英検1級合格栗坂方程式ブログ

■ 『読解穴埋め問題を「栗坂式速読方程式」で満点ゲット!』  

『読解穴埋め問題を「栗坂式速読方程式」で満点ゲット!』  

こんにちは、CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)の栗坂です。

11月1日(月)ワールドシリーズ第5戦でジャイアンツがレンジャーズを3―1で下し、
4勝1敗で56年ぶりの世界一に輝きましたね!

35歳のベテラン、レンテリア選手が7回2死二、三塁。カウント0―2から、
左腕リーの甘いカットボールをフルスイングすると、打球は左中間フェンスを越え
2号3ランで先制し、リンスカム―ウィルソンのリレーで見事にレンジャーズを
圧倒。

「何度もけがをしながら、辛抱してプレーする機会を与えてくれたチームに感謝したい」
涙で声を詰まらせながらレンテリア選手が語った言葉が、心に残る11月1日でした。

同時に、SFジャイアンツをワールドシリーズ優勝に誘ったのは"Don’t Stop Believing"

元JourneyのボーカリストSteve PerryがSFで生み出し、この曲にたくした
「自分のやりたい事を信じ決してあきらめない」希望に感極まって
言葉にならない、ふかい、ふかい感動に包まれました。

●ワールドシリーズ第5戦43,000人が駆けつけたサンフランシスコAT&Tパークで
 地元ジャイアンツファンと一緒に"Don’t Stop Believing"を歌うSteve Perry

                ↓

            http://bit.ly/dtI9mC

サンフランシスコ・ジャイアンツが3日、地元サンフランシスコで優勝パレードを
行った際、Steve Perryは、あたたかみあふれる澄んだ瞳でこう語ってくれます。

" This song is about hope. Keep believing what you wanna do."

10月17日一次試験で実力を出し切れなかったあなたにも、まだまだ
発揮していない素晴らしい才能と能力を秘めていらっしゃいます。

自分の経験だけから勝手に判断する秘められた才能や能力の限界から、自らを
解き放ちましょう!

なんのために受験するのか?合格後どう活かしたいのか?を明確にしながら
きっと大きな花を咲かせる、あなたの秘められたダイヤモンドの原石のように
ひかりを放つ才能や能力を信じてください。

努力に真正面から立ち向かう、真摯なあなたに送ります。

●努力は決して裏切らない。

それでは何度も繰り返しすぎても決して、繰り返し過ぎない、本日のトピック
『読解穴埋め問題を「栗坂式速読方程式」で満点ゲット!』にまいりましょう。

●あなたは、読解穴埋め問題も読解内容一致問題において1月の本番で100%遭遇する難易度大や苦手な
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ジャンルに出会った際『何を頼りに問題を解きますか?』
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●スピーディーに選択肢の精度をアップさせるには、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『正解を導く解き方解説付の模擬問題のバカズをマックス化』を通して
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 難易度大や苦手なジャンルに一切ふりまわされない一貫して7割ゲットできる
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『正解を導く解き方(栗坂速読方程式)』体得なしに、正解の精度アップは
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ありえないと認識が必要です。
 ~~~~~~~~~~~~~

累計6,532件の弱点カイゼン実践法アドバイスコーチングを通して
合格者とは、誰よりも速く、確実に偶然ではなく、正解を導く解き方「栗坂式速読方程式」
をフル活用するからこそ『必然の合格』を引き寄せています。

誰よりも勉強熱心で、向上心旺盛でかつ上昇志向の高いあなたからこそ
栗坂が、渾身の魂をこめて御提案さしあげる、難易度大や苦手なジャンルにいっさい
ふりまわされることなく7割以上ゲットできる
『国内初!実証済合格率38%栗坂速読方程式』の「知識」だけ理解されても
本番では一切使い物にならない注意が必要です。

●「知識」を体得したら、「分かったつもりであいまいにするのではなく
本当に理解できる実践を通して、本番で自動的に使えるレベルに引き上げる。」

誰よりも、早く、確実に合格実現を「【本気】で【覚悟】をすえてかなえたい」なら、
合格率38%実証済万能の解き方「栗坂方程式」を国内で唯一生み出した
わたくし英検1級eラーニングコーチ栗坂幸四郎に、すべておまかせください。

実証済合格率38%のCAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース1週間無料トライアルで
お会いいたしましょう。

                   ↓

          http://www.eiken1kyucando.com/trial.html

それではさっそくですが、制限時間7分で、あなたは読解穴埋め問題を
どう解くのか確認しながら、解説で合格率38%実証済の正解を導く解き方
【栗坂速読方程式】を堪能してください。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 Understanding the Brain【2008年1月読解穴埋め問題制限時間7分厳守】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

           Understanding the Brain

For many years, scientists believed that the role of each part
of the human brain ( 29 ). Clusters of neurons, they argued,
were assigned certain tasks by our genes, tasks that they performed
throughout our lives. These assumptions about the brain were not just
a matter of academic discussion, they had real consequences. They meant,
for example, that care workers were trained to have low expectations
concerning the rehabilitation of stroke victims.

Studies by neuroscientists such as Alvaro Pascual-Leone of Harvard
Medical School seem to indicate that ( 30 ). Pascual-Leone
observed what happened when certain sensory areas of the cortex were
left unused for long periods. In one case, he discovered that the visual
cortex of people who had been blind from a young age eventually began
to process information obtained from other senses, such as hearing
and touch. Later studies showed that even after severe trauma
in adulthood, the brain can remap itself. If a stroke, for example,
incapacitates the motor cortex controlling movement of the left leg,
therapy can induce nearby neural groups to take over the damaged
region’s functions.

In the field of psychological therapy, our developing understanding
of the nature of the brain ( 31 ). Take certain forms of mental
illness, such as obsessive-compulsive disorder(OCD), in which people
are plagued by persistent and distressing thoughts or images. Jeffrey
Schwartz of the University of California, Los Angeles decided to use
“mindful meditation,” the practice of observing one’s inner thoughts
as if they belonged to another person, as a therapy for OCD. He taught
his patients to think, “My brain is generating another obsessive thought.
Don’t I know it’s just some garbage thrown up by a faulty circuit?”
A mere 10 weeks of this therapy helped 12 out of 18 patients, and brain
scans indicated that activity in the parts of the brain producing the
unwelcome thoughts had dropped significantly. This is yet more evidence
that the structure and the functions of the brain are not only not set
in stone, but that we can alter them by our own thoughts.
In the words of Schwartz, “the mind can change the brain.”

(29) 1 evolved at different times 2 was predetermined
3 needed clarification 4 could not be easily explained

(30) 1 such ideas are misconceived 2 the brain lacks flexibility
3 brains cannot recover from injury 4 early research was accurate

(31) 1 can still seem faulty 2 faces opposition from some doctors
2 must not be misapplied 4 has practical applications

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  Understanding the Brain を『栗坂速読方程式』で解説
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

───────────────────────────────────
(29) 解答 2.
───────────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------
■ステップ1.
----------------------------------------------------------------------
段落のメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)
発見により、同段落普通センテンスがサポート(事例や理由等)する『文展開』が
正解の精度を高める。(例:メインセンテンスが『ポジティブ』なら同段落普通
センテンスも『ポジティブ』でサポート)

メインセンテンス発見作業。タイトルUnderstanding the Brainに関連して
『誰が?』scientists、『何を言おうとしている?』believed that the role
of each part of the humans brain( 29 ).第1センテンス(『従来説』を
述べるパターンセンテンスFor many years, scientists believed that~を第2~第4
センテンスがサポート(言い換えや事例)しているので、第1センテンスが
メインセンテンスと実証。

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)の位置は段落で
第1センテンスが80%以上。

●問題作成バターン
段落のメインセンテンスがポジティブなら、同段落の普通センテンス
(メインセンテンスのサポート役)もポジティブ。その逆の
段落のメインセンテンスがネガティブなら、同段落の普通センテンス
(メインセンテンスのサポート役)もネガティブ。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
( 29 )の前後センテンスから正解ヒントを導く。
段落の普通センテンスはメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)を
『サポート(事例や理由等)』が原則。

第1センテンスscientists believed that~の『言い換え』が第2センテンスthey argued~。

argueはinsistの『言い換え』で何度も過去問題で頻出しているので要注意!

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)がある同段落の
普通センテンスは、メインセンテンスを事例等でサポートする役割。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ3.
----------------------------------------------------------------------
正解ヒントは第1センテンス(メインセンテンス)をサポートする第2センテンス
were assigned、第3センテンスthese assumptions、第4センテンスmeantとwere
trained to から選択肢2.was predeterminedを絞り込める。

選択肢2.と選択肢4.は『科学ジャンル』において登場人物scientistは
『発見する』が基本で、第1センテンスに不自然であてはまらない。
選択肢1.は第2~第4センテンスがサポートしていないため不正解。

選択肢1.か選択肢2.がまぎらわしい設問で、他選択肢は明らかに間違いの
選択肢を入れるが英検1級読解選択肢問題の『問題作成プロセス』パターン。

●問題作成バターン
4つの選択肢のうち、2つは明らかに間違いの選択肢を入れて、残り2つは
まぎらわしい選択肢作成プロセスが原則。つまり正答率は25%ではなく
50%。
----------------------------------------------------------------------

───────────────────────────────────
(30) 解答 1.
───────────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------
■ステップ1.
----------------------------------------------------------------------
正解ヒントその1は( 30 )は前センテンスに対して『順接』か『逆接』
あるいは、( 30 )は後ろセンテンスに対して『順接』か『逆接』の展開を
読み取りながら正解ヒントを導く。

( 30 )の前文第1センテンス最後センテンスは、第1センテンスメイン
センテンス『従来論』を『事例』で『言い換え』。

正解ヒントその2は( 30 )センテンスの主語がStudiesの『事例』で
始まっているので、第1段落のメインセンテンス(従来論)に対して『順接』か
『逆接』か、第2段落のメインセンテンス発見によって正解精度をアップできる。

●問題作成バターン
(   )は前センテンスに対して『順接』か『逆接』
あるいは、( )は後ろセンテンスに対して『順接』か『逆接』の展開を
読み取りながら選択肢の正解精度アップ。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
段落のメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)発見により、
同段落普通センテンスがサポート(事例や理由等)する『文展開』が正解の精度を
高めるために、段落のメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)
発見作業。

タイトルUnderstanding the Brainに関連して『誰が?』studies by neuroscientists
such as Alvaro Pascual-Leone of Harvard Medical School、『何を言おうと
している?』seem to indicate that ( 30 )がメインセンテンス
(段落で最も一番伝えたいセンテンス)。

第1段落第1センテンス(メインセンテンス『従来論』)に対して、第2段落第1
センテンス(メインセンテンス)をサポートするべき、第2段第3センテンス
discoveredとthe brain can remap itself.、そして最後センテンスtherapy can
induce nearby neural groups to take over the damaged region’s functionから
『逆接』なので第2段落第1センテンス(メインセンテンス)は『異論』が大意。

第1段落(メインセンテンス『従来論』)に対して『逆接』の節は選択肢1.のみ
あてはまる。選択肢2.~3.は第2段落メインセンテンスとそれをサポートする
同段落普通センテンスから不自然であてはまらない。選択肢4.のearly researchは
第1センテンス最後センテンスに対して『順接』の節で不正解。

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)の位置は段落で
第1センテンスが80%以上。

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)がある同段落の
普通センテンスは、メインセンテンスを事例等でサポートする役割。

●問題作成バターン
(   )は前センテンスに対して『順接』か『逆接』
あるいは、( )は後ろセンテンスに対して『順接』か『逆接』の展開を
読み取りながら選択肢の正解精度アップ。
----------------------------------------------------------------------

───────────────────────────────────
(31) 解答 4.
───────────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------
■ステップ1.
----------------------------------------------------------------------
段落のメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)発見作業。
タイトルUnderstanding the Brainに関連して『誰が?』the mind、『何を言おうと
している?』can change the brain.がメインセンテンスと絞り込める。
正解ヒントは最後段落の最も一番伝えたいセンテンスの位置は最後センテンスの
確率80% が原則。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
タイトルUnderstanding the Brainは『エッセイで最も一番伝えたいセンテンス』
である『トピックセンテンス』の縮小版でthe Brain is understoodと
『言い換え』られる。その『言い換え』が最後センテンスで
あり、トピックセンテンス(『結論』)。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
第4段落最後センテンス(トピックセンテンス『結論』)をサポート(事例)
するのが普通センテンス第1~第7センテンスの役割が原則。

トピックセンテンスthe mind can change the brainはポジティブなので、
サポートする同段落センテンスもポジティブ。この時点でネガティブな
選択肢1.~3.は除外。よって選択肢4.が正解であり、第4段落
第1センテンスをサポートする第2センテンス(事例詳細)decided to use
“mindful meditation,” the practice of observing one’s inner
thoughts as if they belonged to another person, as a therapy for OCDと
第7~第8センテンス(実験結果と結論言い換え)で、第1センテンスを
サポートしているので正解と実証。

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)がある同段落の
普通センテンスは、メインセンテンスを事例等でサポートする役割。

●問題作成バターン
段落のメインセンテンスがポジティブなら、同段落の普通センテンス
(メインセンテンスのサポート役)もポジティブ。その逆の
段落のメインセンテンスがネガティブなら、同段落の普通センテンス
(メインセンテンスのサポート役)もネガティブ。
----------------------------------------------------------------------

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
合格率38%実証済、英検1級読解穴埋模擬問題7分解き方『栗坂速読方程式』ステップ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

----------------------------------------------------------------------
●ステップ1.
----------------------------------------------------------------------
タイトルUnderstanding the Brain『脳の理解』を読む。

----------------------------------------------------------------------
●ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
各段落の頭に番号をつける。

----------------------------------------------------------------------
●ステップ3.
----------------------------------------------------------------------
各段落のメインセンテンスを発見。

1.メインセンテンスとは 各段落で、最も一番伝えたいセンテンス。

2.見つけ方 『何について?(タイトル)』に関連して、『誰が?』、
  『何を言おうとしている?』のセンテンスを探す。

3.メインセンテンスの基本位置 各段落の第1センテンス。(80% の確率)
  あるいは、段落においてbut, however等メインセンテンスを示すサインあり。

----------------------------------------------------------------------
●ステップ4.
----------------------------------------------------------------------
(1)(     )の前後1センテンスが、( )に対して『順接』か、
   『逆接』を見極めながら、選択肢をあてはめながら、2つまで絞り込みながら正解を導く。

(2)同時に(     )とその前後センテンスに含まれている『代名詞(itやthose等)』が
   何を指しているのか明確化

(3)同時に(     )を含める段落はポジティブかネガティブかの判断だけで
   正解の精度アップできる

●トピックセンテンス(「結論」)確認方法

トピックセンテンス方程式=『何について?(=タイトル)』 +『is (should, must)+筆者の主張』で確認。

*タイトルUnderstanding the Brain『脳の理解』はトピックセンテンスの縮小版で
The brain is understoodの『言い換え』。つまり以下の第3パラグラフ
 最後センテンスthe brain can be changed by the mindの『言い換え』。

1.『何について?』the brain.

2.『is(must, should) + 筆者の主張』can be changed by the mind

3.『主人公(人・物)』 the brain.

●各段落メインセンテンスの位置と要約(メイセン基本位置は各段落第1センテンス)

第1パラグラフ第1センテンス『従来論』メインセンテンス

第2 パラグラフ第2センテンス『異論』メインセンテンス

第3パラグラフ最後センテンス『結論』トピックセンテンス

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

何度もお伝えしてもしすぎないくらい重要なことですので、
本気であなたに再度お伝えいたします。

●どんなに実証済の素晴らしい『技術ノウハウ』を本メルマガでお伝えしても
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 『正解を導く解き方解説付の模擬問題のバカズでマックス化による実践』なしには、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 残念ながら2011年1月23日の1次筆記試験では一切使い物になりません。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●ただ知っているつもり(技術ノウハウを理解しているつもり)と、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 本番でオートマチックに使いこなせるとは結果に雲泥の差を生じます。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英検1級受験生はわずか9,000名足らずのため、出版社の大半は
対策教材出版をしても採算が取れないため、本屋さんで
ほとんど実用的な対策教材が存在しないのはまぎれもない事実。

 
●旺文社過去問題集にしても、解説で「正解を導く解き方(方程式)」すら
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 全く存在しません。本番で100%遭遇する苦手なジャンルや難易度の高い問題に直面した際
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「何を頼りにして解くのか?」がつまり難易度大や苦手なジャンルが出題された時に
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いっさいふりまわされない7割以上コンスタントに解けるすべ「正解を導く解き方(方程式)」を
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 体得しないかぎりは、本番で一切通用しない、使い物にならないと理解していただけましたでしょうか。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●少しきつい言い方になりますが、英検1級とは『大学受験』と全く同様に『傾向と対策をふまえた
 徹底した準備』なしに合格には到底おぼつかない厳しい現実をあなたは受け入れる覚悟をお持ちでしょうか。

●8.5%の合格率に属す合格者は、決して頭の良し悪しの問題ではなく
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 誰よりも、早く確実に合格を実現させたのは、『解くスベ(難易度大や苦手なジャンル出題問題に
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いっさいふりまわされない7割正解を導く解き方=栗坂方程式)』を「高い基準の輪の中で、解き方解説付の
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 模擬問題のバカズをマックス化」して初めて
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 本番でスピーディーに、精度を伴い、自動的に解けるレベルまで切磋琢磨した以外の
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 何者でもありません。
 ~~~~~~~~~

●2011年1月23日の筆記一次試験は過去問の難易度パターンから、
 100%間違いなく読解問題全般が【難易度大】で出題されます。

つまり、10月17日の一次試験で満点ゲットされた読解内容一致問題
ならびに、読解穴埋問題はいっさいあてになりません。

同じ問題が出題されるわけないのですから、難易度大や苦手な
ジャンルに一切ふりまわされない7割ゲットできる解き方を
体得するのはいうまでもありません。

誰よりも、早く、確実に合格実現を「【本気】で【覚悟】をすえてかなえたい」なら、
合格率38%実証済万能の解き方「栗坂方程式」を国内で唯一生み出した
わたくし英検1級eラーニングコーチ栗坂幸四郎に、すべておまかせください。

実証済合格率38%のCAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース1週間無料トライアルで
お会いいたしましょう。

                   ↓

          http://www.eiken1kyucando.com/trial.html

ありがとうございます。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  38%合格実績を生み出した合格請負人のノウハウ
  『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
   ¥30,000円分の価値を5日間連続無料自動配信中!
 無料登録はこちら→ https://www.mshonin.com/form/?id=18919963
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

ひとりの人間のできることは、限られています。
『実績済み ⇒ 中学生でも理解 ⇒ 即効で結果を伴う』をモットーに
■英検1級メルマガダントツ日本一4,208人登録者数【英検1級受験者9,000人中なんと47%が登録!】、
6年に及ぶダントツ日本一7,312種類の英検1級模擬問題作成実績、受験生累計6,532人アドバイス
コーチング実績の結晶、誰でも早く確実に合格できる合格率38%史上最強最短最速合格の仕組み
『栗坂合格方程式』を駆使した合格請負人英検1級eラーニングコーチ栗坂が
意識の高いあなたと知恵の結集をご一緒に共有したいと思います!

『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
シリーズ1/5 単語暗記     実践法【●最新2010年10月傾向と2011年1月受検対策実践法+栗坂式パス単CD単語暗記実践法】
シリーズ2/5 リスニング     実践法
シリーズ3/5 まぐれが一切通用しない試験への備え実践法【栗坂式時間配分攻略方程式+メンタル強化対策+集中力対策】      
シリーズ4/5 速読        実践法
シリーズ5/5 英作  実践法【速読+2次対策+ビジネス英語連動学習】
   
◆◆市販価格¥30,000円分の『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』を
  無料登録すればなんと5日間連続シリーズで無料配信いたします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

無料メルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』(365日年中無休配信)
 
  発行責任者:  栗坂幸四郎
  発行元:    CAN-DO SPIRIT COACH
                   (英検1級eラーニングコーチ)
  ●栗坂のツイッターのマイページ: http://twitter.com/#!/KoshiroKurisaka
  ●英検1級合格栗坂方程式ブログ:  http://ameblo.jp/koshirokurisaka
  ●CAN-DO SPIRIT COACHウェブサイト:http://www.eiken1kyucando.com
  お問い合わせ、ご意見大歓迎です⇒ eiken1kyu@s50.xrea.com
  登録・解除はこちらからです⇒ http://archive.mag2.com/0000132646/index.html

  『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』本文は著作権により
  保護されていますが、あなたの勉強のお役に立てるのであれば、
  商用の場合を除き、ご自由に転送、転載していただいて構いません。
  ただ、その際には、
  『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』と、出典を明らかにしてくださいね。

  Copyright(c) 2004-2010 CAN-DO SPIRIT COACH. All rights reserved. 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ページの先頭に戻る