英検1級合格栗坂方程式ブログ

■『本番20分で作成実現「栗坂式英作方程式」』

『本番20分で作成実現「栗坂式英作方程式」』

こんにちは、CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)の栗坂です。

---------------------------------------------------------------------------—-
         2月24日(金)付、本日分ツイッターのつぶやき
     【累計8766人目受験生への英検1級合格実践法コーチングプロの気づき】
---------------------------------------------------------------------------—-

(1)【合格者パターン】 一次試験日翌日の解答速報後1月23日(月)の時点で
             6月受験するのかどうか?受験する理由は?合格後どう生かしたいのか?
             を明確にしている。つまり9割の不合格者と異なり【圧倒的な
             行動力】こそが、カイゼンのバカズを増やし続け必然の合格を実現。

(2)【不合格者パターン】本番に弱い受験生は7割。プレッシャー対策のための
             「あらゆる試練に打ち勝つ強さ」をつちかう訓練と
             「130分集中力を出し切る体力」強化なしで本番に臨む残念な受験生。       

(3)【不合格者パターン】2011年6月と10月の一次試験で読解内容一致問題8割ゲットでき
             合格圏内10点内達成したにもかかわらず2012年1月の一次試験では
             合格まで20点もガタ落ちした難易度大読解問題に弱さを露呈し難易度大
             トラウマをいつまで立っても克服できない残念な受験生。            

(4)【不合格者パターン】合否を決定づける読解の「解き方」と「速読」技術を短期集中的に
             体得なしのまま本番に臨む残念な受験生。

(5)【合格者パターン】「合格まであと何点でした。」と人前で明かさない。
            要は本番で、1.スピーディーに2.精度を伴って
            3.自動的に解ける レベルまで「高い基準の輪の中で
            解き方解説付き模擬問題のバカズ」をマックス化するしないか
            だけで合否確率を無限にあげられる英検1級受験準備の本質を
            知り尽くしている。

---------------------------------------------------------------------------—-
●栗坂のツイッターのマイページのフォロー(無料登録)はこちら
---------------------------------------------------------------------------—-
 https://twitter.com/#!/KoshiroKurisaka
---------------------------------------------------------------------------—-

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
     『2012年1月22日英検1級合格発表迄の、全スケジュール』 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

(×)(1)2012年1月22日(日)英検1級1次筆記試験日
【終了】
              ↓

(×)(2)1月23日(月)英検1級1次筆記試験解答速報【13時頃 英検協会ウェブサイト上】
【終了】  *英作を除く、85点満点中素点で60点(正答率7割)以上は【二次受験対策必要】

              ↓

(×)(3)1月31日(火)合格点発表【15時頃、英検協会ウェブサイト上】
【終了】  【1次試験日翌日から9日後】

              ↓

(×)(4)2月3日(金)英検1級1次試験合否速報【15時頃 英検協会ウェブサイト上】
【終了】  【1次試験日翌日から12日後】

  ↓

(×)(5)2012年2月19日(日)英検1級2次試験日
【終了】  【1次試験日翌日から27日後】

  ↓

(●)(6)2月28日(火)英検1級2次試験合否速報【15時頃 英検協会ウェブサイト上】
      【2次試験翌日から9日後】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 
それでは、本日のトピック『本番20分で作成実現「栗坂式英作方程式」』にまいりましょう!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
     『本番20分で省エネ英作作成実現「栗坂式英作方程式」』
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

(1)【読み手が最も分かりやすく理解できるきまりごと「ひながた」】を
   使って自分の主張を伝える。(各回平均受験生8600人中10%の合格者パターン)

(2)「ひながた」パターンの種類がどうであれ【「ひながた」で英作作成
   するかぎりは「基本に忠実」】だからこそ、東大入試の英作課題と同様に
   採点官は【減点のしようがない。】(「栗坂式英作方程式」を学んだ受講生
   過去8年平均点実績正答率64%の18点で累計11名が満点実績))

(3)8年間の累計7027回英検1級英作添削実績をもとに
   本試験の英作採点者が受験生に求める英作採点基準とは
   【「問題作成者が求める主張を書く」】。

(4)求められる主張から逸脱した英作文は、限りなく減点されるだけの
   英検1級英作採点は2点減点方式だからこそ、【「5分の見直し」が絶対不可欠。】
   (一受験生平均ケアレスミス2箇所=-2点×2か所=-4点減点とは、もったいないミス!!!)
   ●20分栗坂式英作時間戦略方程式=5分(結論と理由)+10分(事例)+5分(見直し)

(7 【簡潔明快短文】(中学・高校レベルの単語は基本に忠実だからこそ
   減点のしようがない!)

(8)文章を読み手に一読後に納得してもらうためには、【一行目に『結論』が
   何よりも大切。】英検1級採点官にとって『結論』が最初に理解できれば
   一切の手間と労力をかけずに、スムーズに採点できるサービス精神を
   発揮せよ!!!【■エッセイは圧倒的に一行目で決まる。】

(9)一読後だけで納得できる【客観性を伴う主張】。

(10)【ネガティブな主張、批判や、ユニークな主張は、使用禁止!】

(11)【POINTSは、「結論」を肯定か否定の即刻導き出す、省エネ英作作成重要ツール。】
     つまりPOINTSを使って「結論」をサポートする「理由」を第2段落~
     第4段落の第1センテンスに作成。

----------------------------------------------------------------------–
(例)2011年1月23日英検1級一次筆記試験英作問題トピック課題
----------------------------------------------------------------------–
TOPIC
Are prisons an effective way to deal with criminals?

POINTS
●Costs
●Crime deterrence
●Human rights
●Public safety
●Punishment
●Rehabilitation

*下記センテンスの、【  】内の単語はPOINTSを示す。

*模範解答は否定の「結論」だが、「結論」は否定であろうが、肯定であろうが
過去2年間どちらでも、「結論」を明確にサポートする「理由」と「事例」を
伴えば、平等に採点評価されると過去問採点結果データ裏付け済。

----------------------------------------------------------------------–
●第1段落第1センテンス
----------------------------------------------------------------------–
Prisons are an effective way to deal with criminals.(「結論」)
→「結論」をサポートする「事例」センテンス→「結論」をサポートする
「理由」を紹介するイントロセンテンス

----------------------------------------------------------------------–
●第2段落第1センテンス(「結論」の「理由」)
----------------------------------------------------------------------–
Prisons still play an important role in maintaining 【crime deterrence】.
→「理由」をサポートする「事例」センテンス→「事例」の詳細センテンス

----------------------------------------------------------------------–
●第2段落第1センテンス(「結論」の「理由」)
----------------------------------------------------------------------–
Prisons contributes to execute a 【punishment】 for criminals to pay a price.
→「理由」をサポートする「事例」センテンス→「事例」の詳細センテンス

----------------------------------------------------------------------–
●第2段落第1センテンス(「結論」の「理由」)
----------------------------------------------------------------------–
Prisons also brings out a part of 【rehabilitation】to put criminals back into
the real world.→「理由」をサポートする「事例」センテンス→「事例」の詳細センテンス

----------------------------------------------------------------------–
●第5段落第1センテンス(「結論」の「言い換え」)
----------------------------------------------------------------------–
Prisons cope with criminals in an efficient system.

----------------------------------------------------------------------–

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

●服部孝彦先生は、NHK英語教育番組や早稲田、法政大、大妻女子大、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ケンタッキー州立ミュレー大などの講師で、中学校の英語の教科書『ニューホライズン』の
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
編著者、さらに英語検定試験 統括監修官や日本実用英語検定試験1級面接委員
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
らしいのですが、 ちらっと触れた論文の書き方
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(結論から入り、理由付けで1,2,・・・最後結論の言い換えでしめるなど)は、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まさに「栗坂英作方程式」と全く同じ「ひながた」です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この書き方をしていないと意味がわからないので『読まない』『聞かない』と明確に言及しています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●英検1級英作採点官は、内容うんぬんよりも、『読み手に最も分かりやすく読んでもらう
 「ひながた」』を守っているかどうかを、最優先して採点するからです。

英作採点官も同様に、「ひながた」を使っていない英作は全くもって『読む気をそがれる』と
服部孝彦先生と同様なメンタリティで英作採点に臨んでいるのです。

先日、プロの翻訳チェッカーからも同様なコメントをいただきました。

●『大事なのは、『読み手に最も分かりやすく読んでもらう「ひながた」』を使って初めてこそ、
  読み手(採点官)が読む気を起こす現実を受験生にも知って欲しいですね。』

気をつけなければならないのは、英作には解答は模範回答のみの1つではありません。

2011年1月23日の一次筆記試験英作問題のトピックは、
Are prisons an effective way to deal with criminals?
で、模範回答には否定の結論ですが、肯定の結論でも
結論をサポートする理由と事例が明確であれば採点に
全く影響ないのが採点方式です。

●しかも「ひながた」パターンだけでも複数あり、あなたの合否は、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すべて採点官にゆだねられていると
~~~~~~~~~~~~~~~~
キモに命じて、採点官と全く同じメンタリティを兼ね備えた
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【プロの添削者から英作模擬問題作成のバカズを通して短期集中的にかつ徹底的に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 添削を受ける訓練を受ける】が最も効果的であり、一生の財産に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なる自己投資であると確固たる確信をもってお伝えできます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英検1級英作で求められる英作レベルは、決して能力のよしあしの問題ではなく、
読み手に最も分かりやすくつたえるきまりごとである「ひながた」作成
実践を通して、自動的に体得したもの勝ちです。

本番の限られた時間内というプレッシャーのもとで、
スピーディーに、正解の精度を伴い、
オートマチックに英作課題を解けるべく
『本番で使い物になる実力』とは、参考書の知識ノウハウではなく
『英作模擬問題実践の仕組み』を通してプロの力(カイゼン力のプロ)を借りるのは
言うまでもありません。

●つまることろ、英検1級英作とは、第3者によるプロ添削者を通してのみカイゼンできる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 バカズを無限にマックス化でき、本番でスピーディーに、精度を伴い、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 自動的に書けるほんものの実力を備えられる唯一の方法。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(『【改訂版】ダントツ簡単栗坂英作方程式』のテキスト詳細はメルマガ最上段参照)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
CAN-DO SPIRIT COACH『英検1級27日間英作基本構成展開体得集中特訓コース』受講【メリット】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

(1)書く力がつくと、確実に読む力もアップする。書く側にたつと、書き手の
   思考回路により近づくことができるので、読む力が格段につき
   速読から得るものが非常に大きくなる。【速読劇的アップ】

(2)英検1級二次試験対策をそのまま兼ねた効率効果の極めつけ。【二次試験対策】

(3)一生の財産「自分の伝えたい主張」を文章で伝えられる能力体得。

●『英検1級27日間英作基本構成展開体得集中特訓コース』のご案内【現在も受付中!】

             ↓

   http://www.eiken1kyucando.com/write-read.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
CAN-DO SPIRIT COACH『英検1級27日間英作基本構成展開体得集中特訓コース』【受講生の声】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

★「自らの目を疑いましたよ。作文(28/28)です。
  悟ったことはこの試験、強いパートが2分野あれば、合格できますよ。
 英作は配点も高く、得意パートにするには持って来いのパートです。
  栗坂氏のご指導を受けましたcan-do spirit coarchです。
  氏の英作メソッドは5パラ構成で全てを型にはめ込む、栗坂英作方程式。
  一度、ホームページを覗いてみてください。
 栗坂方程式。型を決めたら、真っ直ぐ前へです。ぜひ、皆さんも活用してください。」

★「要は如何に最小限の労力で合格最低点をクリアするか。栗坂さんの英作基本構成
  展開体得集中特訓コース要領を習得するのに確かによいです。
  私も毎日お世話になってます。ここは我流を捨て先人者に頭を下げ教えを請うのが
  一番の早道だと進言申し上げたい。失礼ながら。」

★「栗坂氏にご指導頂いたとおりに高校生にもわかる簡単な英語でトピック、理由、例を
  繰返しただけで す。一旦、メソッドを叩き込まれると試験場で使いたくなりました。
  核ミサイルを持つと馬鹿の一つ 覚えみたいに打ちたくなる隣の隣の国みたいにね。(笑)
  しかし、こんな私でも満点取れるなら皆さんもぜひ、
  氏のスクールcan-do-spiritを覗いて見てください。」

★「目からうろこと言いますか、こういうことなんだ~と参考になります。私は、いかに
  だらだらと的を得ない英作を書いていたんだな~と思いました。」

★「前回は英作文が10点(10点→24点にアップ!)しか取れず、とても悔しい思いを
  しましたが、いまおそるおそる合格閲覧を見ましたら、今回合格していることが
  わかりました。内容は語彙    17/25空欄補充  3/6内容把握 18/20会話文
  11/14一般文    8/20作文    24/28合計    81合格点からわずか
  1点こえての合格です。得意な語彙問題も今回は文脈を取り違えてこれまでの最低点、
  空欄補充も、あとで読み返していると、文脈を読みきれておらず、リスニングも惨敗と、
  今日までとても合格を確信できるどころではありませんでした。
  ただ、英作文は栗坂さんに教わった通り「栗坂英作方程式」でやりましたよ。」

★「この度、英検1級に合格し、栗坂さんにお礼を言いたくメールさせていただきました。
  『栗坂英作方程式』が大変役にたち、ありがとうございました。栗坂さんの
  『栗坂英作方程式』に基づき書いてみて、前回16点だった英作分がなんとか20点
  とれましたので、この4点アップは大きかったと思います。」

★「先生大変お世話になりました。すばらしいコースでした。これまで英作文でずいぶん
  手を焼いてきましたが栗坂英作方程式の講義を受けた後は書けるような気になりました。
  栗坂英作方程式でさっそく自分で書いてみようと思います。一次試験に合格して
  二次試験対策で先生にお世話になれるようにラストスパートをかけます。」

★「27日間の英作特訓ありがとうございました。といってもまだ未提出の課題を
  抱えているのですが・・・今週火曜日の分もプラスで添削してくださるとのこと
  ありがとうございます。自分ではうまくやっているつもりのところを添削で鋭く
  突いてくださるので、欠点が分かります。英作はプロの先生にお任せして
  見ていただくのと自分で勝手に書くのとでは、本当違いますね。大感謝です。」

★「一昨日、NHK服部孝彦先生の講演を聞いてきたのですが、栗坂さんの
 『栗坂英作方程式』に更なる確信を抱きましたよ! 」

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

最後の最後まで本気でお付き合いいただき、ありがとうございます。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  38%合格実績を生み出した合格請負人のノウハウ
  『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
   ¥30,000円分の価値を5日間連続無料自動配信中!
 無料登録はこちら→ https://www.mshonin.com/form/?id=18919963
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

ひとりの人間のできることは、限られています。
『実績済み ⇒ 小学生以上誰でも理解できる ⇒ 即効で結果を伴う』をモットーに

・英検1級メルマガダントツ日本一3928人登録者数【英検1級受験者8,600人中なんと46%が登録!】
・ダントツ日本一8873種類の英検1級模擬問題作成実績
・ダントツ日本一累計8766人の英検1級受験生への合格実践法コーチング実績
・国内初、合格率38%最短最速合格への解き方『栗坂方程式』を生み出した英検1級eラーニングコーチ
★「2012年1月一次試験合格点予測+分析+6月対策実践法」→ http://amba.to/ygqSKS

『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
シリーズ1/5 単語暗記     実践法【●最新2012年1月傾向と6月合格実践法+栗坂式パス単CD単語暗記実践法】
シリーズ2/5 リスニング     実践法
シリーズ3/5 まぐれが一切通用しない試験への備え実践法【栗坂式時間配分攻略方程式+メンタル強化対策+集中力対策】      
シリーズ4/5 速読        実践法
シリーズ5/5 英作  実践法【速読+2次対策+ビジネス英語連動学習】
   
◆◆市販価格¥30,000円分の『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』を
  無料登録すればなんと5日間連続シリーズで無料配信いたします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

無料メルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』(365日年中無休配信)
 
  発行責任者:  栗坂幸四郎
  発行元:    CAN-DO SPIRIT COACH
                   (英検1級eラーニングコーチ)
  ●栗坂のツイッターのマイページ: https://twitter.com/#!/KoshiroKurisaka
●栗坂のFacebook:         http://www.facebook.com/koshirokurisaka
---------------------------------------------------------------------------—-
●【無料】土日定期開催「英検1級合格実践道場」2月25日(土)、26日(日)
【自宅PC+無料ソフトスカイプで手軽に参加】申込はこちら!→ http://on.fb.me/hvocyG
---------------------------------------------------------------------------—-
★「2012年1月一次試験合格点予測+分析+6月対策実践法」→ http://amba.to/ygqSKS
  ●英検1級合格栗坂方程式ブログ:  http://ameblo.jp/koshirokurisaka
  ●CAN-DO SPIRIT COACHウェブサイト:http://www.eiken1kyucando.com
  お問い合わせ、ご意見大歓迎です⇒ eiken1kyu@s50.xrea.com
  登録・解除はこちらからです⇒  http://archive.mag2.com/0000132646/index.html

  『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』本文は著作権により
  保護されていますが、あなたの勉強のお役に立てるのであれば、
  商用の場合を除き、ご自由に転送、転載していただいて構いません。
  ただ、その際には、
  『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』と、出典を明らかにしてくださいね。

  Copyright(c) 2004-2012 CAN-DO SPIRIT COACH. All rights reserved. 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ページの先頭に戻る