英検1級合格栗坂方程式ブログ

■『2013年6月9日実施英検1級一次合格点予測 + 分析 + 合格実践法』

■┳■┳■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣■╋■ CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)  
■╋■───────────────────────── 
┣■■『2013年6月9日実施英検1級一次合格点予測 + 分析 + 合格実践法』
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
  ●2013年度第1回(2013年6月9日実施)英検1級1次筆記試験 合格点予測●
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
  英検1級一次筆記試験【CAN-DO SPIRIT COACHの合格点予測は79点 】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
          (対2013年1月 81点比 -2点 )  

         【2013年6月17日(月)午後7時発信】 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■英検1級1次試験【合格点発表日】は、6月18日(火)午後3時頃 英検協会HPで
        http://www.eiken.or.jp/eiken/result/ 
----------------------------------------------------------------------–
   

■おかげさまで、2012年第2回英検1級一次合格点81点では、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
国内で唯一CAN-DO SPIRIT COACHのみが予測的中いたしました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★詳細は「2012年10月一次試験合格点予測+分析+2013年年1月対策実践法」で
→ http://amba.to/Vc0zqU  ご確認ください。
【CAN-DO SPIRIT COACH 累計6回 合格点予測的中率22%実績】

----------------------------------------------------------------------–
■2013年6月9日一次試験 難易度【対2013年1月比】
----------------------------------------------------------------------–
問題1.(単熟語問題):             ■難易度【中】変わらず

問題2.(読解穴埋め問題):           ■難易度【大】変わらず

問題3.(読解内容一致問題):           ■難易度【中】→【大】

問題4.(英作問題):              ■難易度【大】→【中】

リスニング問題(パート1.(会話)):       ■難易度【中】変わらず

リスニング問題(パート2.(パッセージ)):   ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート3.(リアルライフ)):  ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート4.(インタビュー)):  ■難易度【大】→【中】
----------------------------------------------------------------------–

----------------------------------------------------------------------–
■総評   
----------------------------------------------------------------------–

2013年度第1回(6月9日)一次試験は、前回の2012年度第3回(2013年1月27日実施)の
一次試験と比較して、

難易度大となった科目は問題3.(読解内容一致問題)のみと1科目ですが、
33分のリスニング問題を除いた一次筆記試験持ち時間100分中、最も時間を要す
読解内容一致問題が難易度大による時間不足が、その次に取り組む英作や
リスニングの結果に及ぼした影響は計り知れず、
1月と比較して受験生の総得点が下がっているのが顕著です。

●合格点は対1月合格点81点と比較して-2点減と
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 大幅に難易度が上がり
 ~~~~~~~~~~
 【合格点79点】と予測いたします。
 ~~~~~~~~~~~~~~~

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題1.単熟語問題(113点満点中 25点 配点比率22%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度               
----------------------------------------------------------------------–
【中】変わらず(対1月比)

----------------------------------------------------------------------–
■分析 
----------------------------------------------------------------------–
(1)「出る順パス単(2012年3月発売)」の2,100ワード(熟語を除く)と、
「CAN-DO SPIRIT COACHword1000」の、僅か計3,100ワードから
今回の2013年度第1回一次試験において【驚異的な75%出題率達成!】
   

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法  
----------------------------------------------------------------------–
(1)●【誰よりも早く確実に、必然の合格を導く】単語暗記実践法とは

              ↓      ↓      ↓

●出題率大の参考書のみ【『でる順パス単 英検1級』旺文社 2012年3月発売】
   +【CAN-DO SPIRIT COACHword1000】の3,100単熟語のみ対象に
   【五感の聴く、読む、話すを活用=記憶定着を即す正しい暗記実践法】を
   活用した『栗坂式でる順パス単暗記実践法で練習のバカズをマックス化】+
   【週単位の定期単熟語模擬テストで真の理解度を確認】

   ●1.【出題率大参考書】使用
         ↓
    2.38%合格率実証済【正しい暗記実践法】実践
         ↓
    3.週単位模擬テストで【効果確認】を100%取り入れた【継続学習の仕組み】
         ↓         
   ■上記1.~3.を全て取り入れ
    合格率38%実証済栗坂式合格方程式で解く「1日40分コース」7日間
    無料トライアル受講のご案内。
         ↓
    http://www.eiken1kyucando.com/trial.html
    ●トライアルお申し込先メールアドレス:eiken1kyu@s50.xrea.com
    件名:「1日40分コース」7日間無料トライアル受講申込
    1.名前
    2.年齢
    3.職業
    4.住所
    5.【緊急連絡先】携帯電話番号【重要】
    6.課題配信先メールアドレス【重要】
    7.スカイプ名【重要】*ネット授業で音声のみ活用
-------------------------------------------------------—-
   ●英検1級受験対策CAN-DO SPIRIT COACH「1日40分コース」とは?
-------------------------------------------------------—-
   ●最短最速で必然の合格実現!=【日本一の模擬実践バカズ】+【日本一のカイゼン数】
   (1)1カ月間のコースで、月平均25日間「1日40分以内で解ける模擬テスト
      (解き方、技術訓練付)」配信。
      読解模擬問題、リスニング模擬問題、速読技術訓練は月平均25日間配信。
      ●そして、週単位で「出る順パス単(2012年3月発売)」の200単語暗記実践の
      理解度確認の場、「単熟語模擬テスト」を毎日曜日配信(月4回)。
   (2)週単位の成果数値表を基に毎日曜日「カイゼン実践法アドバイス」提供。
   (3)週単位の理解度確認の道場、毎日曜日定期開催「伝説ネット授業」提供。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題2.読解穴埋め問題 (113点満点中 6点 配点比率5%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度            
----------------------------------------------------------------------–
【大】変わらず(対1月比)

----------------------------------------------------------------------–
■分析
----------------------------------------------------------------------–
(3) The End of Maya Civilization【難易度 大】

   【読解穴埋め 問題作成パターン】(一部紹介)
   (1)4択問題作成パターンとは、2つの明らかな間違い選択肢を入れ、
      2つが紛らわしい選択肢を入れる。つまり正答率は25%ではなく
      正答率は50%。

   【読解穴埋め 落とし穴作成パターン】(一部紹介)
   (1)断定(not at all, definately等)が入る選択肢は基本的に
      間違い選択肢作成パターンなのに、自動的に間違いとみなせず
      断定を含めたその前後センテンスを読んでから判断しなければならない。
      

   【設問(26)解答 選択肢3.】【難易度 小】
   「栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 26 )を含むセンテンスの
   前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
( 26 )の前センテンスでDouglas KennetはMaya Civilizationの
endはcataclysmic disastersではないと否定。( 26 )でendの
   「原因」を述べ、( 26 )の後ろセンテンスの役割は( 26 )の
   「原因」の「詳細」や「事例」でサポートが基本。( 26 )に入るべき
   選択肢のヒントはcorrelated periods of Maya prosperity and decline
with fluctuations in regional weather patternsと、drought and
extreme temperature, predicted for the world in coming yearsから
   選択肢3.か選択肢4.に絞り込める。選択肢4.のcontradictsは
   challengeの「言い換え」で( 26 )の後ろセンテンスで述べられず
   不正解。ゆえに選択肢3.が正解。選択肢1.political eventsと
   選択肢2.predictedは第1段落で述べられず不正解。

   【設問(27)解答 選択肢1.】【難易度 大】
   「栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 27 )を含むセンテンスの
   前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
   ( 27 )は第2段落第1センテンスの位置で、
   第1段落最後センテンスとは異なる段落(段落=話題を変える)なので
   正解ヒントは( 27 )の後ろセンテンスに正解があると推測できる。
   the Maya ( 27 )a particular phenomenon.の
   a particular phenomenon.の具体的な「言い換え」は第2段落
   第2センテンスの、the peak period of Maya
culture conincided with years of heavy precipiations.第2段落
   第3センテンスではheavy precipitaionの「恩恵=繁栄」を述べている。
   つまりheavy precipitationのおかげでremarkable advances in
agriculture, rapid growth of population, development of complex
political structureの繁栄をもたらした「言い換え」に相当する
   選択肢1.のみが正解としてあてはまる。選択肢4.はoverestimated
the danger ofが第2段落で述べられず不正解。選択肢2.は
   recoveringそして選択肢3.はprotected themselves fromも同様に
   第2段落で述べられず不正解。
                   

   【設問(28)解答 選択肢2.】【難易度 大】
   「栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 28 )を含むセンテンスの
   前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
   Some + A節.(第3段落第1センテンス) → Others +B節. (第3段落
   第3センテンス)「~するものもあれば・・・するものも
   ある」と対立する対照的なセンテンス展開が基本。
   ( 28 )をサポートする後ろセンテンスも第3段落第1センテンスに
   対して対立する対照的なセンテンス展開の
   基本に従って選択肢4.を選んだ受験生が大半なのに正解は選択肢2.。
   ( 28 )の後ろ2センテンスをサポートする展開の役割と位置づけて
   ( 28 )に選択肢2.が入る難易度大応用問題。
   
                                  

(4)Meigs Field【難易度 中】

【設問(29)解答 選択肢4.】【難易度 大】
   「栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 29 )を含むセンテンスの
   前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
   第1段落第1センテンスMieigs Fieldを「時系列」で50年間はonce busiest
single-runway airport→Mar.30,2003にoperation came to an end(
   第2センテンス)→Since then,pending plans for conversion into a part
(第3センテンス)の展開。
   同時に選択肢をあてはめながらcame to an endの「理由」にあてはまる
選択肢の「言い換え」を( 29 )の後ろ第1段落第3~第5センテンスから、
   そして前第1段落第1センテンスから見つける。【正誤消去法】をつかって
   選択肢1.city politcis、選択肢2.recent agreementと選択肢3.budget
considerationの「言い換え」がなく、「理由」とはならず選択肢4.が
正解として残る。選択肢4.safety concernsの「言い換え」は第1段落
第1センテンスbusiest single-runway airportと第3センテンスのonce-bustling
airportだが明確に「言い換え」と断定できない難易度大設問。

   【設問(30)解答 選択肢3.】【難易度 小】
   「栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 30 )を含むセンテンスの
   前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
   第2段落第1センテンス( 30 )の前センテンスは第1段落最後センテンスで
   段落(話題を変える役割)が異なるので、選択肢を見ながら( 30 )は
   major Chicago newspaers がDeleyをcondemnする「理由」を( 30 )の
   後ろセンテンスから探し出す。第2段落第4センテンスAlthough polls had
shown Chicago residents ~の「言い換え」は選択肢3.で正解。
   選択肢1.と選択肢2.と選択肢4.は第2段落で「理由」として述べられず不正解。

  
   【設問(31)解答 選択肢1.】【難易度 大】
「栗坂式穴埋め速読方程式」に従って( 31 )を含むセンテンスの
   前後センテンスに正解ヒントがあると
   同時にそれらのセンテンスの代名詞を明確にするが原則。
   第3段落第2センテンス( 31 )の前の第3段落第1センテンスはmajor
differenceについて話してなく、( 31 )の「言い換え」ヒントは
   ( 31 )の後ろセンテンス、第3段落第3~第4センテンスの
differenceの具体事例がMeigs Fieldの場合は第4センテンス abrupt
   bulldozing~から、選択肢1.が正解と推測できる。選択肢2.と
   選択肢3.は第3段落で述べられず不正解。正解としてまぎらわしい選択肢4.は
   事実で第3段落第1センテンスDaley’s actions~に「共通点」として述べられ
   major differenceではなく不正解。

   

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法
----------------------------------------------------------------------–
【得点アップ実践法】ステップ1.
過去問の読解穴埋め大1問題を7分の制限時間内で解き、間違えた設問の
【原因】を見つける。
          ↓
【得点アップ実践法】ステップ2.
今のままの【解き方】では通用しないのだから、【実証済の新しい解き方を学ぶ】。
        ↓
【得点アップ実践法】ステップ3.
【読解穴埋め模擬問題のバカズをこなしながら、新しい解き方の効果確認後
 正解とそれを裏付ける「言い換え」を述べられて【初めて得点アップ実現】
*本番までこのステップ1.~3.を繰り返し
 圧倒的な読解穴埋め問題の場数をこなすが大前提。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題3.(読解内容一致問題)(113点満点中 20点 配点比率18%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度           
----------------------------------------------------------------------–
【中】→【大】 (対1月比)

----------------------------------------------------------------------–
■分析
----------------------------------------------------------------------–
(1) Ethics and Heart Transplants【難易度 大】

   【内容一致 問題作成パターン】(一部紹介)
   (1)7割が基本、3割が応用の設問作成パターンが原理原則。
     つまり500ワードで3つ設問ある1大問題は1つの設問が
     応用問題(難易度大)で、残り2つの設問は基本問題出題(難易度小)。
   【内容一致 落とし穴作成パターン】(一部紹介)
   (1)選択肢を2つまで絞り込めても、その2つがまぎらわしく
      しかも、その解答かどうか照らし合わせるべき、段落での「言い換え」を
      見つけにくい。

【設問(32)解答 選択肢2.】【難易度 大】
「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)surgical procedureとby Dr. Christiaan Barnardを含めた
    設問の解答は第1~第2段落の複数の段落にあり難易度を上げている。
第1段落第1センテンスOn December 3, 1967,~と、第2段落第4センテンス
    In South Africa, ~と、第5センテンスPhysician Raymond Hoffenberg~と
    第6センテンスWhat is more ~の計4センテンスが解答候補。選択肢と
    照らし合わせながら、選択肢1.は大意が述べられず不正解。選択肢3.は
    because以下のセンテンスが段落で述べられず不正解。選択肢4.もfailure
    以下が段落で述べられず不正解。正誤消却で選択肢2.が残るが
●【if の省略】:文語で条件節のifが省略されて、were(had, should等)+主語
    の語順になることがある。
if の省略が使われ、had physicians there not faced significant
restriction conerning heart transplants.→if physicians there had
not faced~.の語順となり、知識不足の場合は正解を導けないが、
    【正誤消却法】でも正解を絞り込める。
 
   【設問(33)解答 選択肢4.】【難易度 大】
「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)main driving force behind the U.s. medical panel’s
recommendation in 1986の所属する段落は、第3段落第4センテンス
Accordingly, in 1968,~のmain driving force= main reasonを第3段落から
    第3段落第1センテンスIn the wake of Bernard’s feat,~のlegally
acceptableと第3段落第3センテンスU.S. physicians wanted clear legal
assurance~のlegal assuranceがmain reasonになると推測できる。
選択肢1.は第3段落で大意と選択肢2.はdefinition of death used
by South Africaが間違いで削除し、選択肢3.か選択肢4.に絞り込める。
    選択肢3.はphysiciansはlegally acceptable を要求しているので
    better understandは間違い。よって選択肢4.が正解だが、その
   「言い換え」は第3段落第3センテンス(ehtanasia:mercy killngを知って
    いるが前提)が最も近いが、「言い換え」として
    断定できない難易度大のまぎらわしい選択肢。

   【設問(34)解答 選択肢3.】【難易度 大】
「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)one difference(definition of brain death)と
approach of medical authorities in the
United States and the United Kingdomの相違を述べているのは第4段落 
    第3センテンスFinally, in 2009, ~と第4センテンス
    By emphasizing the irreversible~はU.S.のdefinition of brain death。
    第4段落第5センテンスAuthorities in the United Kingdom~と
    第6センテンスTherefore, irreversible brainはU.Kの
    definition of brain death。と選択肢を照らし合わせながら、選択肢1.
    more freedomではなく明確にirreversible brain-stem dysfunction
がdefinition of brain deathで間違い。選択肢2.と選択肢4.は
    第4段落で大意が述べられず削除。選択肢3.のthe presence of
neural activity in areas of the brainはU.S.のみで一つの
    brain deathの定義づけ対象として検討されたが、U.K.では
    それではなくbrain stemを定義づけ対象としているので正解。 
    そこに知らない単語codifyingとrelevanceを使って難易度を上げ
    しかも選択肢1.と選択肢3.がまぎらわしいので難易度大。

(3)Titan and Life as We Don’t Know it【難易度 中】

   【設問(35)解答 選択肢3.】【難易度 中】
「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
   設問の名詞(句)true of Titanのtrueを述べている段落は
   第1段落第3センテンスTitan, the largest of the plane~
   から第1段落最後センテンスと第2段落全てに当てはまるため
   選択肢の正解を2段落にわたってその「言い換え」を
   見つける手間と時間を要す。
   選択肢1.solar system’s smaller planetsは述べられず不正解。
   選択肢2.it must have once been closer to the sun.も
   解答のある段落で述べられず不正解。選択肢3.は第1段落第5
   センテンスIt also has teh largest~と第6センテンスMehane,
a chemical compound~の「言い換え」で正解。選択肢4.は
incompatibleを知らなければまぎらわしい選択肢。正解段落で
   述べられていないincompatibleなので不正解。
   

   【設問(36)解答 選択肢1.】【難易度 中】
「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)Cassini spacecraft’s findings in
2010は第3段落の第1センテンスに含まれ、その詳細を後ろセンテンスが
サポートする展開。選択肢2.と選択肢4.は明らかに第3段落で
述べられない大意なので削除。選択肢1.と選択肢3.が残り
選択肢3.のTitan’s atmosphere than on its surfaceは
第3段落第2センテンスで明確にlife の可能性はthe moon’s sufaceと
述べられ不正解。
   選択肢1.のastrobiologistsのexistence of lifeの第2段落最後
   センテンスの「言い換え」と、第3段落第2センテンスIn 2010, Cassini’s
   ~の「言い換え」で正解。

   
   【設問(37)解答 選択肢4.】【難易度 大】
「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)Chris McKayとthe presence of
life in Titan は設問(36)と同じく第3段落にあり、彼の主張は
第3段落第6センテンスHowever, othere scientists, such~から
第8センテンスNontheless,if further anylysis~の3センテンスと、
選択肢を照らし合わせる設問だが、選択肢2.と選択肢4.が
まぎらわしい難易度大の設問。
   選択肢1.と選択肢3.は第3段落でのべられない大意なので削除。
   選択肢2.は第3段落最後センテンスNontheless,
if further anylysis~でStrobel’s calculationsのfurther analysis
   が前提条件でtwo possibilitiedの中にthere is life on Titanと
   述べ、前提条件がないために不正解だが制限時間内で、間違いと
   判断できる能力は、【圧倒的な模擬問題のバカズの量をこなさない
   限りは到底太刀打ちできない】。つまり迷ってばかりで
   正解を絞り込めず、あげくのはてに時間オーバーするとは
   実は【正解の精度率を大幅に下げる】要因にもなっている。
   選択肢4.は第3段落第4センテンスFurthermore, the flow of~の
   「言い換え」で正解。

(4)A Safer World?【難易度 小】

   【設問(38) 解答 選択肢4.】【難易度 小】
   「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)result o fthe publication
for Steven Pinker’s ideas in the 2006 magazin articleは
第3段落にあり正解センテンスがあると推測できる。第3段落
第3センテンスResearchers in many~と第3センテンス
Pinker was convinced~の「言い換え」が正解選択肢4.。
選択肢1.had criticized his previous work on
violence in societyが第3段落で述べられず不正解。選択肢2.は
   大意が第3段落で述べられず不正解。選択肢3.も大意が述べられず
   不正解。選択肢4.が素直に第3段落の2センテンスの「言い換え」で
   正解を探せる基本的な設問。

【設問(39) 解答 選択肢2.】【難易度 小】
「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)Pinkerとabout early
civilizationsをどの段落でnote したのかというと、
第4段落第2センテンスににearly civilizationがあるので
第4段落に解答があると推測できる。選択肢1.
   incompleteではなく第5段落第2センテンスOn the otehr hands, ~
   recorded for hundreds of yearsで間違い。選択肢2.は第4段落
   第2センテンスPinker’s evidence~と第3センテンスIn the West,~
   の「言い換え」で正解。ただし選択肢2.early civilizationと
prehistoric timesの時系列理解を要求するややトリッキーな選択肢。
   選択肢3.と選択肢4.は第4段落や第5段落で述べられず不正解。
   
   
【設問(40) 解答 選択肢1.】【難易度 小】
「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句)one explanationとPInkerとmodern Westerners’
perception of violence in societyをoffer している段落は第6段落
   に正解があると推測できる。選択肢1.は第6段落第3センテンス
   Perhaps, he says,~と第4センテンスThis may cause ~の「言い換え」
   で、正解。選択肢2.は大意が述べられず不正解。選択肢3.と
   選択肢4.も共に第6段落で大意が述べられず不正解。
 

   【設問(41) 解答 選択肢3.】【難易度大】
「栗坂式内容一致速読方程式」に従って
    設問の名詞(句))Michael Nagler and John Gray がPinkerを
critisizedした段落は、第8段落第2センテンスWhile he agrees~
    と第9段落第1センテンスBritish philosopher~と第2センテンス
    He points outの「言い換え」を選択肢と照らし合わせる。
    選択肢2.と選択肢3.がまぎらわしくて、制限時間内で「言い換え」
    を明確に発見しにくい難易度大設問。正解選択肢3.にmanifest(prove)
    の語彙力を問い、第8段落最後第2センテンスhile he agrees~と
    第9段落第1センテンスBritish philosopher~の「言い換え」判断が
    むずかしいが、正誤消却法で選択肢3.が正解。選択肢1.と選択肢2.
    そして、選択肢4.も批判の 内容と異なり不正解で正解選択肢3.を
    絞り込める。

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法 
----------------------------------------------------------------------–
●東京大学医学部家庭教師研究会代表の吉永賢一(東大理3卒)さんの
【合格に必要な得点アップ】のキモとなる3つの要素とは、暗記,
理解、そして【実践演習】のバカズが最も大事と指摘しています。
というのも、【実践練習】を通して
【覚えたつもり】、【分ったつもり】になっている問題点を
即刻【効果確認】でき【カイゼン点】を見いだし、また繰り返し【実践練習】で
【効果】をはかります。その繰り返しこそが【得点アップ】への近道。

●京都大学青谷正妥准教授【理学博士(数学)・教育学博士(英語教育)】
によると【得点アップ】の原理原則とは【制限時間】、【反復】、そして
吉永さんと同じく圧倒的な【量】で練習をつみ重ねるが【得点アップ】の原則。

●経済評論家の勝間和代にとって努力が報われるためには、【正しい方法論】で、
【正しい練習を繰り返すこと】。つまり圧倒的な【実践の繰り返し】こそが、
【得点アップへの最短距離】と明確に指摘されていらっしゃいます。

   ●【誰よりも早く確実に、必然の英検1級合格を導く】方法とは
     上記の御三方もご指摘していただいている通り
    【圧倒的な実践のバカズをこなす!】が
    【最短最速で必然の英検1級合格】を導きます。

         ↓  

   ●そのためには10月合格に向けて、
    ステップ1.英検1級過去問を制限時間内で解き、解けなかった問題の
         【原因】を探す。

    ステップ2.今の解き方では通用しないので、【新しい解き方=新しい攻め方
=解く順番まで示す栗坂式合格方程式】を学ぶ。

    ステップ3.【英検1級模擬問題のバカズ】をこなしながら、【新しい解き方】で
          【効果があるか成果確認】し成果が出れば【得点アップ実現】。

    残念ながら市販の英検1級参考書類では圧倒的なバカズは見込めず、
    しかも、【解き方】すら、何ひとつ示していません。
    同じ問題は本番で出題されないわけですから、
    敵を知るべく【新しい解き方=新しい攻め方=国内初!解く順番まで示す
    栗坂式合格方程式】の体得なしに、
    試験の難易度や、苦手なジャンルに毎回ふりまわされます。

         ↓

    ■そこで、一つの解決案として合格率38%実証済
   「解く順番まで示す栗坂式合格方程式(新しい解き方=新しい攻め方)」で解く
    合格率38%実証済栗坂式合格方程式で解く「1日40分コース」7日間
    無料トライアル受講のご案内をさしあげます。
         ↓
    http://www.eiken1kyucando.com/trial.html
    ●トライアルお申し込先メールアドレス:eiken1kyu@s50.xrea.com
    件名:「1日40分コース」7日間無料トライアル受講申込
    1.名前
    2.年齢
    3.職業
    4.住所
    5.【緊急連絡先】携帯電話番号【重要】
    6.課題配信先メールアドレス【重要】
    7.スカイプ名【重要】*ネット授業で音声のみ活用
-------------------------------------------------------—-
   ●英検1級受験対策CAN-DO SPIRIT COACH「1日40分コース」とは?
-------------------------------------------------------—-
   ●最短最速で必然の合格実現!=【日本一の模擬実践バカズ】+【日本一のカイゼン数】
   (1)1カ月間のコースで、月平均25日間「1日40分以内で解ける模擬テスト
      (解き方、技術訓練付)」配信。
      読解模擬問題、リスニング模擬問題、速読技術訓練は月平均25日間配信。
      ●そして、週単位で「出る順パス単(2012年3月発売)」の200単語暗記実践の
      理解度確認の場、「単熟語模擬テスト」を毎日曜日配信(月4回)。
   (2)週単位の成果数値表を基に毎日曜日「カイゼン実践法アドバイス」提供。
   (3)週単位の理解度確認の道場、毎日曜日定期開催「伝説ネット授業」提供。

  

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
問題4.(英作問題)(113点満点中 28点 配点比率25%)
■難易度
■分析 
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度                 
----------------------------------------------------------------------–
【大】→【中】(対1月比)

----------------------------------------------------------------------–
■分析 
----------------------------------------------------------------------–
(1)英作は改訂後の9年にわたる過去27回分の出題トピックは88%が
   「国際・国内社会問題ジャンル」の 問題作成パターン。

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法 
----------------------------------------------------------------------–

(1)採点対象の6割を占める『ひながた(=論理=ロジック=読み手が
   最も理解しやすいきまりごと)』体得を『CAN-DO SPIRIT COACH
   27日間英作基本構造展開体得特訓コース』で
   12回の英作トピック課題作成→【国内1早い提出後24時間以内添削返却!】を通して、
   「ひながたを本番で自動的に書けるレベル」を僅か1カ月間で達成。

『英検1級27日間英作基本構成展開体得集中特訓コース』  ↓ 

  http://www.eiken1kyucando.com/write-read.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
リスニング問題パート1~4 (113点満点中 34点 配点比率30%)
■難易度
■分析
■合格実践法
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 
----------------------------------------------------------------------–
■難易度(対1月比)
----------------------------------------------------------------------–
リスニング問題(パート1.(会話)):       ■難易度【中】変わらず

リスニング問題(パート2.(パッセージ)):   ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート3.(リアルライフ)):  ■難易度【大】変わらず

リスニング問題(パート4.(インタビュー)):  ■難易度【大】→【中】

----------------------------------------------------------------------–

----------------------------------------------------------------------–
■分析
----------------------------------------------------------------------–

(1)パート1.(会話)の難易度は1月と比較して【中】と変わらず。

(2)パート2.(パッセージ)は情報量が
   多くて整理が追いつかずに難易度大と変わらず。

(3)パート3.(リアルライフ)は2012年6月出題と同様に難易度大。
   【難易度大音声作成パターン】は
   音声を聞きながら「条件」を整理しようにも情報量が多すぎて
   メモが追いつかない。だからこそ、【一次筆記で先読み10分確保】が
   絶対必須。合格者は先読みがもたらす『余裕』さえあれば、
   『集中力をいかんなく発揮できる』ことを改めて実証。

(4)パート4.(インタビュー)はインタビューアーの設問とインタビューされる
   プロフェショナルの答えの名詞さえおさえれば、設問の選択肢を絞り込める。

----------------------------------------------------------------------–
■合格実践法
----------------------------------------------------------------------–

(1)難易度大のパート2.(パッセージ)とパート3.(リアルライフ)の
  【設問の流れ】を熟知。実際にリスニング過去問のみ解いて、
   解けなかった問題の【原因】を探る。そして、【先読みを
   含めた新しい解き方を学ぶ】。難易度大に一切振り回されない【解き方】を
   学び、【模擬問題バカズをこなしながら効果確認→正解+正解選択肢の
   「言い換え」の音声をアウトプット後、初めて得点アップ実現!】
   そのサイクルを短期集中でこなし続ければ本番で7割ゲットできます。
   同時に技術訓練は毎日社会問題の音声をシャドーイング20分実践。
   VOA→http://bit.ly/11j1NSE

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

こんにちは、CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)の栗坂です。

この9年間、連日連夜、どうやったら【最短最速で英検1級合格できるのか?】を
累計10,759人の英検1級受験生への38%合格率実証済栗坂式合格方程式を
用いた合格実践法コーチングアドバイスを差し上げながら探し求め続けながら
【合格者パターン】の共通点が明確に存在します。

●それは、【模擬問題の圧倒的なバカズを実践した受験生は必然の合格を引き寄せる】
 につきます。

そして、英作を除き全ての設問は4択ですから、【敵を知る=問題作成パターン、落とし穴
作成パターン】ことが何よりも【大学受験同様に傾向と対策を知るが原理原則】です。

●【合格者パターン】は
【二刀流で攻める=理解50%~70%でOK+選択肢の精度アップの技術を磨く】ことで
速読技術を磨きながら【制限時間内で問題をしっかりと解いています】。

そこには実証済の【解き方】なしでは到底太刀打ちできません。

幸いにもCAN-DO SPIRIT COACHの圧倒的な価値は【解き方順番まで示す栗坂式合格方程式】を
生み出した。

それはまぎれなもなく、9年間にわたって
多くの受験生の皆さまが支えてくれたから他になりません。

10月合格実現のために、合格率38%実証済【解き方順番まで示す栗坂式合格方程式】で解く
【国内ダントツ1位の圧倒的な
模擬問題バカズの実践の環境をご提供さしあげる】ことによって
本気であなたの合格を今後も実現させ続けたいと思います。

最後の最後まで長い間お付き合いいただいて、改めてありがとうございました。

CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)
http://www.eiken1kyucando.com/

栗坂幸四郎

ページの先頭に戻る