30日リテンション特訓コース

●受講対象
1. 初級者受講OK!(合格まで20点~30点必要なレベル) 初級者向け「30日リテンション特訓コース」で対応。
2. 中級者受講OK!(合格まで11点~20点必要なレベル)
3. 上級者受講OK!(合格まで10点必要なレル) 中~上級者向け「30日リテンション特訓コース」で対応。

「30日リテンション特訓コース」の目的

  1. 「速読・速聴技術」を30日連続実践により、学んだ知識を忘れないまま短期集中で体得。
  2. 今のあなた速読・速聴の実力を30日後に、30~50%アップ実現。
  3. 「速読・速聴技術」体得の究極の目的とは、「設問に出題されるセンテンスを推測する力」を僅か30日で体得。
「30日リテンション特訓コース」受講のメリット
  1. 速読・速聴体得により、一次試験の限られた時間内で、膨大な問題量をこなせる実力体得。つまり、合格に絶対不可欠な「栗坂式時間戦略方程式通り100%時間内で解けるレベル到達。」
    問題1. (単熟語) 10.5分
    問題2. (読解穴埋め) 14分
    問題3. (読解内容一致) 40分
    問題4. (英作) 25.5分
    リスニング27問先読み 10分
  2. 一次試験の読解穴埋め問題や読解内容一致問題や、リスニング問題を制限時間内で 解ける「速読・速聴」技術体得。
  3. 「設問で出題されるセンテンスを明確に推測できる力」を養え、速読・速聴スピードアップ100%実現化!

※速読とは、「大切なセンテンスを精読し、その他のセンテンスはスキミング= つまり強弱をつけた読み方」。
※速聴とは、「大切なセンテンスのみ、メモで拾う=つまり強弱をつけたメモの取り方」。

初級者向け「30日リテンション特訓コース」レッスンの流れ

【ステップ1】

出題率大の社会問題ジャンルや、サイエンスジャンルやテクノロジージャンルから厳選した、1トピック課題(リスニングパート2.対策対応200ワード)の、指定した文章を読みながら、各センテンスの重要な主語や、目的語に相当する名詞(句)と動詞を3分以内で暗記するリテンションを実施。 ※各レベルに応じて、暗記すべき指定センテンスが異なります。上級者に近づけば近づくほど徐々に全センテンスの名詞(句)や、動詞を3分以内に暗記してもらいます。

【ステップ2】

指定センテンスから暗記した、重要な名詞(句)と動詞のアウトプット実施。

【ステップ3】

採点コーチが正答率を伝えながら、できなかった問題点に対する「カイゼン実践法アドバイスコーチング」を提供。

【ステップ4】

各1センテンスの役割に相当する、課題、解決、事例、原因、理由、詳細、比較、結論等の言葉を用いて、そのセンテンスが設問に出題される重要なセンテンスかどうか見極める実践訓練を行う。

【ステップ5】

レッスン後の反復復習
15分の「30日リテンション特訓コース」スカイプ個人指導レッスン終了後、受講生は正答率が7割達成まで2回~5回まで、繰り返し上記のステップ1.~2.のみを反復実践】。

スカイプ個人指導で、日曜日と祝日を除く30日連続で、朝5時~23時迄の受講生の希望時間から15分連日「30日リテンション特訓コース」レッスンを実施いたします。

「30日リテンション特訓コース」レッスンでは、同時に「段落で最も伝えたいセンテンス(メインセンテンス)」と「文章で最も伝えたいセンテンス(トピックセンテンス)」の発見方法を「発見手順ステップまで示した、栗坂式メインセンテンス・トピックセンテンス発見3基準方程式」を体得してもらいます。

中~上級者向け「30日リテンション特訓コース」レッスンの流れ

【ステップ1】

出題率大の社会問題ジャンルや、サイエンスジャンルやテクノロジージャンルから厳選した、1トピック課題(リスニングパート2.対策対応200ワード)の、指定した文章を読みながら、各センテンスの重要な主語や、目的語に相当する名詞(句)と動詞を3分以内で暗記するリテンションを実施。
※各レベルに応じて、暗記すべき指定センテンスが異なります。上級者に近づけば近づくほど徐々に全センテンスの名詞(句)や、動詞を3分以内に暗記してもらいます。

【ステップ2】

指定センテンスから暗記した、重要な名詞(句)と動詞のアウトプット実施。

【ステップ3】

採点コーチが正答率を伝えながら、できなかった問題点に対する「カイゼン実践法アドバイスコーチング」を提供。

【ステップ4】

各1センテンスの役割に相当する、課題、解決、事例、原因、理由、詳細、比較、結論等の言葉を用いて、そのセンテンスが設問に出題される重要なセンテンスかどうか見極める実践訓練を行う。

【ステップ5】

レッスン後の反復復習
15分の「30日リテンション特訓コース」スカイプ個人指導レッスン終了後、受講生は正答率が7割達成まで2回~5回まで、繰り返し上記のステップ1.~2.のみを反復実践】。

スカイプ個人指導で、日曜日と祝日を除く30日連続で、朝5時~23時迄の受講生の希望時間から15分連日「30日リテンション特訓コース」レッスンを実施いたします。

「30日リテンション特訓コース」レッスンでは、同時に「段落で最も伝えたいセンテンス(メインセンテンス)」と「文章で最も伝えたいセンテンス(トピックセンテンス)」の発見方法を「発見手順ステップまで示した、栗坂式メインセンテンス・トピックセンテンス発見3基準方程式」を体得してもらいます。

無料トライアル「30日リテンション特訓コース」申込要綱

15分の1回分の「30日リテンション特訓コース」レッスンのお試しレッスンを承ります。

CAN-DO SPIRIT COACHのホームページ上のお問い合わせフォームに必要事項をご記入いただいて、「お問い合わせ内容」に、無料トライアル「30日リテンション特訓コース」希望と、「希望日時」を第1~第3希望日までご記入ください。 お問い合わせをたまわった24時間以内に、無料トライアル日時をさしあげます。

「30日リテンション特訓コース」レッスン料
¥12,800円(税込、教材すべて含める)
※「1日40分コース」との同時受講の場合は、 ¥2,800円割引適用後、¥10,000円のお得な価格で受講できます。
●お得な一括払い価格表
(1)2か月一括払い 25,600円-3%割引(768円)=24,832円
(2)3か月一括払い 38,400円-5%割引(1,280円)=36,480円
「30日リテンション特訓コース」レッスン期間
受講生の希望日時からスタート可能です。
レッスン提供の時間帯は 朝5時~23時迄となり、日曜日、祝日を除いた正味30日間のレッスン期間。
「30日リテンション特訓コース」レッスン使用教材
英検1級出題率大の、社会問題ジャンル、科学ジャンルならびにテクノロジージャンルから厳選した、200ワードトピック課題(リスニングパート2.パッセージ対策対応)をレッスンスタート1時間前に、受講生のメールに教材を添付して配信いたします。

「30日リテンション特訓コース」受講生の声

  • 「驚いたのは、わずか2週間で、速読と速聴の実力が20%向上したことです!」
  • 「合格に絶対必要な速読と速聴をこれほど効果的に教えてくれるレッスンを、しかも一対一で受講できて本物の実力をつけられました。」
  • 「栗坂先生、デクテーションやサイトラ等今まで通訳技術を訓練してきましたが、リテンションほど驚異的な速読法は生まれて初めてです。ありがとうございました。」
  • 「先生のおっしゃる速読や早く聞く体得のしかたを学んだからこそ、10月の一次合格を実現できました!こころから栗坂先生の本気の指導に感謝の気持ちを表します。」
  • 「栗坂さん、リテンション訓練は超ハードだけれど、まさかこれほどまで速読の実力がつくとは思ってもみませんでした。たった¥10000円足らずの投資で元が取れましたよ」
  • 「速読や、リスニングで大事な名詞のみメモるのがなぜ大事かレッスンを通して実感できました。膨大なボリュームの試験問題量に対抗するには、このメソッドはぴったり!」
  • 「3連続で一次合格点予想的中といい、先生のメソードにはいつも驚かされています。
    この記憶保持リテンションもすごいですね。」
  • 「やっぱり一対一で学ぶと、間違ったら逃げられないから、すぐに改善につながり実力アップも納得できます。ありがたい限りのリテンション特訓です!感謝!」
  • 「栗坂先生、このやり方は14年前の高田馬場英検ゼミの飯室先生が教えられていたリテンション訓練をそのまま採用されたのですね。これは確かに効き目がすごいにつきますわ。」
  • 「栗坂さんがいつも言っている、どうやったら速く合格できるのかその知恵が結集された究極の速読体得法やリスニングで重要な名詞をしっかり聞き取れるようになりました。」
  • 「毎日15分足らずのレッスンでこれほどまで速読が上達し、あれほど大嫌いな読解が今では得意科目になりました。」
  • 「ありがたいのは、初めて受講するリテンション特訓ですが、わずか一週間たらずで今の実力の3割はねあがりました。」
  • 「先生、このコースはまさに読解やリスニング対策に絞り込んだ高度な技術訓練なのですね。」
  • 「規則正しい短期の集中学習のおかげでどんどん速読の実力があがっていって楽しくてしょうがないです。」
  • 「やはり個人指導で間違ったら逃げられない仕組みがいいですよね。わたしもすぐに上達し始めました、速読。」
  • 「特に大嫌いだった読解をきちんと向き合えたのもこのリテンション訓練、そして、栗坂コーチのおかげです!」
ページの先頭に戻る