英検1級合格栗坂方程式ブログ

■『あなたは、合格者にはなれない。』 

        

       
          『あなたは、合格者にはなれない。』 

こんにちは、CAN-DO SPIRIT COACH(英検1級eラーニングコーチ)の栗坂です。

---------------------------------------------------------------------------—-
         11月21日(月)付、本日分ツイッターのつぶやき
      【英検1級合格実践法コーチング累計8,365人目の気づき】
---------------------------------------------------------------------------—-

(1)「インターネットをどう使いこなすかはビジネスマン にとって死活的な意味を
    持つようになった今、「英語は 苦手」と敬遠するのはほとんど自殺行為である」 
    大前研一

(2)「これからの復興のためにも、政府には改めて国内外から誤解を 招かないような
    正しい情報開示と英語情報提供の徹底を図って もらいたいと強く願っています。」
    大前研一

(3)自分を俯瞰(ふかん)できる受験生は、仕事でもスポーツでもそして英検1級でも
   望む結果を導ける。なぜならば素直だから。

(4)国内最難関の、英語基礎総合力をためす英検1級の合格率は僅か8.4%。だからこそ、
   そこに価値がある。選ばれたものだけが、【世界基準の主張を述べる能力を
   駆使しながら稼ぐ力】を実感できる。

(5)合格に必要な要素1.知識ノウハウ2.メンタルタフネス(あらゆる試練に打ち勝つ
   強さ)3.130分本番で集中力を維持できる体力 

---------------------------------------------------------------------------—-
●栗坂のツイッターのマイページのフォロー(無料登録)はこちら
---------------------------------------------------------------------------—-
          https://twitter.com/#!/KoshiroKurisaka
---------------------------------------------------------------------------—-

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
     『2011年10月16日英検1級合格発表迄の、全スケジュール』 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【終了】(1)2011年10月16日(日)英検1級1次筆記試験日

              ↓

【終了】(2)10月17日(月)英検1級1次筆記試験解答速報【13時頃 英検協会ウェブサイト上】

              ↓

【終了】(3)10月25日(火)合格点発表【15時頃、英検協会ウェブサイト上】
       【1次試験日翌日から9日後】

              ↓

【終了】(4)10月28日(金)英検1級1次試験合否速報【15時頃 英検協会ウェブサイト上】
       【1次試験日翌日から12日後】

  ↓

【終了】(5)2011年11月13日(日)英検1級2次試験日
       【1次試験日翌日から27日後】

  ↓

    (6)11月22日(火)英検1級2次試験合否速報【15時頃 英検協会ウェブサイト上】
       【2次試験翌日から9日後】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

それでは、本日のトピック『あなたは、合格者にはなれない。』に
まいりましょう。

さすがに国内でも有数の英語基礎総合力を要求する、英検1級だけあって
合格率は8.4%です。

難易度は2009年度第2回(10月実施)を境にして、着実に難易度アップしています。

特に読解穴埋めと、読解内容一致が顕著。

今朝、累計8,365人目の受験生への合格実践法コーチングを差し上げた際、
その受験生はぼやいていました。

「私の職場の周りには英検1級合格者はうようよいるのに、何で私だけ
 合格できないのでしょうか?」

その回答はいたったシンプル。

「あなたは、合格者になれない。」からです。

合格者になるというのは、合格者が合格した「環境」を100%コピーできないから。

しかも育った環境、ものの考え方、大学受験で猛烈な特訓と積み上げたあげく
国内有数の大学合格の経験はあるのか、そして家庭環境すら異なるわけですから
そもそも、「小手先のテクニック」だけでは到底英検1級合格は通用しません。

●合格に必要な要素とは、

(1)知識ノウハウ

(2)あらゆる試練に打ち勝つ強さ(メンタルタフネス)

(3)130分本番で集中力を維持できる体力

●先週の金曜日の読解内容一致の解き方に続いて、本日は
 読解穴埋めの解き方「栗坂速読方程式」を
 ご紹介さしあげます。

 合格率38%実証済「栗坂速読方程式」という「知識ノウハウ」を
 全面公開しようが、【受験生の大半は本番では一切使いこなせないが、現実の
 厳しさ】とご認識いただいた上で下記の過去問題、読解穴埋め問題に
 チャレンジしてみてくださいね。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 Understanding the Brain【2008年1月読解穴埋め問題制限時間7分厳守】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

           Understanding the Brain

For many years, scientists believed that the role of each part
of the human brain ( 29 ). Clusters of neurons, they argued,
were assigned certain tasks by our genes, tasks that they performed
throughout our lives. These assumptions about the brain were not just
a matter of academic discussion, they had real consequences. They meant,
for example, that care workers were trained to have low expectations
concerning the rehabilitation of stroke victims.

Studies by neuroscientists such as Alvaro Pascual-Leone of Harvard
Medical School seem to indicate that ( 30 ). Pascual-Leone
observed what happened when certain sensory areas of the cortex were
left unused for long periods. In one case, he discovered that the visual
cortex of people who had been blind from a young age eventually began
to process information obtained from other senses, such as hearing
and touch. Later studies showed that even after severe trauma
in adulthood, the brain can remap itself. If a stroke, for example,
incapacitates the motor cortex controlling movement of the left leg,
therapy can induce nearby neural groups to take over the damaged
region’s functions.

In the field of psychological therapy, our developing understanding
of the nature of the brain ( 31 ). Take certain forms of mental
illness, such as obsessive-compulsive disorder(OCD), in which people
are plagued by persistent and distressing thoughts or images. Jeffrey
Schwartz of the University of California, Los Angeles decided to use
“mindful meditation,” the practice of observing one’s inner thoughts
as if they belonged to another person, as a therapy for OCD. He taught
his patients to think, “My brain is generating another obsessive thought.
Don’t I know it’s just some garbage thrown up by a faulty circuit?”
A mere 10 weeks of this therapy helped 12 out of 18 patients, and brain
scans indicated that activity in the parts of the brain producing the
unwelcome thoughts had dropped significantly. This is yet more evidence
that the structure and the functions of the brain are not only not set
in stone, but that we can alter them by our own thoughts.
In the words of Schwartz, “the mind can change the brain.”

(29) 1 evolved at different times 2 was predetermined
3 needed clarification 4 could not be easily explained

(30) 1 such ideas are misconceived 2 the brain lacks flexibility
3 brains cannot recover from injury 4 early research was accurate

(31) 1 can still seem faulty 2 faces opposition from some doctors
2 must not be misapplied 4 has practical applications

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  Understanding the Brain を『栗坂速読方程式』で解説
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

───────────────────────────────────
(29) 解答 2.
───────────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------
■ステップ1.
----------------------------------------------------------------------
段落のメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)
発見により、同段落普通センテンスがサポート(事例や理由等)する『文展開』が
正解の精度を高める。(例:メインセンテンスが『ポジティブ』なら同段落普通
センテンスも『ポジティブ』でサポート)

メインセンテンス発見作業。タイトルUnderstanding the Brainに関連して
『誰が?』scientists、『何を言おうとしている?』believed that the role
of each part of the humans brain( 29 ).第1センテンス(『従来説』を
述べるパターンセンテンスFor many years, scientists believed that~を第2~第4
センテンスがサポート(言い換えや事例)しているので、第1センテンスが
メインセンテンスと実証。

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)の位置は段落で
第1センテンスが80%以上。

●問題作成バターン
段落のメインセンテンスがポジティブなら、同段落の普通センテンス
(メインセンテンスのサポート役)もポジティブ。その逆の
段落のメインセンテンスがネガティブなら、同段落の普通センテンス
(メインセンテンスのサポート役)もネガティブ。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
( 29 )の前後センテンスから正解ヒントを導く。
段落の普通センテンスはメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)を
『サポート(事例や理由等)』が原則。

第1センテンスscientists believed that~の『言い換え』が第2センテンスthey argued~。

argueはinsistの『言い換え』で何度も過去問題で頻出しているので要注意!

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)がある同段落の
普通センテンスは、メインセンテンスを事例等でサポートする役割。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ3.
----------------------------------------------------------------------
正解ヒントは第1センテンス(メインセンテンス)をサポートする第2センテンス
were assigned、第3センテンスthese assumptions、第4センテンスmeantとwere
trained to から選択肢2.was predeterminedを絞り込める。

選択肢2.と選択肢4.は『科学ジャンル』において登場人物scientistは
『発見する』が基本で、第1センテンスに不自然であてはまらない。
選択肢1.は第2~第4センテンスがサポートしていないため不正解。

選択肢1.か選択肢2.がまぎらわしい設問で、他選択肢は明らかに間違いの
選択肢を入れるが英検1級読解選択肢問題の『問題作成プロセス』パターン。

●問題作成バターン
4つの選択肢のうち、2つは明らかに間違いの選択肢を入れて、残り2つは
まぎらわしい選択肢作成プロセスが原則。つまり正答率は25%ではなく
50%。
----------------------------------------------------------------------

───────────────────────────────────
(30) 解答 1.
───────────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------
■ステップ1.
----------------------------------------------------------------------
正解ヒントその1は( 30 )は前センテンスに対して『順接』か『逆接』
あるいは、( 30 )は後ろセンテンスに対して『順接』か『逆接』の展開を
読み取りながら正解ヒントを導く。

( 30 )の前文第1センテンス最後センテンスは、第1センテンスメイン
センテンス『従来論』を『事例』で『言い換え』。

正解ヒントその2は( 30 )センテンスの主語がStudiesの『事例』で
始まっているので、第1段落のメインセンテンス(従来論)に対して『順接』か
『逆接』か、第2段落のメインセンテンス発見によって正解精度をアップできる。

●問題作成バターン
(   )は前センテンスに対して『順接』か『逆接』
あるいは、( )は後ろセンテンスに対して『順接』か『逆接』の展開を
読み取りながら選択肢の正解精度アップ。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
段落のメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)発見により、
同段落普通センテンスがサポート(事例や理由等)する『文展開』が正解の精度を
高めるために、段落のメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)
発見作業。

タイトルUnderstanding the Brainに関連して『誰が?』studies by neuroscientists
such as Alvaro Pascual-Leone of Harvard Medical School、『何を言おうと
している?』seem to indicate that ( 30 )がメインセンテンス
(段落で最も一番伝えたいセンテンス)。

第1段落第1センテンス(メインセンテンス『従来論』)に対して、第2段落第1
センテンス(メインセンテンス)をサポートするべき、第2段第3センテンス
discoveredとthe brain can remap itself.、そして最後センテンスtherapy can
induce nearby neural groups to take over the damaged region’s functionから
『逆接』なので第2段落第1センテンス(メインセンテンス)は『異論』が大意。

第1段落(メインセンテンス『従来論』)に対して『逆接』の節は選択肢1.のみ
あてはまる。選択肢2.~3.は第2段落メインセンテンスとそれをサポートする
同段落普通センテンスから不自然であてはまらない。選択肢4.のearly researchは
第1センテンス最後センテンスに対して『順接』の節で不正解。

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)の位置は段落で
第1センテンスが80%以上。

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)がある同段落の
普通センテンスは、メインセンテンスを事例等でサポートする役割。

●問題作成バターン
(   )は前センテンスに対して『順接』か『逆接』
あるいは、( )は後ろセンテンスに対して『順接』か『逆接』の展開を
読み取りながら選択肢の正解精度アップ。
----------------------------------------------------------------------

───────────────────────────────────
(31) 解答 4.
───────────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------
■ステップ1.
----------------------------------------------------------------------
段落のメインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)発見作業。
タイトルUnderstanding the Brainに関連して『誰が?』the mind、『何を言おうと
している?』can change the brain.がメインセンテンスと絞り込める。
正解ヒントは最後段落の最も一番伝えたいセンテンスの位置は最後センテンスの
確率80% が原則。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
タイトルUnderstanding the Brainは『エッセイで最も一番伝えたいセンテンス』
である『トピックセンテンス』の縮小版でthe Brain is understoodと
『言い換え』られる。その『言い換え』が最後センテンスで
あり、トピックセンテンス(『結論』)。

----------------------------------------------------------------------
■ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
第4段落最後センテンス(トピックセンテンス『結論』)をサポート(事例)
するのが普通センテンス第1~第7センテンスの役割が原則。

トピックセンテンスthe mind can change the brainはポジティブなので、
サポートする同段落センテンスもポジティブ。この時点でネガティブな
選択肢1.~3.は除外。よって選択肢4.が正解であり、第4段落
第1センテンスをサポートする第2センテンス(事例詳細)decided to use
“mindful meditation,” the practice of observing one’s inner
thoughts as if they belonged to another person, as a therapy for OCDと
第7~第8センテンス(実験結果と結論言い換え)で、第1センテンスを
サポートしているので正解と実証。

●問題作成バターン
メインセンテンス(段落で最も一番伝えたいセンテンス)がある同段落の
普通センテンスは、メインセンテンスを事例等でサポートする役割。

●問題作成バターン
段落のメインセンテンスがポジティブなら、同段落の普通センテンス
(メインセンテンスのサポート役)もポジティブ。その逆の
段落のメインセンテンスがネガティブなら、同段落の普通センテンス
(メインセンテンスのサポート役)もネガティブ。
----------------------------------------------------------------------

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
合格率38%実証済、英検1級読解穴埋模擬問題7分解き方『栗坂速読方程式』ステップ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

----------------------------------------------------------------------
●ステップ1.
----------------------------------------------------------------------
タイトルUnderstanding the Brain『脳の理解』を読む。

----------------------------------------------------------------------
●ステップ2.
----------------------------------------------------------------------
各段落の頭に番号をつける。

----------------------------------------------------------------------
●ステップ3.
----------------------------------------------------------------------
各段落のメインセンテンスを発見。

1.メインセンテンスとは 各段落で、最も一番伝えたいセンテンス。

2.見つけ方 『何について?(タイトル)』に関連して、『誰が?』、
  『何を言おうとしている?』のセンテンスを探す。

3.メインセンテンスの基本位置 各段落の第1センテンス。(80% の確率)
  あるいは、段落においてbut, however等メインセンテンスを示すサインあり。

----------------------------------------------------------------------
●ステップ4.
----------------------------------------------------------------------
(1)(     )の前後1センテンスが、( )に対して『順接』か、
   『逆接』を見極めながら、選択肢をあてはめながら、2つまで絞り込みながら正解を導く。

(2)同時に(     )とその前後センテンスに含まれている『代名詞(itやthose等)』が
   何を指しているのか明確化

(3)同時に(     )を含める段落はポジティブかネガティブかの判断だけで
   正解の精度アップできる

●トピックセンテンス(「結論」)確認方法

トピックセンテンス方程式=『何について?(=タイトル)』 +『is (should, must)+筆者の主張』で確認。

*タイトルUnderstanding the Brain『脳の理解』はトピックセンテンスの縮小版で
The brain is understoodの『言い換え』。つまり以下の第3パラグラフ
 最後センテンスthe brain can be changed by the mindの『言い換え』。

1.『何について?』the brain.

2.『is(must, should) + 筆者の主張』can be changed by the mind

3.『主人公(人・物)』 the brain.

●各段落メインセンテンスの位置と要約(メイセン基本位置は各段落第1センテンス)

第1パラグラフ第1センテンス『従来論』メインセンテンス

第2 パラグラフ第2センテンス『異論』メインセンテンス

第3パラグラフ最後センテンス『結論』トピックセンテンス

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

先週に引き続き、最後に一言だけ言いすぎても言い過ぎることはないので繰り返します。

●どんなにすばらしい合格率38%実証済の技術ノウハウ「栗坂速読方程式」で
 あろうが、栗坂から直接「解き方解説付きの模擬問題実践を通して
 直接本人から学ばない限りは、本番で一切使い物にはならない」。

あなたは、「栗坂速読方程式」を【本番で自動的に使いこなせるレベルで】
「高い基準の輪の中で解き方解説付きの模擬問題のバカズをマックス化」する
実践を連日連夜行っていますか?

●行っていないのであれば、「CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース1週間無料トライアル」では
「高い基準の輪の中で解き方解説付きの模擬問題のバカズをマックス化できる
環境」を100%ご用意いたしております。

●「CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース」の仕組みの中で、毎土日の
  「伝説ネット授業」(無料ソフトスカイプ音声使用)無料参加によって
  直接栗坂から、「栗坂式速読方程式」を自動的に使いこなせるレベルまで
  実践を通して直接学ぶ機会を得られます。

●「CAN-DO SPIRIT COACH1日40分コース1週間無料トライアル」お申し込みはこちら
                 
                 ↓

       http://www.eiken1kyucando.com/trial.html

ありがとうございます。

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●
  38%合格実績を生み出した合格請負人のノウハウ
  『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
   ¥30,000円分の価値を5日間連続無料自動配信中!
 無料登録はこちら→ https://www.mshonin.com/form/?id=18919963
●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

ひとりの人間のできることは、限られています。
『実績済み ⇒ 小学生以上誰でも理解できる ⇒ 即効で結果を伴う』をモットーに

・英検1級メルマガダントツ日本一3,933人登録者数【英検1級受験者8,800人中なんと45%が登録!】
・ダントツ日本一8,546種類の英検1級模擬問題作成実績
・累計8,365人の受験生への合格実践法コーチング実績
・国内初、合格率38%最短最速合格への解き方『栗坂方程式』を生み出した英検1級eラーニングコーチ

『栗坂合格方程式』を駆使した合格請負人英検1級eラーニングコーチ栗坂が
意識の高いあなたと知恵の結晶をご一緒に共有したいと思います!

『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』
シリーズ1/5 単語暗記     実践法【●最新2011年10月傾向と1月合格実践法+栗坂式パス単CD単語暗記実践法】
シリーズ2/5 リスニング     実践法
シリーズ3/5 まぐれが一切通用しない試験への備え実践法【栗坂式時間配分攻略方程式+メンタル強化対策+集中力対策】      
シリーズ4/5 速読        実践法
シリーズ5/5 英作  実践法【速読+2次対策+ビジネス英語連動学習】
   
◆◆市販価格¥30,000円分の『やるかやらないか英検1級満点対策5シリーズ』を
  無料登録すればなんと5日間連続シリーズで無料配信いたします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

無料メルマガ『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』(365日年中無休配信)
 
  発行責任者:  栗坂幸四郎
  発行元:    CAN-DO SPIRIT COACH
                   (英検1級eラーニングコーチ)
  ●栗坂のツイッターのマイページ: https://twitter.com/#!/KoshiroKurisaka
●栗坂のFacebook:         http://www.facebook.com/koshirokurisaka
---------------------------------------------------------------------------—-
●【無料】土日定期開催「英検1級合格実践道場」11月26日(土)、27日(日)
【自宅PC+無料ソフトスカイプで手軽に参加】申込はこちら!→ http://on.fb.me/hvocyG
---------------------------------------------------------------------------—-
  ●英検1級合格栗坂方程式ブログ:  http://ameblo.jp/koshirokurisaka
  ●CAN-DO SPIRIT COACHウェブサイト:http://www.eiken1kyucando.com
  お問い合わせ、ご意見大歓迎です⇒ eiken1kyu@s50.xrea.com
  登録・解除はこちらからです⇒  http://archive.mag2.com/0000132646/index.html

  『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』本文は著作権により
  保護されていますが、あなたの勉強のお役に立てるのであれば、
  商用の場合を除き、ご自由に転送、転載していただいて構いません。
  ただ、その際には、
  『英検1級合格栗坂方程式+1単語クイズ』と、出典を明らかにしてくださいね。

  Copyright(c) 2004-2011 CAN-DO SPIRIT COACH. All rights reserved. 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

ページの先頭に戻る