英検1級合格栗坂方程式ブログ

■『2013年10月13日実施英検1級一次合格点予測 + 分析 + 合格実践法』

■┳■┳■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■╋■【10月新傾向対応】CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)
■╋■───────────────────────── 
┣■ ■『2013年10月13日実施英検1級一次合格点予測 + 分析 + 合格実践法』
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
  ●2013年度第2回(2013年10月13日実施)英検1級1次筆記試験 合格点予測●
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
  英検1級一次筆記試験【CAN-DO SPIRIT COACHの合格点予測は80点 】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
          (対2013年6月 78点比 +2点 )  

        【2013年10月17日(木)午後9時15分発信】 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■英検1級1次試験【合格点発表日】は、10月22日(火)午後3時頃 英検協会HPで
        http://www.eiken.or.jp/eiken/result/ 
----------------------------------------------------------------------–

----------------------------------------------------------------------–
■2013年6月9日一次試験(113点満点) 難易度【対2013年6月比】
----------------------------------------------------------------------–
問題1.(単熟語問題 25点):           ■難易度【中】変わらず

問題2.(読解穴埋め問題 6点):         ■難易度【中】変わらず

問題3.(読解内容一致問題 20点):        ■難易度【大】→【中】

問題4.(英作問題 28点):            ■難易度【中】→【大】

リスニング問題(パート1.(会話)10点):     ■難易度【中】変わらず

リスニング問題(パート2.(パッセージ)10点):  ■難易度【大】→【中】

リスニング問題(パート3.(リアルライフ)10点): ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート4.(インタビュー)4点): ■難易度【中】→【大】
----------------------------------------------------------------------–

----------------------------------------------------------------------–
■総評   
----------------------------------------------------------------------–

2013年度第2回(10月13日)一次試験は、前回の2013年度第1回(2013年6月9日実施)
一次試験と比較して、

問題4.(英作問題 得点28点 配点率25%)が■難易度【中】→【大】と、
リスニング問題パート4.(インタビュー 得点4点 配点率4%)が
■難易度【中】→【大】と難化しました。

逆に易化したのは、
問題3.(読解内容一致問題 得点20点 配点率18%)が■難易度【大】→【中】と、
リスニング問題パート2.(パッセージ 得点 配点率9%)が
■難易度【大】→【中】と解きやすくなりました。

特に読解内容一致問題は、
6月の一次読解内容一致出題傾向が大幅に変わり、正解選択肢の段落から
「言い換え」すら存在しない4設問を含める難易度大から、
英検1級の典型的な読解内容一致問題らしからぬ、素直で解きやすい出題傾向に
難易度がかなり易化したのが大きな特徴です。

つまり合格点がはねあがった81点の
2012年度第3回読解内容一致問題のThe Amritsar Massacre並みの
難易度小だったため、今回の受験生の全体平均点を大幅に底上げした
主な要因となりました。

●2013年度第2回(10月13日実施)英検1級一次試験は難易度が下がり、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  合格点は対6月合格点78点と比較して+2点増の
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 【合格点80点】と予測いたします。
 ~~~~~~~~~~~~~~~

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題1.単熟語問題(113点満点中 25点 配点比率22%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度               
----------------------------------------------------------------------–
【中】変わらず(対6月比)

----------------------------------------------------------------------–
■分析 
----------------------------------------------------------------------–
(1)「出る順パス単(2012年3月発売 旺文社)」の2,100ワード(熟語を除く)と、
「CAN-DO SPIRIT COACHword1000」の、僅か計3,100ワードから
今回の2013年度第2回一次試験において【70%出題率達成!】(対6月比 -5%)
    おかげさまで3名の満点と、24点(正答率96%)を2名を輩出いたしました。
 

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法  
----------------------------------------------------------------------–
(1)英検協会によると、英検1級合格レベルに必要な単語数は15,000単語。

   しかしながら、大半の受験生が英検1級受験のために
   15,000単語も膨大な数を暗記する時間すら確保できないのが悩みの種。

   今回の2013年度第2回一次試験の問題1.(単熟語)においても
   対象的に「出る順パス単(2012年3月発売)」の2,100ワード(熟語を除く)と、
「CAN-DO SPIRIT COACHword1000」の、僅か計3,100ワードから
【70%の驚異的な出題率を達成!】した
   合格率38%実証済『栗坂式でる順パス単暗記実践法』こそが
   【誰よりも早く確実に、必然の合格を導く】とデータが改めて裏付けた。

   ●つまるところ【誰よりも早く確実に、必然の合格を導く】単語暗記実践法とは

              ↓      ↓      ↓

●出題率大の参考書のみ【『でる順パス単 英検1級』旺文社 2012年3月発売】
   +【CAN-DO SPIRIT COACHword1000】の
   3,100単熟語だけ対象に
   【五感の聴く、読む、話すをフル活用=記憶定着を即す正しい暗記実践法】を
   活用した『栗坂式でる順パス単暗記実践法で暗記実践バカズをマックス化】+
   【週単位の定期単熟語模擬テストで理解度を確認】して【本当に理解したレベル】
   まで落とし込む。

   ●1.【出題率大参考書】使用
         ↓
    2.38%合格率実証済【正しい暗記実践法】
         ↓
    3.週単位単熟語模擬テストで【効果確認】を100%取り入れた【継続学習の仕組み】
         

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題2.読解穴埋め問題 (113点満点中 6点 配点比率5%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度            
----------------------------------------------------------------------–
【中】変わらず(対6月比)

----------------------------------------------------------------------–
■分析
----------------------------------------------------------------------–
*下記の分析において「【10月新傾向対応】栗坂式方程式」は一部のみ
 公開しておりますので、あらかじめご了承ください。合格率38%実証済み
 「【10月新傾向対応】栗坂式方程式」のキモ(解き方)体得には
 有料受講「CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース」でのお申し込みを承っております。

(1)The Descent of Man【人類学ジャンル 難易度 大】
      

   【設問(26)解答 選択肢3.】【難易度 大】
   「【10月新傾向対応】栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 26 )を含む
   センテンスの前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
         
第1段落のthoughの展開を整理。第1段落第2センテンス(Few, though
ancestors~)では現代人は祖先より聡明ではないとほんの少数しか
   結論づけていない。→第3センテンス(This, however, is ~)は
   howeverを伴う前文の「逆接」だから、「現代人は祖先より聡明ではない」
   と伝えたい。→( 26 )を含む第4センテンスは第3センテンスを
   サポートする役割で選択肢3.が正解候補。→第5センテンスも第3
   センテンスをサポートする役割だが選択肢3.の正解を裏付ける
   「言い換え」がなく難易度大。選択肢3.の「言い換え」は第4段落
   第2センテンスのthis environmental was actually more intellectually
   demanding than society today,
   第3センテンス(This, however, is ~)をサポートする後ろセンテンス
   から選択肢1~2.や選択肢4.の「言い換え」がないので不正解。
   ゆえに選択肢3.が正解。

   【設問(27)解答 選択肢4.】【難易度 中】
   「【10月新傾向対応】栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 27 )を含む
   センテンスの前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
                   
   However,の「逆接」で始まる( 27 )を含む第3段落第1センテンスを
   同段落の後ろセンテンスはサポートする役割。つまり正解選択肢の「言い換え」
   を第3段落から見つける。選択肢1.~3.は同段落に「言い換え」が
   ないので不正解。選択肢4.のfragile characterはdelicate characterで
   その「言い換え」が第3段落第2センテンス(This is party because~)の
   such a complex qualityの主語とそのセンテンスがfragile characterを
   示して正解。
                   

   【設問(28)解答 選択肢2.】【難易度 中】
   「【10月新傾向対応】栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 28 )を含む
   センテンスの前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
                   
   ( 28 )の第4段落第3センテンス(This led, ironically~)の
ironicallyはcontradictorilyの「言い換え」で前センテンスの「逆接」の
   展開。つまり 第4段落第3センテンスのThis は前センテンスの
   that evolutionary pressures quickly weeded out any genetic mutaions
that negatively affected intelectual abilityを指す指示代名詞の
   「逆接」だから「ネガティブ」になると推測。それをサポートしている
   のは第4(The intelligence our ~)~第5センテンス(In a more ~)で
   一見ポジティブの内容に見えるが、第4段落第2センテンス(Crabtree
believes~)で述べるようにthis environment(human living in
extremely harsh conditions) was actually more
intellectually demanding than society today,から現代社会は
   intellectual capacity はless developから選択肢2.が正解と推測できる。
   同時に選択肢1.と選択肢4.はネガティブでもその正解にあたる
   「言い換え」が第4段落になく不正解。選択肢3.はネガティブではないので不正解。
   
                                  

(2)U.S. Immunization Programs【医療系社会問題ジャンル 難易度 小】

【設問(29)解答 選択肢3.】【難易度 小】
   「【10月新傾向対応】栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 29 )を含む
   センテンスの前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
                   
   ( 29 )の前の第1段落第3センテンス(The disease was~)のhoweverの
   「逆接」センテンスに対して同段落の後ろセンテンスはサポート(理由、事例等)
   するが原則。howeverを含む第1段落第3センテンス(The disease was~)は
   vaccine導入のおかげでdiseaseはnearly eradicatedとポジティブなので、
   後ろセンテンスも
   同様にポジティブのなるはずが、( 29 )の後ろの第5(In recent years,
   ~)~第6センテンス(Consequently, ~)はvaccine導入にネガティブから
   vaccine導入の「反動」が起こったと推測できる。( 29 )は
   ネガティブが入り選択肢1.と選択肢4.はポジティブで不正解。選択肢3.の
paradoxical(contradictory) resultの「言い換え」が第5(In recent years,
   ~)~第6センテンス(Consequently, ~)で正解。

   【設問(30)解答 選択肢4.】【難易度 小】
   「【10月新傾向対応】栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 30 )を含む
   センテンスの前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
                   
   ( 30 )を含む第2段落第1センテンス(In an article~)は、第1段落の
   vaccineのメリット(ワクチン接種による病人の減少)とデメリット
   (ワクチン接種反対)のうち「何が~を引き起こしているのか?」の~は
   選択肢と照らし合わせながら容易に選択肢4.と正解を見つけられる。、
   同段落の第2段落第1センテンス(In an article~)後ろセンテンスは「理由」で
   サポートするが原則。第4センテンス(At that point,~)でアレルギー反応等で
   安全上のリスクに反対しているその「言い換え」が選択肢3.のopposition
to immunization programsで正解。

  
   【設問(31)解答 選択肢1.】【難易度 小】
「【10月新傾向対応】栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 31 )を含む
   センテンスの前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
                   
   第4段落第1センテンス(Even when immunization~)のherd immunityを
   同段落後ろセンテンスが「説明」する展開。「説明」している( 31 )を
   含む第3段落第2センテンス(As long as unimmunized~)は「予防接種を
   受けていない子供たちが~する限り、疾病はより明確に現れない。」→第3センテンス
   (This effect breaks down~)は「この効果は一度予防接種率が80%まで下がると
   悪化し、その時は疾病の発生が再開し疾病感染の恐怖が、なかなか消えない
   予防接種を疑うより上回る。」→第4センテンス(Immunization rates ~)は
   「予防接種率が再度上がり、疾病は減り再びその連続が繰り返される。」と
   選択肢を照らし合わせながら、疾病が減る時と、増える時の繰り返しを
   説明してるから数を明確に述べている選択肢1.が正解と推測できる。

   

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法
----------------------------------------------------------------------–
●東京大学医学部家庭教師研究会代表の吉永賢一(東大理3卒)さんの
【合格に必要な得点アップ】のキモとなる3つの要素とは、暗記,
理解、そして【実践演習】のバカズが最も大事と指摘しています。
 というのも、【実践練習】を通して
 【覚えたつもり】、【分ったつもり】になっている問題点を
 即刻【効果確認】でき【カイゼン点】を見いだし、また繰り返し【実践練習】で
 【効果】をはかります。その繰り返しこそが【得点アップ】実現の王道です。

●京都大学青谷正妥准教授【理学博士(数学)・教育学博士(英語教育)】
によると【得点アップ】の原理原則とは【制限時間】、【反復】、そして
吉永さんと同じく圧倒的な【量】で練習をつみ重ねるが【得点アップ】の原則。

●経済評論家の勝間和代さんも、
努力が報われるためには、【正しい方法論】で、【正しい練習を繰り返すこと】。
しかも圧倒的な【実践の繰り返し】こそが、【得点アップへの最短距離】と
明確に指摘されていらっしゃいます。

   ●【誰よりも早く確実に、必然の英検1級合格を導く】方法とは
     上記のお三方もご指摘していただいている通り
    【圧倒的な実践のバカズをこなす!】が
    【最短最速の必然の英検1級合格】を導きます。

         ↓  

   ●そのためには残り僅か100日足らずの
    2014年1月合格に向けて、自分には何ができ、何を成すべきか?
    ステップ1.英検1級過去問を制限時間内で解き、解けなかった問題の
         【原因】を探す。

    ステップ2.今の解き方では通用しないので、【新しい解き方=新しい攻め方
=【10月新傾向対応】栗坂式方程式】を学ぶ。

    ステップ3.【英検1級模擬問題のバカズ】をこなしながら、【新しい解き方】で
          【効果があるか成果確認】し成果が出れば【得点アップ実現】。

●上記のステップ1.~3.を下記の実証済『効率よく能力を高める練習法とは?』で
 再確認してみて下さい。

●『「頭を使え!」名門音楽大学教授による効率よく能力を高める練習法とは?』
  http://bit.ly/XwbQwE

    残念ながら市販の英検1級参考書類では圧倒的なバカズは見込めず、
    しかも、【解き方】も何ひとつ示していません。
    同じ問題は本番で出題されないわけですから、
    【新しい解き方=新しい攻め方】の体得なしには、本番で
    難易度大や、苦手なジャンルにふりまわされます。感覚だけで解くのでは
    いつまでたっても必然の合格は実現しないのです。

         ↓

    ■そこで、一つの解決案として合格率38%実証済
   「【10月新傾向対応】栗坂式方程式(新しい解き方=新しい攻め方)」で解く
   「1日40分コース」7日間無料トライアル受講のご提案を差し上げます。
         ↓
    http://www.eiken1kyucando.com/trial.html
●トライアルお申し込先メールアドレス:eiken1kyu@s50.xrea.com
    メール件名:「1日40分コース」7日間無料トライアル受講申込
    1.名前
    2.年齢
    3.職業
    4.住所
    5.【緊急連絡先】携帯電話番号【重要】
    6.課題配信先メールアドレス【重要】
    7.スカイプ名【重要】*ネット授業で音声のみ活用
-------------------------------------------------------—-
   ●英検1級受験対策CAN-DO SPIRIT COACH「1日40分コース」とは?
-------------------------------------------------------—-
   ●【最短最速で必然の合格実現】=【日本一の模擬実践バカズ】+【日本一のカイゼン数】
   (1)1カ月間のコースで、月平均25日間「1日40分以内で解ける模擬テスト
      (解き方、技術訓練付)」をメール添付で受け取り【模擬問題実践】。
      読解模擬問題、リスニング模擬問題、速読技術訓練は月平均25日間配信。
      ●週単位で「出る順パス単(2012年3月発売)」の200単語暗記実践の
      理解度確認の場、「単熟語模擬テスト」を毎日曜日配信(月4回)。
   (2)週単位の成果数値表を基に毎日曜日【「カイゼン実践法アドバイス」】を受ける。
   (3)週単位の理解度確認の道場、毎日曜日定期開催【「伝説ネット授業」】参加で実力試し。
-------------------------------------------------------—-

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題3.(読解内容一致問題)(113点満点中 20点 配点比率18%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度           
----------------------------------------------------------------------–
【大】→【中】 (対6月比)

----------------------------------------------------------------------–
■分析
----------------------------------------------------------------------–
*下記の分析において「【10月新傾向対応】栗坂式方程式」は一部のみ
 公開しておりますので、あらかじめご了承ください。合格率38%実証済み
 「【10月新傾向対応】栗坂式方程式」のキモ(解き方)体得には
 有料受講「CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース」でのお申し込みを承っております。

(1)Golden Rice【バイオテク系社会問題ジャンル 難易度 小】

【設問(32)解答 選択肢3.】【難易度 小】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)one factorとpublic perceptions of GE crops
は第1段落に所属しその段落に正解選択肢の「言い換え」があるが
    原則。
   「どんなone factorがpublic perceptions of GE cropsをinfluence
    したのか?」の設問の名詞(句)one factorとpublic perception
    of GE cropsの答えは第1段落第6(Their skepticism~)~第7センテンス
 (This, in return,~)と第8センテンス(Opponents also~)の
    2つの要因と、選択肢を照らし合わせる基本的な問題。
    選択肢1.はdoes little to improve the strenghth and yield of
cropsが第1段落で述べられず不正解。選択肢2.はCountriesが
    不正解。選択肢4.はmay in fact be preventedが第1段落で述べられず
    不正解。選択肢3.は第1段落第6(Their skepticism~)~第7センテンス
 (This, in return,~)の「言い換え」で正解。

   【設問(33)解答 選択肢2.】【難易度 小】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)Those who are against the introduction of Golden
Rice to developing countriesは第3段落第2(Geneticist Dr.Mae-Wan~)
    ~第3センテンス(Critics are also~)を指し、第3段落に
    正解選択肢の「言い換え」があるが原則。
選択肢1.はsimilar to those以下の句が第3段落で述べられず不正解。
    選択肢2.第3段落第4センテンスのbut以下の節の「言い換え」で正解。
    選択肢3.はlikely harmlessが第3段落で述べられず不正解。
選択肢4.は大意が第3段落で述べられず不正解。
容易に正解選択肢を見つけられる、素直で基本的な問題。
   【設問(34)解答 選択肢1.】【難易度 小】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)Vandana Shiva’s Viewとchief drawback of Golden
 Riceは第4段落に所属しその段落に正解選択肢の「言い換え」があるが
    原則。
選択肢1.は第4段落第2(According to Indian~)~第4センテンス
    (This monoculture approach~)の「言い換え」で正解。
    選択肢2.と選択肢3.は大意が第4段落で述べられず不正解。
    選択肢4.はfalse assumptioni以下の節が第4段落で述べられず不正解。
    容易に正解選択肢を見つけられる、素直で基本的な問題。

(2)Feathered Dinoasurs【考古学ジャンル 難易度 中】

   【設問(35)解答 選択肢4.】【難易度 小】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)Fossils in the Yixian Formation
は第2段落に所属しその段落に正解選択肢の「言い換え」があるが
    原則。
選択肢1.は大意が第2段落で述べられず不正解。
    選択肢2.はcaused by repeated colcanic eruptions in the area
   が第2段落で述べられず不正解。
    選択肢3.はgeological conditions affected teh evolution of
prehistoric life forms.が第2段落で述べられず不正解。
    選択肢4.は第2段落第3(Repeated volcanic eruptions~)~
    第4センテンス("We only find~)の「言い換え」で正解。
  

   【設問(36)解答 選択肢1.】【難易度 中】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)the discovery fo Yutyrannus huali fossils
in 2012は第3段落に所属しその段落に正解選択肢の「言い換え」があるが
    原則。
選択肢1.は第3段落第1(The diminutive stature~)~第2センテンス
    (Scientists speculated~)と第4センテンス(According to a research
    ~)の「言い換え」で正解。複数の「言い換え」の組み合わせで難易度大。
    選択肢2.はwhile coelurosaurs did not grow feathers until they
had reached maturity、が第3段落で述べられず不正解。
    選択肢3.はregulate their body temperatureが同段落で述べられず不正解。
    選択肢4.はwere not necessarily present on the largest carnivorous
    predatorsがまぎらわしいが同段落で述べられず不正解。
    
   
   【設問(37)解答 選択肢2.】【難易度 大】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)implicationとMark Norell’s comment
は第4段落に所属しその段落に正解選択肢の「言い換え」があるが
    原則。
●設問で多用されるimplicationsは通常negative influenceが
    「言い換え」だが、6月一次読解内容一致以降の出題ではは2つ目の意味の
     significanceが本設問にも使われている。
選択肢1.は大意が第4段落で述べられず不正解。
    選択肢2.は第4段落第5(Says Mark Norell~)~第6センテンス
    (At this point,~)と第4センテンス(According to a research
    ~)の「言い換え」で正解。
    選択肢3.はindependently in separate species.が同段落で述べられず不正解。
    選択肢4.はdoes little to support claimsが同段落で述べられず不正解。
    

(3)Britain and the American Civil War【歴史系社会問題ジャンル 難易度 中】

   【設問(38) 解答 選択肢3.】【難易度 大】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)Immediately before the Civil Warとpeople in the
Southは第1段落に所属しその段落に正解選択肢の「言い換え」があるが
    原則。
    設問を問う答えは第1段落第3センテンス(Though Licoln had campaigned
    ~)でその「言い換え」を選択肢と照らし合わせながら正解を絞る。
    選択肢1.はby blocking their efforts to export cotton and grain
to Britainが第1段落で述べられず不正解。
    選択肢2.は大意が第1段落で述べられず不正解。
    選択肢3.の「言い換え」が第1段落第3センテンス(Though Licoln had
    campaigned~)でambitionの和訳が米中部で使われる「恨み、悪意」
    として正解。選択肢2.と選択肢3.がまぎらわしい難易度大選択肢。
    選択肢4.は大意が第1段落で述べられず不正解。

【設問(39) 解答 選択肢4.】【難易度 大】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の「the Southern statesはthe BritishがSouth’s causeをsupport
    するone reason は何か?」の答えを述べているのは第4段落
    第5センテンス(Southern leaders had ~)。
選択肢1.はstrengthening economic ties with the South was
their primary concern.が第4段落で述べられず不正解。
    選択肢2.はhadが第4段落で述べられず不正解。
    選択肢3.は大意が第4段落で述べられず不正解。
    選択肢4.は第4段落第5センテンス(Southern leaders had ~)と
    同センテンスのstarategic advantageの「言い換え」の第3センテンス
    (Moreover, Britain~)を含める「言い換え」で正解。
    正解選択肢4.のconcerns about the expansion of U.S power
    の「言い換え」第3センテンス(Moreover, Britain~)を見つけるのに
    手間と労力を要し難易度大問題。
   
   
【設問(40) 解答 選択肢2.】【難易度 小】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)Trent affairとtensions between Britain and
the Union governmentは第8段落に所属しその段落に正解選択肢の
   「言い換え」があるが原則。
選択肢1.はwhich led Britain to offer military assistance
to ensure a quick defeat of the Southが第8段落で述べられず不正解。
    選択肢2.は第8段落第2(Licoln’s handling of the ~)~
    第3センテンス(The Trent affair, ~)の「言い換え」で正解。
    選択肢3.は大意が第8段落で述べられず不正解。
    選択肢4.は大意が第8段落で述べられず不正解。
設問も選択肢もひねっていない、素直で基本的な問題。
 

   【設問(41) 解答 選択肢1.】【難易度 小】
「【10月新傾向対応】栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)Emancipation ProclamationとBritain’s view of
the Civil Warは第9段落に所属しその段落に正解選択肢の
「言い換え」があるが原則。
選択肢1.は第9段落第2(In doing so,~)~
    第3センテンス(This broutht the Union’s ~)の「言い換え」で正解。
    選択肢2.は大意が第9段落で述べられず不正解。
    選択肢3.はby declaring a decisive victory for the Unionが
第9段落で述べられず不正解。
    選択肢4.はthat the South had begun to regard Britain as
an enemy rather than a potential ally.が第9段落で述べられず不正解。
設問も選択肢もひねっていない、素直で基本的な問題。
   

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法 
----------------------------------------------------------------------–
   ●【誰よりも早く確実に、必然の英検1級合格を導く】方法とは
     東京大学医学部家庭教師研究会代表の吉永賢一(東大理3卒)さん、
     京都大学青谷正妥准教授【理学博士(数学)・教育学博士(英語教育)】、
     そしておなじみの経済評論家、勝間和代さんもご指摘していただいている通り
    【圧倒的な実践のバカズをこなす!原理原則】が
    【最短最速の必然の英検1級合格】を導きます。

         ↓  

   ●そのためには残り僅か100日足らずの
    2014年1月合格に向けて、自分には何ができ、何を成すべきか?
    ステップ1.英検1級過去問を制限時間内で解き、解けなかった問題の
         【原因】を探す。

    ステップ2.今の解き方では通用しないので、【新しい解き方=新しい攻め方
=【10月新傾向対応】栗坂式方程式】を学ぶ。

    ステップ3.【英検1級模擬問題のバカズ】をこなしながら、【新しい解き方】で
          【効果があるか成果確認】し成果が出れば【得点アップ実現】。

●上記のステップ1.~3.を下記の実証済『効率よく能力を高める練習法とは?』で
 再確認してみて下さい。

●『「頭を使え!」名門音楽大学教授による効率よく能力を高める練習法とは?』
  http://bit.ly/XwbQwE

  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題4.(英作問題)(113点満点中 28点 配点比率25%)
■難易度
■分析 
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度                 
----------------------------------------------------------------------–
【中】→【大】(対6月比)

----------------------------------------------------------------------–
■分析 
----------------------------------------------------------------------–
(1)英作は2004年改訂後の9年にわたる過去29回分の出題トピックは88%が
   「国際・国内社会問題ジャンル」の 問題作成パターン。

(2)トピック課題が「賛否両論」の難易度大の英作課題。しかも、
   結論をサポートすべく理由センテンスに入れるPOINTSの選択が
   難易度大。トピック課題にminorという知らない単語を入れ難易度を上げている。

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法 
----------------------------------------------------------------------–

(1)5段落を基本に第2~第4段落は『結論の理由』を述べる役割を簡単に作成するには、
   POINTSのキーワードをフル活用が最小の努力で最大の結果を導く前提条件。

   ●英作を本番で自動的書けるレベルに到達するには、何を頼りに英文を書くべく
    『ひながた(=論理=ロジック=読み手が最も理解しやすいきまりごと)』体得
    こそが合格に必要な正答率7割達成の王道。ただし『ひながた』は
    いろいろなパターンが存在するので、『プロによる添削』というプロセスを
    へない限り自分ひとりで客観的にカイゼンのバカズを増やすのは不可能な科目。

   ●その理由は、選択肢は1つの絶対的な正解があるが、
    英作の正解は色々な種類の『ひながた』があるので
    【プロから添削を受け、カイゼンのバカズマックス化】が本番で自動的に書ける
    最短最速実践法。
    『ひながた』をつかった英作作成のバカズマックス化 → プロの添削
    を通してのみカイゼンのバカズを通して初めて客観的な『得点アップ』が実現。
    少なくとも1カ月間短期集中で12トピック課題作成後、合格に必要な7割を
    達成できる。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
リスニング問題パート1~4 (113点満点中 34点 配点比率30%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度(対1月比)
----------------------------------------------------------------------–
リスニング問題(パート1.(会話)10点):       ■難易度【中】変わらず

リスニング問題(パート2.(パッセージ)10点):   ■難易度【大】→【中】

リスニング問題(パート3.(リアルライフ)10点):  ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート4.(インタビュー)4点):   ■難易度【中】→【大】

----------------------------------------------------------------------–

----------------------------------------------------------------------–
■分析
----------------------------------------------------------------------–

(1)パート1.(会話)の難易度は6月と比較して【中】と変わらず。
   設問出題パターンは従来通り聴いた音声の、「言い換え」を 
   使って正解選択肢を選ぶため英会話表現の語彙力を要求。
   

(2)パート2.(パッセージ)は情報量が
   多いいが、今回は6月と比較して抽象的なタイトルが皆無で
   素直なタイトルが多く予測しやすかったので
   若干難易度が下がった。

(3)パート3.(リアルライフ)は2013年6月出題と同様に難易度大。
   特に銀行口座関係やエア・フライトのアップグレードや、保険関係、
   そして今回はミュージカルチケット購入とそれらに関する情報が
   4つ前後あり
   それらを全てリストアップしてメモ取りを要求するプロ通訳者レベルの
   高度な情報整理を要求。
   【難易度大音声作成パターン】は
   音声を聞きながら「条件」を整理しようにも情報量が多すぎて
   メモが追いつかない。だからこそ、【一次筆記で先読み10分確保】と
   各パートの最初で音声で流れる【問題の流れ説明時間】の
   パート1.1分45秒間。
   パート2.25秒間。
   パート3.40秒。
   パート4. 25秒間。
   の説明中にも【1問題につき22秒ペースで先読み実施訓練を10月合格にむけて
   リスニング過去問題での準備が必要】。

(4)パート4.(インタビュー)はインタビューアー対象がオーストラリア人らしく
   オーストラリアン英語に慣れていないと聴きとりくさが原因で全体的に
   得点が伸び悩んでいた。

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法
----------------------------------------------------------------------–

(1)「CAN-DO SPIRIT COACH 1日40分コース」のリスニング模擬問題(パート2.)や
   課題復習用としてのシャドーイング復習3回を、『栗坂リスニング方程式』で
   月平均25回ずつ【圧倒的国内ダントツ模擬問題バカズを実践】するからこそ、
   スピーディー解ける能力と精度アップ(問題作成パターンと
   落とし穴パターン熟知による選択肢精度20%~30%向上)自動化実現。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

こんにちは、CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)の栗坂です。

数年前にさかのぼりますか、確か信州あたりの30代の女性から、英検1級に
合格したいので何をすればよいのかと電話でお問い合わせを承りました。

実は彼女、陽子さんは、幼い頃から心房中隔欠損(しんぼうちゅうかくけっそん)
という心臓の右心房と左心房を隔てる心房中隔に穴が開いた病気に
かかり、日々軽度の労作性呼吸困難、動悸、息切れをたまにおこしながらも
英語を使って外国人の人たちとコミュニケーションを取りたい夢が
あるので、栗坂さんと一緒に二人三脚で合格を目指したいと伝えてくれました。

その声がいまでもぼくの脳裏にはっきりと焼きついています。

陽子さんは二度受験後、残念ながら旅立たれました。

受験の際は、いつもポータブル点滴を持ちこめる会場を選び、試験会場の責任者と
交渉しながら、最後の130分間まで一次試験の受験を全うしました。

スカイプ個人指導レッスンを約半年お手伝いさせていただきました。

ある日、ぼくは彼女に「なぜぼくを選んだのですか?」と聞きました。

「だって、栗坂さんは情熱的だもん。本気でわたしの夢を叶えてあげたいって
 伝えてくれたのは、あなただけだわ。」

涙がこぼれるくらい嬉しかったけれど、ぼくにははたしてそんな資格が本当にあるのだろうか?

陽子さんの限られた人生に何ができ、何をなすべきなのだろうか?

と週2回のスカイプ個人指導レッスンを通していつも自ら問う毎日を送らせてもらいました。

それでも、彼女はいつも明るくほがらかで、合格までに20点不足でも
最後の最後まであきらめなかった。

挫折したら、すぐにその場で立ち上がった。

「栗坂さん、わたしには時間がないの。」

だからこそ、ぼくは陽子さんとの毎スカイプ個人指導レッスン90分は
ぼく自身全人生を懸け、楽しみながら、分りやすく教えてあげることに
徹しました。

限られた人生の半年を、英検1級合格にかけた一人の女性が
ぼくに教えてくれました。

人生はみずからの努力で切り開くものだ。

たとえ、授かった命が明日朽ち果てようとも。

そして、ぼくは「英語で世界を変える。」と天国の陽子さんに誓いました。

たまたま、英検1級受験のお手伝いをさせてもらいながら
この9年間がむしゃらに英語づけの毎日を送らせてもらっております。

陽子さんが、今のぼくを温かく見守りつづけてくれているのかもしれません。

最後の最後まで長い間お付き合いいただいて、改めてありがとうございました。

CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)
http://www.eiken1kyucando.com/

栗坂幸四郎

ページの先頭に戻る