換え』がなく不正解。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢1.の主語HeはEisenhowerで、released evidence of McCarthy’s unethical use of power, が
第2段落第6センテンス(Soon after, ~the White House.)のa damnning report that
documented McCarthy and Cohn’s shady activities was leaked to the media by the White House.
の『言い換え』。選択肢1.のwhich helped to discredit the senator in the eyes of
ordinary Americans.は、第2段落第7センテンス(Televised hearings~the general public.)の
『言い換え』で正解。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
お急ぎください。■ダントツ世界一の【英検1級問題模擬作成プロ】だからこそ、
確かな【データ分析】、一次【英作出題予測的中率61%】、【難易度出題予測的中率83%】実績!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■【まだ間に合う!】1,286人合格実証済【全科目】「栗坂式二刀流方程式」で解く
英検1級過去問対策【■土日連続計10回】スカイプセミナーご案内⇒ https://bit.ly/3wtM86r

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

——————————————————————–
(34)正解 2 難易度【中】
——————————————————————–
●読解内容一致問題 Eisenhower vs McCarthy 【歴史・政治ジャンル】 全体の難易度【中】
——————————————————————–

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●『【2022】読解内容一致 栗坂式二刀流方程式』ステップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ステップ1.】タイトルを読む。

【ステップ2.】段落に番号をふる。

【ステップ3.】設問の名詞(句)を〇で囲む。

【ステップ4.】【作業】ピリオドで終わるセンテンスの境目にスラッシュを引く。
         登場人物を〇で囲む。But等逆接の接続詞を□で囲む。

【ステップ5.】【理解】文章を読む。

【ステップ6.】設問の名詞(句)と段落の名詞(句)を一致させ、
        その段落で正解選択肢の言い換えセンテンスを絞り込む。

【ステップ7.】選択肢の名詞と動詞を〇で囲む。

【ステップ8.】1選択肢を基準に、言い換え正解ヒントのある
        段落の指定センテンスと照らし合わせる。

【ステップ9.】選択肢2つ削れ→残り1つ削れ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ステップ3.】設問の名詞(句)を〇で囲む。

で、設問(34)の名詞(句)は、the author of the passageは全段落にあてはまるため除外。
Eisenhower’s approach to dealing with McCarthyは
第3段落第5センテンス(Yet the fact~his dealing with McCarthy.)から
his dealing with McCarthyの『言い換え』なので
正解センテンスは第3段落にある。

       ↓       ↓       ↓       ↓

【ステップ6.】設問の名詞(句)と段落の名詞(句)を一致させ、
        その段落で正解選択肢の言い換えセンテンスを絞り込む。

設問(34)の登場人物Eisenhowerと McCarthyを両方含むセンテンスは
第3段落第1センテンス(Many critics ~or agents.)
第3段落第2センテンス(Indeed, political~in disillusion.)
第3段落第4センテンス(Although Eisenhower’s subtle approach~an ineffctual leader.)
第3段落第5センテンス(Yet the fact~with McCarthy.)
第3段落第6センテンス(Had Eisenhower~more dire consequences.)

と、その第3段落から正解選択肢の言い換え5センテンスに絞り込む。

(34)の選択肢1.を基準に、第3段落の絞り込んだ上記の4センテンスと照らし合わせながら

【ステップ9.】選択肢2つ削れ→残り1つ削れ。

に示している通り【間違い選択肢】を最初に2つ削り、残り2つのうち再度【残り1つの間違い選択肢】を
削る!

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢1.は、仮定法センテンスだが下記の4センテンスと照らし合わせながら

第3段落第1センテンス(Many critics ~or agents.)
第3段落第2センテンス(Indeed, political~in disillusion.)
第3段落第4センテンス(Although Eisenhower’s subtle approach~an ineffctual leader.)
第3段落第5センテンス(Yet the fact~with McCarthy.)
第3段落第6センテンス(Had Eisenhower~more dire consequences.)

の中から『言い換え』があるなら正解となるが、選択肢1.If仮定法節の主節the president(Eisenhower) would
have been able to build more political support against McCarthy.の『言い換え』がなく不正解。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢2.Since other politician’s attempt to discredit McCarthy directly have failed,の
登場人物other politician’s attemptの『言い換え』は
第3段落第3センテンス(However, ~his anti-Communist campaign.)から
McCarthy kara other politicians’ antagonistic approachesの『言い換え』。

選択肢2.のSince other politician’s attempt to discredit McCarthy directly have failed,が
第3段落第3センテンス(However, ~his anti-Communist campaign.)から
other politicians’ antagonistic approaches to dealing
with McCarthy only intensified his anti-Communist campaign. の
『言い換え』候補として保留。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢3.は、主節のhe(Eisenhower) lacked the political expertise to discredit someone like McCarthy.が

第3段落第1センテンス(Many critics ~or agents.)
第3段落第2センテンス(Indeed, political~in disillusion.)
第3段落第4センテンス(Although Eisenhower’s subtle approach~an ineffctual leader.)
第3段落第5センテンス(Yet the fact~with McCarthy.)
第3段落第6センテンス(Had Eisenhower~more dire consequences.)

の4センテンスの中に『言い換え』がなく不正解。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢4.Eisenhower was right to publicly debate with McCarthy, が

第3段落第1センテンス(Many critics ~or agents.)
第3段落第2センテンス(Indeed, political~in disillusion.)
第3段落第4センテンス(Although Eisenhower’s subtle approach~an ineffctual leader.)
第3段落第5センテンス(Yet the fact~with McCarthy.)
第3段落第6センテンス(Had Eisenhower~more dire consequences.)

の4センテンスの中に『言い換え』がなく、しかも『断定』を含むonlyは
典型的な間違い選択肢の問題作成パターン。

       ↓       ↓       ↓       ↓

選択肢2.の登場人物other politician’s attemptの『言い換え』は
第3段落第3センテンス(However, McCarthy~his anti-Communist campaign.)から
other politicians’ antagonistic approachesの『言い換え』。
選択肢2.のSince other politician’s attempt to discredit McCarthy directly have failed,が
第3段落第3センテンス(However, McCarthy~his anti-Communist campaign.)から
other politicians’ antagonistic approaches to dealing
with McCarthy only intensified his anti-Communist campaign. の『言い換え』。

選択肢2.のappearing to remain neutral was essential to Eisenhower’s victory.が
第3段落第4センテンス(Although Eisenhower’s subtle approach~an ineffctual leader.)から
Eisenhower’s subtle approach proved victoriousagainst teh senator.の『言い換え』で正解。

選択肢2.のneutralは第3段落第4センテンス
(Although Eisenhower’s subtle approach~an ineffctual leader.)の
subtle approachとsubudued mannerの『言い換え』。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
お急ぎください。■ダントツ世界一の【英検1級問題模擬作成プロ】だからこそ、
確かな【データ分析】、一次【英作出題予測的中率61%】、【難易度出題予測的中率83%】実績!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■【まだ間に合う!】1,286人合格実証済【全科目】「栗坂式二刀流方程式」で解く
英検1級過去問対策【■土日連続計10回】スカイプセミナーご案内⇒ https://bit.ly/3wtM86r

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

無料メルマガ『英検1級栗坂式二刀流攻略法+1単語クイズ』(365日年中無休配信)
 
  発行責任者:  栗坂幸四郎
          二人に一人が東大合格する灘高の「東大合格メソッド」と全く同じ
  1,286人を英検1級合格させた実績済、実証済、
         「栗坂式二刀流方程式」、「栗坂式省エネ15分英作方程式」
  発行元:    CAN-DO SPIRIT COACH (英検1級・準1級・TOEIC満点対策コーチ)
          http://www.eiken1kyucando.com/

  お問い合わせ、ご意見大歓迎です⇒ eiken1kyu@s50.xrea.com
  登録・解除はこちらからです⇒  https://www.mag2.com/m/0000132646.html

  ●『英検1級栗坂式二刀流攻略法+1単語クイズ』本メルマガのコピー、スキャン、
   デジタル化等の無断複製は著作権法上での例外を除き禁じられています。
   本書を代行業者等の第三者に依頼してコピー、スキャンやデジタル化することは、
   たとえ個人や家庭内の利用でも著作権法違反です。

  Copyright(c) 2004-2022 CAN-DO SPIRIT COACH. All rights reserved. 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ページの先頭に戻る