英検1級合格栗坂方程式ブログ

■『【新傾向対応】英検1級合格栗坂式実践法 Q&Aその7.』

■『【新傾向対応】英検1級合格栗坂式実践法 Q&Aその7.』
  

こんにちは、CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)の栗坂です。

先週参加した経済評論家勝間和代さんの「最後の英語やり直し!」
出版記念講演会の続編です。

勝間和代さんは「何をやれば英語学習で結果を出せるのか」について五つの点を指摘し、
特に5.の語彙の知識を増やさない限りは英語は伸びないと当たり前のことを
当たり前のように強調していることが、逆に新鮮に感じました。

●「最後の英語やり直し!」勝間和代著 → http://amzn.to/1i3CYO0

1.インプット(聞く、読む)が基本だが、アウトプット(話す、書くはインプットの
  5分の1くらいで構わない)も必要。

2.自分が分かるものや興味があるものを、読んだり、聞いたりする時間を増やすこと。

3.英語そのものを勉強するのではなく、英語で情報を得る。英語と別の活動を
  結びつけるなど、英語を活用すること。

4.とにかく、モチベーションを保ち続けること。

5.語彙が増えなければ意味がない。

英語が苦手だ、なかなか通じない、という人の問題は、
「英語との接触時間が足りない」か「語彙(単語力)が足りない」か、ほぼそのどちらか、
あるいはその両方だと指摘します。

特に、文法おかまいなしの英会話の場合、単語さえ並べば、あるいは単語さえ
聞き取れれば、通じる言語なのです。

これには、ぼくも思わず「そうですよね!」とうなずいてしまいました。(笑)

実話なのですが、こういう事例があります。

香港で、ヴィトンやプラダが立ち並ぶリー・ガーデンズショッピングモールの
すぐそばにある、地元のコピー・ブランドショップが本物のブランドショップと
ひけをとらずに大繁盛しています。

そこの稼ぎ頭のおじいちゃん(香港人で英語は学んだ事がありません!)が使う英語は3単語のみ。

何だと思われますでしょうか?

”You"

"Cheap"

そして、"Buy"

おじいちゃんはその3つの単語だけ覚え、
ひとり一人のお客さんに順番を変えて、満面の笑みで伝えるだけ。(笑)

それだけで年間の売り上げが、高級ブランドにひけをとらない儲けを
生みだす英単語の威力にはおみそれいたしました。

話はもとにもどって、インプットが圧倒的に重要なのは間違いありません。
自分の好きな分野の情報を中心に、浴びるように英語をインプットすることで
単語力も伸びてきます。

次に「英語学習の方法論」の中には、「客観性」を取り入れる必要があると主張します。

自分の学習の進度を、ある程度客観的に自分自身が掌握しなければならないのです。

●そのためには、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(カイゼン)という
 一連の活動の頭文字をとった「PDCAサイクル」が基本となります。

例えば、TOEICのPlan(計画)は900点スコアを12月迄に達成する「目標」を立てる。

次に、Do(実行)は、TOEICの勉強をして、実際に試験を受けてみる。

すると、受験の1カ月後に結果が判明するのでCheck(評価)する。

Check(評価)しながら、できなかった設問をどうやったらできるように
なるのか考えて、カイゼンしていく。これがAct(カイゼン)。

この繰り返しで、もうひとつ次の段階に進んでまた
Plan(計画)を立てる。

これが、英語における「PDCAサイクル」と説明しています。

勝間和代さんご自身が20数年にわたって試行錯誤された、
英語上達法は、全ての人にあてはまるとは
言いかねますが、普遍的なことは英語学習は時間がかかり、
時間さえかければ、英語がうまくなる、わけではないという意見に
全くその通りだと思いました。

それでは、本日のトピック
『【新傾向対応】英検1級合格栗坂式実践法 Q&Aその7.』にまいりましょう。

新年度に入ると、色々な問い合わせが急増します。

その中でも、6月8日の一次試験で今回も出題予想される
難易度大の読解(穴埋め・内容一致)問題や、同様に難易度大のリスニングパート2.
(パッセージ)や、パート3.(リアルライフ)対策に
不可欠な技術、「速読・速聴」についての
実践方法のやりかたについて数多くのお問い合わせをいただいているので、
今回は小学生5年生以上誰でも解る内容で回答をさしあげたいと思います。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
●Q:「1月に実施された一次試験結果は69点で合格まで9点足りませんでした。

先日、1月の過去問を3カ月ぶりにやってみました。

一次試験と同じく筆記試験は100分で解くはずが、15分も時間オーバーしてしまいした。
単語は7割、読解の穴埋めは5割で、
時間オーバーした内容一致で8割を正解しました。

どうしても理解しようとして精読するくせから抜けきれないのが原因みたいです。

英作は1月受験の際、18点取れているのでその当時のレベルと変わらないと思います。

リスニングは全体の34点満点で17点のちょうど5割しかありません。

全部あわせて72点取れましたが、6月の合格の可能性はどのくらいでしょう?

それから、今から何を準備すればよいのでしょうか?」
【OF様】
      
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
----------------------------------------------------------------------–
●Q:
>一次試験と同じく筆記試験は100分で解くはずが、15分も時間オーバーしてしまいした。
>単語は7割、読解の穴埋めは5割で、
>時間オーバーした内容一致で8割を正解しました。

>どうしても理解しようとして精読するくせから抜けきれないのが原因みたいです。
----------------------------------------------------------------------–

●A:読解で時間オーバーするカイゼン策は、出題率大トピック
   課題(社会問題、科学、歴史)を【リテンション短期集中実践】で
   1カ月足らずで、「速読・速聴」を即刻解決できます。最も効果的なのは
   英検1級の「傾向と対策」を知り尽くしたプロによるスカイプ個人指導です。

●使用教材: VOA Science and Technology → http://bit.ly/RxrcGO
  VOA Health      → http://bit.ly/1ljUFg4

●リテンション(記憶保持)実践法(プロ通訳スクールで導入されている実証済み技術訓練)

Sleep Loss

Those of us who sleep longer on weekends to try to make up for the time
we didn’t get enough sleep during the week may actually be losing some brain cells.
According to University of Pennsylvania neuroscientist Sigrid Veasey, the common
idea that the ‘sleep debt’ can be replenished by getting extra sleep days later
may be a myth. After putting a bunch of laboratory mice on a schedule similar
to one people doing shift work experience, Veasey and her team discovered that
the mice brains lost up to 25 percent of the neurons associated with alertness
and cognitive functioning. Writing in the Journal of Neuroscience, she explains
that when mice lose a little sleep, their brains respond by creating more of
a protein called sirtuin type 3, which energizes and protects the neurons.
But when the loss of sleep became habitual, release of the protein stopped
and depletion of neurons accelerated. Veasey and her group now plan to study
the brains of deceased shift workers to see whether the same damage
can be detected in humans.

177words

ステップ1.3分以内で、各センテンスの最初の単語の最初の大文字アルファベットのみ
      ラインマーカを引きながら、各センテンスの重要な名詞(句)や、動詞や
      目的語、補語を暗記後、原稿を見ずにアウトプット練習実践。

ステップ2.文法は一切無視して、まずは名詞(句)を覚え、そのセンテンスが
      「理解」できない場合は、動詞を付け加えながら覚える箇所を最小限に
      押さえるが速読体得への近道。同時に、リスニングの速聴体得も兼ね、
      ハードな練習だからこそ、力は着実についていきます。

●各センテンスリテンション解答
第1センテンス Those, didn’t get enough sleep, lose some brain cells,
第2センテンス Veasey, say, common idea, sleep debt, replenished by extra sleep later, myth,
第3センテンス After mice lab, similar to shift work, Veasey, discovered, mice brain
lost quarter of neurons,
第4センテンス she, explains, when mice lose, little sleep, brains, create ,
protein, sirtuin type 3, energize
第5センテンス But when loss of sleep, habitual, protein stopped,
第6センテンス Veasey plan to study brain of dead shift worker, to see same damage,

ステップ3.累計3回、3分以内でリテンション訓練でアウトプット練習を繰り返しながら
      解答と照らし合わせて、正答率6割達成を目指す。

ステップ4.5分以内で、各センテンスを、2つの漢字で何を最も伝えたいのか、まとめる。
      絞りだす漢字はは、正しいリテンション訓練を経た名詞(句)や
      動詞がヒントとなる。

●各センテンスまとめ解答
第1センテンス 結論
第1センテンス 否定
第1センテンス 発見
第1センテンス 詳細
第1センテンス 言い換え
第1センテンス 予定

----------------------------------------------------------------------– 
●Q:
>総合点で79点取れましたが、6月の合格の可能性はどのくらいでしょう?
----------------------------------------------------------------------–
●A:一次筆記試験の持ち時間100分以内で終えてなく、15分もオーバーした総合点は、
   残念ながら一切参考になりません。今現在の実力を正確に測るために、
   2013年度第2回(2013年10月実施)の過去問を制限時間厳守を大前提に
解いてみて下さい。英作の結果は、英検1級の傾向と対策を知り尽くした
   プロに有料で依頼しましょう。
   制限時間内で解いた総合点があなたの、現時点での実力をはかる物差しとなりますから。

●英検協会の英検1級過去問→ http://bit.ly/1hWTSC4

   それゆえ1月に受験した一次試験すら、参考にはならない覚悟が必要です。

   その理由は、仮に1月の一次受験後の3カ月間、「何を?」「どう準備したのか?」
   次第で1月の一次結果の69点を下に10点(59点)、そして上に10点(79点)上がる
   可能性は十分あるからです。

   質問いただいた「6月の合格の可能性」の回答は、【客観的な
   今の実力をはかる結果と、この3カ月間に「何を?」「どう準備したのか?」
   具体的な説明が必要です。】それなしに、回答いたしかなねます。

----------------------------------------------------------------------–
●Q:
>それから、今から何を準備すればよいのでしょうか?」
----------------------------------------------------------------------–
●A:準備の基本として、最初に「敵を知れ!」が最優先となります。

敵を知らずして、無駄のない最短最速の合格実現は絵に書いた餅になりますので。

●敵とは、英検1級問題作成者は誰?   → 早慶上智クラスの大学教授(10人から構成)
                     これらの大学教授は、大学受験問題作成プロ。

●英検1級出題問題は大学入試同様の「ひねった問題だらけ」  
                   → だからこそ、「傾向と対策」なしに
                     合格の可能性は厳しいという認識は必要。
                    (2011年度平均合格率9.6%
                     2012年度平均合格率10%
                     2013年度平均合格率10.4%)

●大学レベルの偏差値に当てはめて考えると? →「英検1級+TOEIC 900点レベル」は、
                        偏差値70ぐらいの早慶上智卒業レベル。

●上田イッチー先生のブログ参照 → http://bit.ly/1gTSSu4

●大学受験問題作成プロが作成した問題を
 「独学」で準備した合格の可能性は? → 大学受験問題作成プロが作成した問題を
                     「独学」で準備する高校の受験生が
いるなら教えて下さい。高校生全員が
                     「傾向と対策」を知り尽くしたプロ集団の
                     「大学受験予備校」に通いますよね。

                     英検1級受験も然り。「傾向と対策」を
                     知り尽くした「英検1級対策スクール」で
                     最短最速合格実現を目指すが王道。

                     ただし、ほんものの「英検1級対策スクール」が
                     国内では少ないので、判断基準は1.実績は?
                     2.解りやすい教え方。3.即刻結果を伴う?
                     の1.~3.を直接「英検1級対策スクール」に
                     聞いて自ら判断しましょう。1.~3.に答え
                     られないようなスクールなら、
                     お金をドブに捨てるようなものですから要注意です。

●具体的に「何を?」「どう準備する?」→ 下記の科目は全て「継続学習」実践が前提となります。

●1.単語 

英検1級一次試験問題 問題1.単熟語問題における平均出題率60%を10年連続達成!
「でる順パス単英検1級」旺文社著 を音声を使って週200単語、一英単語→一和訳を
自動的に答えられるように暗記実践 → 毎週末に理解度確認の模擬テスト受験で成果確認。

●栗坂式でる順パス単暗記実践法 の詳細を知りたいなら、
無料メール 『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
シリーズ1/5 単語暗記     実践法
【●最新2014年1月傾向と6月合格実践法+栗坂式でる順パス単暗記実践法】に無料登録ください。
無料登録はこちら→ https://www.mshonin.com/form/?id=18919963

●2.読解

技術訓練: 「速読」体得のためのリテンション(記憶保持)を出題率大(社会問題、
      科学、歴史)のトピック課題(200ワード)でバカズを最大化。
      (プロ通訳スクールで導入されている実証済み技術訓練)

解き方+模擬問題バカズマックス化:  
      「傾向と対策」を知り尽くしたプロから、直接「最短最速でどう解くか、
       解き方を学び、出題率大の読解(穴埋め・内容一致)模擬問題の
       バカズを最大限こなしながら、週1回成果確認と、カイゼンアドバイスを
       受ける。」

●3.英作 

ロジック=論理対策: 読み手が最も理解しやすい「きまりごと=ひながた」を
           1カ月間週3回ペースで出題率大のトピック課題を
           制限時間内(25.5分)で、解き、プロによる添削(文章添削+
           スカイプ15分個人指導口頭添削)を受けながら
           カイゼンのバカズをマックス化により、本番で自動的に
           書けるレベル達成。【僅か1カ月で7割得点体得ノウハウ達成!】

●4.リスニング:  

技術訓練:  出題率大のトピック課題(社会問題、科学、歴史)の音声(トランスクリプト付)を
       1回目は、原稿を読みながらシャドーイング。2回目~4回目はシャドーイングのみで
       4回目のシャドーイング終了後、結論を口頭で言えるか実践訓練。
       
       ●シャドーイング効果(プロ通訳スクールで導入されている実証済み技術訓練)
       1.聞く能力向上
       2.話す能力向上
       3.集中力向上

模擬問題のバカズと解き方体得:
       「傾向と対策」を知り尽くしたプロから、直接「最短最速でどう解くか、
       解き方を学び、出題率大のリスニング模擬問題の
       バカズを最大限こなしながら、週1回成果確認と、カイゼンアドバイスを
       受ける。」

●5.2014年5月8日(木)の本番一次試験1カ月前から、最新過去問3種類を
   1週間ずつ間をあけて、各1過去問×3回ずつ、総計9回までこなす!

実践目的1.「栗坂式時間戦略方程式」通り、「時間管理を体にしみこませる」。

●「栗坂式時間戦略方程式」
問題1.(単熟語)1問につき25秒で解く。計10分30秒
問題2.(読解穴埋め)1大問題につき7分 計14分
問題3.(読解内容一致)1大問題につき12分と最後の1大問題16分 計40分
問題4.(英作) 計25分30秒
*一次筆記試験持ち時間100分の残り10分は、「リスニング問題先読み!」
1つの設問につき22秒で、選択肢や設問の名詞(句)に印をつけながら
登場人物と何について?を「推測」する。

実践目的2.合格率38%実証済み「全科目を栗坂方程式で解く『解き方』を確認しながら解く」。

●英検協会の英検1級過去問→ http://bit.ly/1hWTSC4

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

本日のメルマガを読んでいただいて、ありがとうございました。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
【本メルマガでは、全くお伝えしない合格必須情報・割引セミナー等満載!】
       38%合格実績を生み出した合格請負人のノウハウ
  『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
   ¥30,000円分の価値を5日間連続無料自動配信の他
      ●【英検1級合格を最短最速で合格実現のノウハウ等や
        超お得な無料レッスン等案内】を配信いたします。
 無料登録はこちら→ https://www.mshonin.com/form/?id=18919963
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

ひとりの人間のできることは、限られています。
『実績済み ⇒ 小学5年以上誰でも理解できる ⇒ 即刻結果を伴う』をモットーに

・【累計11,752人英検1級受験生への合格実践法アドバイスコーチング実績】 
・英検1級問題作成パターンに習熟【国内最多13,547英検1級模擬問題作成実績】
・国内初【合格率38%実証済『【新】英検1級合格栗坂式方程式』で解く順番まで提示した解き方】
・英検1級メルマガダントツ日本一3,633人登録者数【英検1級受験者8,600人中なんと42%が登録!】
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■おかげさまで、CAN-DO SPIRIT COACHは2013年度第3回(2014年1月実施) ■
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■英検1級一次合格点78点を対策スクールで国内唯一予想的中いたしました ■
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

★ブログでご確認ください。(過去10年合格点予想的中率23%実績)
 「2014年1月一次試験合格点予想+分析+合格実践法」→ http://amba.to/1dTFOmH 

『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
シリーズ1/5 単語暗記     実践法
【●最新2014年1月傾向と6月合格実践法+栗坂式でる順パス単暗記実践法】
シリーズ2/5 リスニング     実践法
シリーズ3/5 まぐれが一切通用しない試験への備え実践法
【栗坂式時間配分攻略方程式+メンタル強化対策+集中力対策】      
シリーズ4/5 速読        実践法
シリーズ5/5 英作  実践法【速読+2次対策】
   
◆◆市販価格¥30,000円分の『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』を
  無料登録すればなんと5日間連続シリーズで無料配信だけではなく、
  【本メルマガで紹介しない、超お得な無料レッスン案内等、
   2013年6月新傾向対応の英検1級合格【新】栗坂方程式の
   解き方や、最短最速合格実践法を定期配信さしあげます。】

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

無料メルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』(365日年中無休配信)
 
  発行責任者:  栗坂幸四郎
  発行元:    CAN-DO SPIRIT COACH
                   (英検1級eラーニングコーチ)

  ●「世界基準TOEIC900+英検1級Wゲット実践道場」 http://on.fb.me/TKE1ev

★「2014年1月一次試験合格点予想+分析+合格実践法」
 【2014年1月一次合格点78点予想的中!過去10年的中率23%実績】→ http://amba.to/1dTFOmH
  ●CAN-DO SPIRIT COACHウェブサイト:http://www.eiken1kyucando.com
  お問い合わせ、ご意見大歓迎です⇒ eiken1kyu@s50.xrea.com
  登録・解除はこちらからです⇒  http://archive.mag2.com/0000132646/index.html

  『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』本文は著作権により
  保護されていますが、あなたの勉強のお役に立てるのであれば、
  商用の場合を除き、ご自由に転送、転載していただいて構いません。
  ただ、その際には、
  『【2013年6月新傾向対応】英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』と、
  出典を明らかにしてくださいね。

  Copyright(c) 2004-2014 CAN-DO SPIRIT COACH. All rights reserved. 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ページの先頭に戻る